「覚醒剤を使うと気持ちいい?幻覚を見るの?」警察官の僕が見たシャブの真実

覚醒剤、志水アキラ、警察

リクストリームの管理人の元警察官・桜井陸です。

タレントの清水アキラの息子が覚せい剤取締法違反で逮捕されるニュースが報道されていますね。

このニュースを観ると「覚醒剤ってそんなに良い物なの?」と少しでも興味を持つ人がいると思います。

 

覚せい剤を使うとそんなに素晴らしい反応が起きるのかと勘違いしてしまいますよね。

僕は現場で覚醒剤を使った直後の人を何人も見てきたし、何人も逮捕してきました。

覚醒剤を使えばどうなるのかを生の視点で書くので参考にしてください。

覚醒剤ってそもそも何なの?

覚せい剤とは英語で書くとAwakening Drug(目覚まし薬)と言います。

つまり眠りから覚醒する薬という意味で覚醒剤なのです。

大麻やアヘンは植物から、覚醒剤は化学物質から作られます。

 

アンフェタミン等の薬品が使われていますがここではそういった化学系の話は止めます。

ちなみに日本でも第二次世界大戦時代はヒロポンという商品名で薬局でも「目覚まし薬」として市販されていました。

覚醒剤の間違った認識

世間では覚醒剤を使えば一瞬でだれでも気持ちよくなるというイメージで売られていますがそれは間違いです。

僕は現場で多くの覚醒剤乱用者を見てきました。

だれもが「もう止めたい」と言っていました。

自分自身が怖くなる

覚醒剤を使うと自分が自分でなくなったように感じる人も多いです。

なので、怖くなり自分で通報する人もいます。

いきなり人の庭に入りこんで庭の木を指さして「妖精がいる」と何時間もつぶやく人もいます。

マンションで一人暮らしの部屋なのにだれかが自分の悪口を言っていると通報する人もいます。

ガリガリに痩せた少女に手錠

確かに眠れなくなるという作用はかなり強いです。

そして妙な幻覚もみる人が多いです。

ガリガリに痩せて骨と皮だけになっていた少女もいました。

そんな少女の細い細い腕に手錠をする時はなんともいえない気持ちになりました。

覚醒剤はシャブと呼ばれる

覚醒剤は通称名で「シャブ」と呼ばれます。

人生をしゃぶり尽くすから、骨までしゃぶり尽くすからというのが由来と言われています。

それだけ依存してしまうんです。

名前を変えても覚醒剤は覚醒剤

若い人は覚醒剤を打つと幻覚が見えたりハイな気分になって気持ちよくなれると勘違いしている人が多いです。

名前もスピードやSなんて呼ばれていますがどれも同じ覚醒剤です。

少しでもスマートな印象を出そうとしていますが中身は人生を簡単に狂わせる薬なんです。

 

注射器を使って針を血管に刺すのは抵抗があっても、覚醒剤を炙って気体を鼻から吸えばなんとなく罪悪感も減るような気がします。

でもみんな最後は注射器を血管に刺して覚醒剤を体内に注入します。

炙りでは効かなくなるんですね。

刑事がシャブに手を出さない理由

覚醒剤を捜査している刑事が結局は自分も覚醒剤にハマるというミステリー小説がよく出ていますが、あれは嘘ですね。

覚醒剤乱用者の現状と末路を見た人は絶対に手を出しません。

人相も人格も人生まで変えてしまう覚醒剤なんて絶対に手を出そうとは思わないのです。

シャブ中と呼ばれる人たちの実情

僕は覚醒剤を数分前に打ったばかりの人間を何回も見ました。

みんな異常です。

誰かが悪口を言っている幻聴を聞いていたり誰かに追われる被害妄想で自分から通報します。

酒に酔ったみたいにまっすぐ立てない人が多く、目が合ってもどこを見ているのか分かりません。

ウオッカを500杯ほど一気飲みして吐けずに二日酔いにもならず、何かにおびえながら寝られずに数日を過ごしているといえばイメージしやすいでしょうか?

 

パケと呼ばれるビニールの小さな袋に覚醒剤の粉末が入っているんですが、みんなそれを大切に持っています。

人生を狂わせる悪魔の粉を大切に大切に保管しているんです。

聞こえない悪口が聞こえる

通報を受けて家に行くと30代前半の男性が

「お巡りさん、聞こえるでしょ?ほら!また俺の悪口を言ってる!」

と飛びついてきます。

夜11時頃で外も静かなマンションの一室です。

 

こういう時はどちらかです。

精神障害を患っている人か薬物中毒者か。

それでも目を見たら分かるんですよね。

 

血走って焦点も合わない目をしていたら薬物中毒者です。

逮捕しても逮捕されたことすら理解できません。

そうなったらもう人間おしまいでしょう?

覚醒剤の最大の効果

覚醒剤は確かに眠気を抑える薬効がとてつもないです。

覚醒剤を100パーセント体内に注入する静脈注射は数日間の眠気をカットしてくれます。

そして覚醒剤が切れる頃にとてつもない疲労が襲うのです。

 

これって恐ろしいですよね。

眠らなくても良い身体になるなんて考えただけでも異常じゃないですか。

僕は徹夜の当直明けなんて意識がなくなるくらい疲れてたし、ベッドに入るといつ眠ったのか分からないほど熟睡していました。

それが覚醒剤を使うと疲れを忘れるんです。

たった1日でも徹夜すると意識がなくなるほど眠たいのに、その眠りを数日間も強制的にカットする薬って恐ろしいでしょう?

覚醒剤は本当に恐ろしい薬です

テレビを観ると清水アキラの息子が女性に使って通報されています。

どういう経緯があったのか分かりませんし、テレビのコメンテータやニュースキャスターは当たり障りのない一般論を言っています。

私は元警察官なので今回の通報劇はそんな簡単なことじゃなくて本当はもっと色々あるんだろうなと大体分かりますが今回は私見を述べるのを止めておきます。

 

いないとは思いますが、もしブログ読者の方で少しでも覚醒剤に興味があって使ってみたいと思う気持ちがあるのならこの一文をよく読んで意味を考えてください。

これは僕が当直中に古株のベテラン刑事がボソッと呟いた印象に残る言葉です。

そして警察官志望者は警察の仕事はこんなに大変な世界だからこそやりがいがあると実感してください。

 

 

なあ、桜井ちゃん。

覚醒剤の売人の家は玄関ドアが足跡だらけやねん。

何でと思う?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。