色弱(色覚異常)でも軽度なら警察官に採用されます

色盲、色弱、色覚異常、色覚検査、警察官、採用試験

ブログ管理人の元警察官・桜井陸です。

以前、色覚検査で異常があった場合は警察官になれないのかという内容の記事を書いたことがありました。

 

ブログ読者の方から

「色覚検査で異常が見つかった場合、警察試験に合格するのは難しいですか。」

という相談を多くいただくものの明確な基準が分からないのでお答えすることができなかったので記事にしたのです。

色覚検査、警察官、石原式、色弱、色覚異常

 

警察官採用試験の身体要件には

色覚:警察官としての職務に支障がないこと

と明記されており、内心「色弱では採用は難しいんじゃないかな」と思っていたのも事実です。

 

ところが先日、読者の方からとても有益な情報をいただきました。

その方は軽度の色弱でしたが日時用生活に支障がないレベルなので合格できたということなのです。

許可を頂いたのでメールの内容を少し抜粋させていただきます。

(個人情報が特定される部分は伏せています)

 

桜井さんのブログで色覚の記事を読んだのですが、私は軽度の色弱を持ってまして、石原式の色覚検査は全く見えませんでしたが、パネルD15は出来たら、〇〇警察に採用されました。

〇〇警察は私が採用される前の年に身体基準などがゆるくなってました。

年々身体基準や年齢制限がゆるくなっている都道府県警があります。

そういう自治体なら、私のような軽い色弱の人も採用されると思います。

 

近年身体基準が撤廃、ゆるくなっている県警を受けると軽度の色覚異常でも受かると思います。

県警によって多少は基準が違うと眼科の先生が言ってました。

ちなみに私は石原式の色覚検査は20枚くらい中の1枚位しか判断出来ませんでしたが、パネルD15はミスはなかったです。

 

色弱は軽度でやる気があれば受かると思います。

軽度の色覚でも何かアピールポイントあれば有利だと思います。

(注釈:個人情報は伏せますがこの方はスポーツを人よりも熱心に取り組んでいました)

 

色覚正常な人とパネルD15が出来る軽度の色覚の人はほぼ同じと眼科の先生が言ってました。

パネルD15はたしか、約20色位の色をグラデーションに並べていくので、色の判別はあれで十分と言ってました。

 

石原式の色覚検査は戦前からある検査で時代遅れとも言われています。

石原式の色覚検査は正常の人でも間違える人もいると眼科の先生が言ってましたし、古い差別みたいなものと言ってました。

パネルD15は二回検査するんですが、私はパーフェクトでした。

一カ所程度は間違えてもいいみたいですが、絶対に間違えては行けないポイントもあるみたいです。

 

心配な受験生は、新しい眼科の先生に相談するのもありかとおもいます。

私は1次試験前に眼科に行きパネルD15をやらせてもらいました。

警察官採用試験の色覚のことも教えてもらいました。

 

軽度の色覚、アトピーとか、軽度のぜんそく持ちとか、他の受験生より不利な部分あっても、しっかりアピールすれば受かると思います。

私は不利な部分もあましたが、体力試験の腕立て伏せで最後のひとりまで残り、何人かの教官が「ラストー!」とか「がんばれや」いう怒声に、私は腕立てしながら大きい声で「はい!」っていいながら腕立て伏せやりました。

こういったアピールでもいいと思います。

 

ちなみに腕立て伏せや腹筋でトップレベルでしたが、〇〇は合格基準ギリギリ、△△と□□はミスして合格基準に届きませんでしたが最終合格しました。

あと、軽度のぜんそく持ちの同期も警察学校にいました。

 

いかがでしょうか。

この方は石原式では判別できなくてもD15が出来れば警察官として採用されたのです。

僕は色覚検査でも異常はなかったのでいい加減なことを言うこともできず、悶々としていたのですがこれで受験生の希望が広がったのかなと思うと本当に嬉しいです。

体力検査でも規定に届かなくても採用されているのですから、やはりアピールは大切ですね。

 

ただ警察は色の識別がとても重要な仕事です。

逃走車両の色、犯人の服装の色、どれも見間違いは許されず自分の適当な報告が人の生命や財産を奪う結果にもつながります。

基準がゆるくなったとはいえ誰でもが警察官になれるというわけではないので誤解しないようにしてください。

 

この方が説明しているとおり古い検査ではなく新しい検査に合格できれば採用されるというのは、今の時代に合わせていてとても合理的ですし良いことだと思います。

(学校から座高を測定する検査がなくなったように検査項目も刷新されるべきです。)

その部分を踏まえて問題がないのであれば自信を持って受験することができますよね。

 

僕は専門医ではないので色覚検査のことについて質問を受けてもお答えすることはできません。

また、当ブログは個人情報を固く守ることを第一の遵守事項としており、この方が採用された都道府県警についても一切お答えできませんのでご了承ください。

身体検査基準については各都道府県警察までご確認願います。

2 件のコメント

    • それは受験される自治体に確認した方が良いです。
      匿名でも電話可能なので、試験前に不安を少しでも取り除いておいて下さい。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。