就職試験の面接で不合格になる人はこの3タイプだけです

面接、二次試験、警察官、採用試験、不合格

ブログ管理人の元警察官・桜井陸です。

近畿の警察を4回以上受験して不合格になったという方から相談のメールをいただきました。

この方は20代中盤で警察に転職を目指しているのですが、なかなか面接試験に合格しないことで悩んでいます。

 

今回の相談内容は「面接で不合格になるタイプは何ですか」というものでした。

以前に上の記事で二次試験で落ちる理由を説明しましたが、落ちる人というのも大体は決まっています。

僕は大学の同期や警察学校の同期、部下に聞いてみたところ一発で面接に合格した人とそうでない人に明確な差があることに気付いたのです。

面接で不合格になる人は特徴がある

面接で不合格になるタイプというと口下手とか想像しますよね。

でも僕は面接で落ちるタイプをはっきりと言い当てることができるので説明します。

不器用な人

ひとつは前にも説明したように不器用な人です。

これは今まで学校やバイト先で「何でそんなことしたの?」と驚かれたことがある人に多いです。

人の指示や話をうまく理解できないタイプです。

上手く話しを理解できないために自己流でやってしまい、とんでもないミスをしてしまったことはありませんか?

 

特徴として集団行動をしても1人だけなぜか違うことをする人が当てはまります。

面接の時、面接官から質問されたことに答えても「うーん?」と首をかしげられたり「ちょっと違うんだけどなあ」と言われたことはありませんか?

相手の意図が理解できなかったり、要望を伝えるのが格段に下手な人はこういうタイプです。

頑固な人

次に頑固な人です。

柔軟性がないのに負けず嫌いなので性格がなかなか変わりません。

変化を恐れるタイプに多いです。

 

正解を聞いても「自分は今までのやり方を貫く」と言って変わろうとしません。

頑固な癖に臆病だったりするので占いをしても自分に納得する答えが出るまで占いを続ける人や、人に相談して答えが出てもまた不安になって別の人に同じ内容の相談をする特徴があります。

いじめられていた人

次は学生時代にいじめられていた人です。

いじめっ子はどこか自信がなくてオドオドした人や性格が変わっている人を見つけるのが上手いです。

いじめられていた人は思い当たる節があるはずです。

今の時代ではマイナスの部分も個性と言って片づけられるのですが、面接に行くとその片鱗は色濃く出ます。

 

自信がない子供の原因として親の仲が悪いとか父親の酒癖が悪いとか、転校が多かったとか、家庭が裕福ではなかった場合が挙げられます。

いずれも原因は家庭ですね。

ちなみに親の仲が悪い場合は「親の仲が悪いのは自分が生まれたからなんだ」と思って自分のせいにする子供が多いです。

そして自分がピエロになって家庭のバランスを取ろうとするので学校でもピエロを演じる癖がついてイジメられるんです(これは僕にそのまま当てはまります。)

 

いじめられていた子は自己PRの時に長所を上手く説明するのが下手です。

親に褒められたことが極端に少なかったり、悲観的に生きてきたので自己価値観が驚くほど低いのです。

長所を説明するはずが短所のような性格を説明することさえあります。

良いところは沢山あるのに、自分で自分の良いところに気付けない人に多いです。

不器用なタイプは僕も当てはまります

上で書いた「不器用なタイプ」というのは決まった動作や動きをするのが苦手です。

複雑なマナーや作法を覚えるのに苦労します。

僕は剣道の面ひもを結ぶのがとても苦手で、最後まで上手くつけることはできませんでした。

 

剣道では先生の「面つけ」という号令で一斉に面をつけるのですが、一人でも面をつけることができないとシーンとした空気の中でみんなが1人を待ちます。

家ではできてもそういう空気の中になると途端にできなくなるんです。

剣道の授業で僕以外にも同じ子がいて、やはり生き方が不器用な子でした。

 

そしてなかなか警察官採用試験に合格しないで悩む人に伝えたいのですが、面接に合格しない原因でなにか特別な理由はないということです。

警察官になるための試験を受けに来た受験者は当然まだ一般人なので警察官としてのマナーなど必要ありませんし、「これを言えば合格する」「これを言えば不合格になる」という答えはありません。

見られているのは人間性、そして警察官に向いているかという適正です。

警察も民間も面接は同じです

あえて厳しい言い方をしますが何度も警察官採用試験の面接で不合格になる人が民間の中堅~大企業を受験しても内定をもらえる人は極少数だと思います。

民間でも警察でも面接要領は同じです。

 

警察の面接に合格しないことが問題なのではなくて面接全般に通用する能力が不足していると考えてください。

警視庁を会社として考えると、株式会社警視庁は4万6千人以上の社員がいる超大企業なんです。

そんな大企業を受験するのにほとんど企業研究をしていなかったり、志望動機等を練っていなければ当然採用されることはありません。

 

上に書いたような「不器用な人」がいきなり自分を変えることなんて無理です。

不器用に生きてきたのにいきなり周りにいる器用な人たちと同等の戦い方をしても勝ち目はないのは明白です。

でも面接に落ちる原因を客観的に分析して「志望動機」を練り面接に臨めば短期決戦でも十分に戦えるんです。

面接は自分を売り込む場です

面接は自分をPRする場所です。

武井壮と広告代理店の人がYouTubeで「トロの法則」という面接技を説明していたのですが、これは見る価値があると思います。

マグロを売りたい場合、マグロ一匹を全て説明するのではなくて客が欲しがっているトロの部分だけを説明するんです。

つまり限られた時間の中で面接官に自分を表現しようと思えば面接官が聞きたがっている「ここを売り込みたい」と思う部分を強くアピールするんです。

 

テレビCMを見ていてもスマホのコマーシャルで「顔ぶれが少ないので運動会でも安心して子供を撮影できます」とか「目で認証できるのでセキュリティ万全です」など売り込む部分をバシッと明確にしているでしょう?

「このスマホは国産で新潟の工場で作られました。新潟の工場は空気も綺麗で半導体にも影響が少なくて、また地域密着型で70代までの人を雇用して作られています。そして目で認証もできます」

という長々としたコマーシャルを見ても何が売りなのか分からないから買おうと思いませんよね。

 

内定をもらいやすい人はこういう風に自分を売り込むのが上手なんです。

そしてこれは練習すればすぐに身につきます。

自分に自信がない人は自分のいいところを探すのが下手な場合があるので、恥ずかしからずに友人や家族に聞いてみて下さい。

きっといくつも教えてくれると思います。

不器用な人は働き始めれば変わる人が多い

色々と悪いことを書きましたが、不器用な人は型にハマれば強い人が多いです。

仕事に慣れて自信がつくと別人のように実績を上げたり、流れが決まってくると仕事を自分のものにしてその世界ではトップクラスの成績を出したりします。

これは上で書いたように負けず嫌いな性格なので人知れず勉強するからです。

人間的な魅力がある人も多いので上司や先輩から好かれることも多々あります。

 

不器用と仕事ができないのは違います。

要領が悪い人とサボる人は違います。

たとえ要領が悪くても時間をかけて自分なりの流れを見つけて、最終的には器用な人に太刀打ちできるのが不器用な人の特徴なんです。

 

面接には決まった流れもあるのでそれを踏まえて、自分の売り込み方を練習すれば間違いなく合格をもらえます。

焦ることなく、準備を万端にして面接を楽しむ心意気で臨みましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。