警察で使い込んだ剣道の防具をヤフオクに出品しました

剣道、防具、警察、ヤフオク

ブログ管理人の元警察官・桜井陸です。

先日はヤフーオークションで剣道の防具を売りました。

こちらの記事に載せていたものです。

 

不要になったからといって防具を捨てるというのはどうも出来ませんでした。

警察学校で購入し、どこに異動しても一緒についてきてくれた防具です。

防具は練習後に床に置きますが、防具を足でまたぐことは許されません。

剣道の竹刀や防具というものはそれだけ神聖なものとして扱われます。

そんな魂がこもったものを捨てることはできませんよね。

防具は5分で落札されました

 

最初は道場に寄付しようかと思ったのですが、近所になかったのでヤフオクに出品することとしました。

お金儲けは考えていないので、剣道家で防具を大切にしている方に譲ろうと考えました。

そして値段をつけることなく出品すると5分で落札してもらえました。

落札者さんが支払うのは送料だけです。

お互いにとても気持ち良い取引きをすることができました。

 

本当はこのブログ読者さんが警察官採用試験に合格したときに記念としてお譲りするのがいいかなと思ったんですが、せっかく警察学校に入校したのに僕の汗が染み込んだ防具なんて使いたくないだろうという内なる声に止められたのです。

次は手練れの剣士に出会えよと祈りました

僕の使った防具が遠く離れた地で別の誰かに使われて、また活躍することを考えたらとても不思議な気持ちになります。

ちなみに僕は前にも書きましたが面をつけることがどうしてもできずに最後まで苦労しました。

自分で言うのも恥ずかし話ですが僕はかなりへっぽこ剣士で、剣道の先生からも昇段審査で苦笑された思い出があります。

(初段の賞状をいただくとき、先生から「桜井の賞状はあぶり出しになってるからな」と言われて手渡されました)

 

発送の手続きも終わり、ヤマト運輸のお兄さんに防具を手渡してトラックに載せられるのを見たときに娘が嫁に行くのを見届けた気分になりました。

次はあの防具たちが手練れの剣士に出会えるといいなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。