警察官になる夢は警察学校を卒業した時に誇りへと変わった

警察官採用試験、警察官になりたい、警察官になる、警察試験、警察学校

ブログ管理人の元警察官・桜井陸です。

僕が警察官を目指したとき、当時はまだまだインターネットもそこまで発達しておらずYouTubeもない時代でした。

だから警察官の仕事について調べるのも一苦労でしたし、とある警察官志望者が集まるコミュニティサイトは連日連夜、警察官を目指す若者が熱い議論を交わしていました。

警察官志望者だけが集まるサイトがあった

警察官志望者だけが集まるコミュニティサイトは本当に役立つ試験情報ばかりが集められ、早くこのサイトを卒業して夢を叶えようという前向きな書き込みばかりでした。

たまに「荒らし」と呼ばれる変な書き込みをする人はいましたがそんな人は一部で、毎回の試験が終わるたびにサイトからは「卒業者」、つまり合格者がどんどんと生まれたのです。

警察官、採用試験、なりたい、警察試験

そして僕もその一人で、コミュニティサイトの最後の書き込みに「今まで本当にありがとうございました。この書き込みで卒業します。」と書いてサイトを卒業した日を今でも覚えています。

そしてこの書き込みをすることが僕の目標であり、思考を現実化する具現化(引き寄せ)でした。

警察官になりたい気持ちが揺らいでしまう

今はインターネットの世界も大きく変わり、「警察官」と検索すると

  • 警察官になると後悔する
  • 警察は古い体質だからこれからも変わることはない
  • 早く退職して正解だった
  • 警察学校は閉鎖的で教官のパワハラが酷い

というブログばかりが目立つようになりました。

本当にそうだろうか?

 

警察学校の入校式で食べた母のおにぎりの味と制服姿を家族に見せた時の照れ臭さ

警察学校の仲間と毎晩遅くまで大笑いした日々

迷子の子供と手をつないで歩き、お母さんに引き渡したときのお母さんの笑顔

交番でおばあさんの世間話を聞いただけで泣いて感謝された朝

「仕事は何をしているんですか?」と聞かれたときの誇らしさ

スーツから警察手帳を出して逮捕する瞬間のゾクゾク感

小学生に敬礼されたときの喜び

猫のようになつく不良少年の頭を撫でた時の柔らかい髪

警察官になる、警察官の仕事、警察官採用試験

不安そうな迷子を連れて家まで歩いた昼下がり

あの全ては幻だったのだろうか?

僕が駆け抜けた青春のような警察官時代は僕だけの夢だったのだろうか?

警察官ってそんなに苦しくてつまらない仕事だったのだろうか?

警察官になる夢を摘んではいけない

そんなわけない。

絶対にそんなわけないんです。

未来の警察官を摘んではいけない。

 

僕はそう思ってこのブログを始めました。

僕が警察官に合格した時のコミュニティサイトの代わりになれたらいいな、と思ってね。

警察官採用試験対策、そして警察官の仕事の素晴らしさと誇らしさや苦しさも正直にここで書いていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。