身辺調査(身上調査)で不安な警察官志望者はいませんか?

警察官、採用試験、身辺調査、大阪府警、デマ

ブログ管理人の桜井陸です。

先日このブログから大阪府警に合格者が出たとお話ししましたが、その方の他にも試験合格後に当ブログを見つけて色々と情報をいただいている方がいらっしゃいます。(先日、太田様と紹介させていただいた方です。)

こちらの記事で紹介させていただいた方です

 

太田様は大阪府警に合格されたのですが大阪府警の採用試験でデマが流れていると情報をいただきました。

というのは太田様は二次試験で何度か落ちたことがありその際に試験の総合順位で×××と表示されたことがあったのです。

心を乱す身辺調査のデマ

この×××が表示された人は身辺調査に引っかかっているので合格は難しいというデマがヤフー知恵袋に流れているとのことで、太田様も知恵袋でこの誤情報を見つけた時は大きなショックを受けました。

それでもそんなデマに流されることなく合格できたのは熱意と負けん気という警察官に必須な気概なのですが、実は僕も同じようなデマに陥れられた経験があるのです。

警察官、採用試験、身辺調査、身上調査

デマは受験生の胸に容赦なく突き刺さる

以前にも「ネットのデマに流されてはいけませんよ」と書いたのは正にそれで、誰しも生きていれば身内や自分自身に何か後ろめたいことはありますし試験に落ちればその暗部が原因で合格できないのかなと疑いますよね。

公務員浪人はゴールがないマラソンなのでこういった小さな障害でも時には試験以上に大きなハードルとなることがあります。

 

例えばこれは僕がいま考えた架空の話なのですが

 あまり知られていない情報なのですが、今までに2回以上交通違反をしたことがある人は試験で大幅に減点されるというのはご存知でしょうか?
これは警視庁限定なのですが東京都は条例で悪質違反者に対して厳しくペナルティが課されており警察官を目指す受験者には当然の措置として導入されているようです。

 

 

という情報を見れば警視庁受験者は愕然としませんか?(しつこいですがこれは架空の話です。)

こんな根も葉もない情報でも信じ込んでしまう人だっています。

 

僕も受験生時代に自分の身辺について気になることがあったのでインターネットで質問すると、元警察官と名乗る人物に「残念ながらあなたは合格しません。別の道を探すことをお勧めします。」と言われて愕然としたことがありました。

余りにショックな状況を急に突き付けられると周りの音が急に静かになり、ゴォーンという鐘の幻聴が耳の奥で響いたのを未だに覚えています。

警察官採用試験、身辺調査、デマ、身内

嘘は嘘と見抜ける力を養いたい

もちろんデマだったので合格できたのですが、あの時に言われたことを信じていたら今の僕はいません。

特に人間はプラスになることよりも自分にとって都合の悪いことやマイナスなことを信じてしまうのでデマを受け入れることは仕方ないのですが、情報の真偽を見極めなければ警察官になった時に自分だけでなく相談に来た地域住民も不安にさせてしまいます。

違うものは違う、正しいものは正しいと自信を持って判断できる勧善懲悪の感覚を養いたいですね。

 

太田様もご指摘されていますが特にヤフー知恵袋には相当数のデマが溢れています。

「警察学校で血を吐くまで訓練させられる」とか「現場では男女関係なく仕事をするので暴漢は弱い女性警察官を標的にする」などの書き込みを見た時はどこの国の警察の話をしているのかと腹が立ちました。

 

旧日本軍ならあり得たかもしれませんが血を吐くまで訓練させられたらこの時代の若者はほとんどが辞めるでしょうし、そもそも血を吐く訓練ってどんなものかも想像つきません。

現場では男女が任務分担して働きますので、女性警察官が荒れた現場で暴漢に対峙するなんてことあり得ません。

男女平等というのは男性社会で少しでも女性が働きやすい職場作りにするという意味で男女が平等に働くという意味ではないのです。

情報の出所・確度を調べてみる

話は少しズレましたが、ネットのデマを信じて夢を諦めることだけはしないでください。

僕の私見ですがネット情報よりも本の方が確度は高いです。

ブログを書いている僕がこういうことを言うと矛盾していると思われそうですがこれは間違いありません。

 

本は出版するときに作者だけでなく出版社も通すので誤った情報を書くことはできません。

それに反してネットでは個人が思ったことを書けるのでいわば無秩序・無責任に情報発信できるのです。

その情報を判断するのがネット利用者なのですが、公務員浪人は不安で気持ちが弱っている上に受験情報は少ないので明らかなデマでも信じてしまいます。

例えば上で僕が書いた架空の話でも中には信じてしまう人はいるでしょう。

警察官採用試験、対策、情報

信じるのは自分。それは文字通り「自信」となる。

ライバルを蹴落とそうとする心無いデマ、受験者を惑わせる出所の不明なデータを信じることなく落ち込んだときでも自分のやる気を引き出す「ここぞというストーリー」を胸にしまって合格しましょう。

手前味噌な話ですが、このブログ「リクストリーム」が少しでも皆さんの支えになればこれ以上の幸せはありません。

 

そしてもし僕が書いている情報で誤りや気になる部分があれば遠慮なく教えてください。

一度書いた情報もどんどん更新して、更に新しい情報を加えて誰もが信用できるサイトをこれからも続けていきます。

受験生からの情報と試験に合格された方からの情報、そして公務員浪人経験者でもある僕の情報を融合させてみんなで作り上げるブログにしたいと考えています。

2 件のコメント

  • 初めまして。当サイトを読みいくつか気になったことがありましたので質問させていただきます。
    現在民間企業に勤めており、これから警察官採用試験を受験するのですが、他のサイトでは身辺調査において近隣住民からの風評を聞くと書いてあったのですが、現在の住所周辺の近隣住民なのか、本籍や実家の近隣住民への聞き込みとなるのか気になります。若気の至りで迷惑をかけていた頃もあったので…
    また、財政状況も確認されるとも書いてあり、私は借金が600万程度あるので心配です。
    よろしくお願いします。

    • ブログをご覧になっていただきありがとうございます。
      身辺調査についてはデリケートな内容であるため、記事にも説明してありますように回答は会員様限定とさせていただいております。
      ご了承ください。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。