警察官の採用試験に学歴は必要なのか?

警察、学歴、大学、高卒、Fラン

管理人の元警察官・桜井陸です

受験者の方によく「警察官になるのに学歴は必要ですか」と聞かれます。

警察に学歴は関係ないとも言い切れないので説明していきます。

 

まず、警察官はキャリアとノンキャリアと別れています。

キャリアは警察庁などの官僚、ノンキャリアは警察署で働く制服を着た警察官や刑事です

ここではノンキャリアについてお話ししますね。

採用試験に学歴は関係ない

まず、警察官採用試験を受ける上で高学歴は全く必要ありません。

どんな学校でも受験要件をクリアしていれば合格できます。

「Fランの大学ですが試験に不利ですか?」と聞かれますが不利も有利もなくみんな平等というのが答えです。

 

文系や理系も関係ありません。

犯人を捕まえて正確な書類を書くのに適した出身はないのです。

 

国立大や有名私立大を出ている人の方が高卒の人よりも昇進が早いのかというとそれも関係ありません。

高卒の人でも30代で警部はゴロゴロいますし、国立大を出ていても40代、50代で巡査はいます。

警察組織は学歴よりも内部評価と試験の点数という平等な組織です。

 

最初に書いたように学歴は関係ないと言い切れないと書いた理由は、僕が見た中でも国立大出身の人でとんでもなく仕事ができる人を見たことがあるからです。

今までに京都大学、神戸大学卒業者の方と仕事をしたことがあるのですが、みんなとてつもなく仕事ができました。

記憶力がいいのは当たり前で把握力がとても良かったです。

「この仕事ならこれが余分でこれを重要視すれば課の実績は上がる」と判断する力が尋常ではなく、実際にその通りにすると警察に新しい風が吹くかのごとく仕事がはかどりました。

斬新な考え方ができるので旧体制の警察が変わる瞬間というのは見ていて気持ち良かったです。

有名国立大出身者はすごかった

そして京大や神大の人は見ていると誰よりも努力していました。

遅くまで職場に残って書類を見て覚えて、次には覚えたものを完璧にアウトプットします。

アピールするために残業したりするのではなく、あくまでも仕事を早く覚えるためと割り切っていました。

 

大量の書類が綴じられたファイルを何冊も読み、ロッカーに戻すとどの書類がどこにあったのかを全て記憶している人もいました。

どうやって記憶するのか聞くと「頭の中に引き出しがあって、その引き出しにしまえば必要な時に取り出せるんです」と答えていました。

僕からすると意味不明ですが、頭の良い人はそういうことが出来るんですね。

 

有名国立大に入る人は頭が良い(記憶力が良い、要領が良い)という部分だけでなくて常人より平気で何倍も努力できる能力があることも分かりました。

偏差値とは要領よく努力できる能力を数値化したものなんだなと彼らを見てつくづく思ったことがあります。

そしてそういう人はどんどん昇任します。

仕事ができるし努力もするから当たり前ですよね。

頭が良い人に昇任試験の勉強方法を聞いたらとても分かりやすい資料を自分で作っていてしかも全て記憶していたので、こういう人が警察を背負っていくんだろうなと思い知らされました。

東京大学は別次元だった

それと将来キャリアになる人で東大出身の人が研修で警察署に来るのですが、彼らはすごかったです。

別次元の頭脳を持っています。

僕は当直の暇な時間に「ゼノンのパラドックス」という哲学について聞いてみたことがあります。

これは当たらない弓矢という話で、僕が中学生の頃から疑問に思っていた話なのですがキャリアの人は掛け算の九九を解くように分かりやすく解説してくれました。

こういう人が日本の警察を動かすのかと深夜2時ころに深く納得したのは良い思い出です。

高卒でも昇任する人は早い

ただ、高卒の人でも昇任が早い人は試験も一発で受かるので実際の昇任スピードは大卒とそこまで差がありません。

大卒だからといってみんながすぐ試験に受かるわけではないんです。

高卒というのは大学の試験を受けなかったというだけですから大卒に較べて能力が劣るわけでは当然ありません。

 

国立大出身の人は何人もいましたが全員仕事ができるわけでなく、むしろ仕事を全く覚えることが出来ない人もいますし昇進試験を何年も合格できない人がいます。

良い大学を出れば警察に入ってもどんどん偉くなるというのは間違いです。

仕事ができる人は高卒でも大卒でも関係なくできます。

警察の仕事に学歴が関係する余地は全くないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。