「最初は詐欺師と思いました」と言われて感謝した話

警察官、巡回連絡、詐欺、採用試験

ブログ管理人の元警察官・桜井陸です。

先日、男性読者の方(伊藤さんと呼びます)からメールで事件の相談を受けていたのですが、あまりに深刻な話だったので文字に残すと良くないと思い僕から「この話は電話にしましょうか」と提案しました。

すると伊藤さんから「電話だと不安なのでメールで大丈夫です」と言われてその後もメールでやり取りを継続し、相談は解決しました。

 

相談が進むにつれて伊藤さんも段々と本心を話すようになってくれて、

最初は桜井さんから電話の提案を受けた時、警察OBというのは嘘で詐欺師じゃないかと疑ってしまいました。」

と打ち明けてくれました。

 

伊藤さんは固い仕事をしているので保守的になるのは分かりますし、僕でも立場が逆なら疑うと思います。

個人情報を教えるのはこのご時世、不安だと思われたのは妥当だなと思いました。

自分が自分である証明ってできますか?

僕はこのブログを始める前にたった一つの課題が「信用を得ること」だと思っていました。

つまり僕が元警察官だという証明ができれば誰もが安心してブログを利用できるだろうと考えていたのです。

でもそれが難しいんですよね。

例えば僕の制服姿を載せてもそれが僕自身だと分かるのはもともと僕を知っている人だけでデメリットしかありません。

自分の写真が悪用されるのは嫌ですし、元警察官として顔がバレて何かに巻き込まれるのも嫌です。

健康保険証を載せても僕の物だとは証明できませんしね。

制服警察官でも疑われる時代です

伊藤さんとのやりとりで警察官時代でも同じ話があったのを思い出しました。

地域警察官には巡回連絡といって各家庭を巡回する仕事があります。

一軒一軒インターホンを押して周り、家族の仕事や年齢、電話番号や仕事を聞くという大切な個人情報を扱う仕事です。

 

この仕事でも50軒回ると1軒はだいたい警察官の誰もが通報されます。

「さっき警察官と名乗る人が来ましたが本物ですか?」という通報です。

制服を着ていても怪しまれるんですよ。

 

僕も巡回していると何度か住民の人に「警察官なら警察手帳を見せてください」と言われて見せたことがあります。

僕がパカッと手帳を開いて見せるとみなさん納得するのですが、これは危険だなと内心思っていました。

だって一般の人は警察手帳の実物なんて見たことないでしょう?

 

警察官なら偽物の警察手帳を出されても30秒で見破れるんですが、ネットに出ている画像通りに作られた手帳を警察官を騙る詐欺師に見せられたら一般人はまず見破れないだろうなと思います。(見破り方は絶対に秘密です。)

自分が自分であるという証明は本当に難しいんです。

僕は制服で歯磨きしてみました

僕は退職する前からブログを開く予定だったのでどうやって自分が警察官と証明するかを考えていました。

そして思いついたのが「制服で歯磨きしてるところを撮影してみよう」というものです。

制服姿の警察官の画像はネットでもたくさん見つかりますが、歯ブラシをくわえてる警察官はいないんです。

だからプロフ画像には夏服を着て歯磨き中の写真を載せてみました

 

それでも伊藤さんからは「詐欺師かと思いました」と言われたのでこれ以上は証明する方法が思いつきません。

そこで逆に「どうすれば僕が元警察官だと信用されますかね?」と聞くと伊藤さんに「似顔絵なんかどうですか」と提案してもらったので僕はさっそく警察官時代の写真をもとに似顔絵師さんに依頼しました。

似顔絵って身近に感じるし描いてもらったことがないので興味津々です。

 

今は便利な世の中になってココナラというサイトで似顔絵から英語の翻訳から何でも色々なプロに依頼できるんですね。

(電話で説教してくれるサービスには驚きました。僕も仕事柄、説教は得意なのですが需要あるでしょうか?)

良い絵師さんに出会える

ここで僕は1,000円で似顔絵を依頼しました。

絵師さんも制服姿の警察官から依頼がきたのは初めてだったそうで最初は驚かれました。

「おひねり」という追加でお金を支払うシステムもあるのでお礼を込めて追加で1,000円払い、2,000円で完成です。

警察官、採用試験、志望動機、面接、コツ、合格

こんな出来栄えです。

妻に見せるとそっくりなので驚かれました。

右目横のホクロまで再現されたので僕も驚きです。(この絵師さんはコンピューターで描くそうです。)

リクエストを色々と聞いてくれて追加料金もいらなかったので良い絵師さんに出会えました。

 

ただ、この似顔絵を載せても僕が信用に足る元警察官という証明ができたとは思っていません。

そのためにはこれからブログで色々な役に立つ情報を書いて様々な悩みを解決してからだなと思っています。

それでも僕がどんな感じの人間か分かると少し安心できたでしょう?(もっとイケメンと想像されていた方には申し訳ないです…。)

 

伊藤さんに本音を言ってもらわければ気づけなかったので本当に感謝です。

人って持ちつ持たれつだなと改めて実感しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。