警察官採用試験で病歴やケガ・通院歴を隠したらどうなる?

警察 試験、病歴、通院歴

ブロブ管理人の元警察官・桜井陸です。

読者の方から質問で「病歴を隠して採用試験を受験してもバレませんか?」と相談をよく受けます。

あとは「怪我をして〇〇に少し障害があるのですが平気でしょうか?」という相談もあります。

これはどうなのでしょうか?

警察官採用試験で通院歴はバレる?

基本的に警察官採用試験で通院歴はバレることはありません。

つまり病歴を隠すことは不可能ではないです。

でもそれはお薦めしません。

なぜなら警察官採用試験に合格した後に大きな苦労をするからなのです。

既往歴によっては拳銃を奪われる危険性も

過去にてんかんを隠したまま警察官に採用された人がいて、警察学校在学中に発症しそのまま自主退校した人もいます。

訓練では拳銃を扱うのでもしものことがあると周りにも死傷者がでる恐れがありますし、交番勤務になった際は一人でパトロールに行くこともあります。

そんな時に意識を失う持病が発症すれば拳銃や無線機などが奪われる危険性もあるのです。

警察学校、通院歴、病歴

そして何よりも警察官として働く上で持病を隠すことは精神的にも苦しいです。

味方のはずの同僚にも隠し事をしながら定年まで働くのはあまりにも酷ではないでしょうか?

警察官になる夢を持つのはとても素晴らしいのですが、その夢を叶えたあとを想像することも大切です。

交番の仕事に耐えられるか?

ただ、人はある程度の年齢になれば何らかの病気をするので何から何まで全てを正直に申告する必要はありません。

常識的に考えて自分の病歴や既往症、ケガの後遺症が警察の勤務に耐え得るか想像してみると分かりやすいかと思います。

交番勤務は24時間勤務で春夏秋冬、風雪雷雨の関係なく通報に対応する必要があります。

時には食事できないときや仮眠ができないこともあるでしょう。

警察官採用試験、対策

そんなときに自分のケガや病気は妨げにならないかを考えて、問題なければ自信を持って受験すれば良いと思います。

警察官が仕事で大きなミスをすると自分だけでなく一般市民や犯人、そして同僚も巻き添えにしてしまいます。

そして何よりも苦労して警察官になったのにやむを得ず退職することになるのは精神的ショックも計り知れません。

自分だけで思い詰めると良い答えが出ないことも多いので、悩んでいる方はまずは周りの意見やかかりつけのお医者様に相談することをお薦めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

・3年間の公務員浪人を経て警察官採用試験に合格。 採用後は同期内最速で刑事課に採用、代表的な出世コースに乗る。 ・交番勤務時代は老若男女問わず地域住民の相談者が絶え間なく幹部から「行列のできる交番」と揶揄される。 ・昇任試験に合格し、自分のやりたかった仕事も完遂して燃え尽き症候群に陥り退職。 ・『警察官になる前に学んだ知識』と『警察官として働いた間に蓄えた経験』をミックスさせた警察官採用試験対策は1年で数十名の合格者を輩出。 30代、既婚、大阪市居住。