仕事のやりがいってなんだろうと考えていると交番から見ていた景色を思い出した

警察官、やりがい、仕事

ブログ管理人の元警察官・桜井陸です。

転職してからはや数か月が経ちました。

公務員から民間の仕事をしてみて驚くことも沢山あったのですが、今の仕事をしながら一番に思ったことはもっと記事を書きたい、動画を更新したいということです(笑)

会社で働くと自由な時間って本当にないんですよね。

仕事のやりがいって?

僕は今の会社で働きたいから転職したわけではないので、仕事に達成感を感じるわけではありません。

給料が良くてスーツを着てオフィスワークが出来てスキルがついて、という部分をクリアしているので文句ないのですが働いていると時間を費消して空しくなることも多いです。

そして気付きました。

これが仕事のやりがいってやつなんだ、と。

 

警察官時代、仕事にはとてもやりがいがありました。

まず自分の心からしてみたい憧れの仕事だったこと。

次にみんなから感謝される仕事だったこと。

そして自分にも他人にも誇れる仕事だったこと。

給料も良く達成感があったこと。

天職ってなんだろう?

僕には警察官が天職だったんだなと改めて思いました。

ただ天職でも心のどこかで強い引っかかりを感じたまま定年まで働くのはきついので退職しましたが、やはり楽しい仕事だったのは間違いありません。

働くって本当に難しいですよね。

お金が目的になるのか、やりがいを目的にするのか。

 

やりがいがあってお金も沢山貰えるのが一番ですけど、そんなこと誰かに話すと「そんな夢みたいな話があるんかい」と突っ込まれるかもしれません。

でもそれがこのブログ読者の方が追い求める職業の警察官なんですよね。

困った人を助けて悪人を倒して、悩み相談を受けて解決して、パトロールしたら子供達から羨望の目で見られて、巡回したら世間話するだけで老人から感謝されて、社会的地位が高くて高給。

書いてみて改めてすごい仕事だなと思いました。

 

僕は警察官になるときに「こんな警察官になりたい」という夢がありました。

そして警察官になったあとも「こんな警察官になりたい」という夢がありました。

僕はその全てを警察官になって早々に叶えてしまいました。

言い方は悪いですが警察の甘い蜜を全て吸わせてもらったのです。

 

ほとんどの警察官ができない特殊な仕事をさせてもらえました。

警察官にすら秘密の機密情報を扱う部署で勤務して有頂天になったこともあります。

僕の勤務経歴書は誰が見ても驚くもので、転職したときにすら面接官に「輝かしい勤務経歴をお持ちですね」と言われました。

だからこそ僕は警察官として働くうえで先が見えなくなってしまったんですね。

なんて贅沢な奴だろうと自分でも思います。

 

働くってお金を稼ぐ代わりに時間を消費します。

その消費した時間を勿体ないと感じずに働ける仕事が「好きな仕事」ということなんだろうなと思います。

ちなみにね、好きなことを仕事にするってストレスフリーなんですよ。

初めて愚痴をこぼしそうになる

僕は今の仕事を始めてしばらくしたとき、嫁に

「仕事で愚痴があるんだよね」

と話すと嫁は驚いた顔をして

「へぇー!陸ちゃんの仕事の愚痴なんて初めてやねえ。警察官時代は聞いたことなかったから新鮮!聞かせて聞かせて!」

と目を輝かせて言われたので慌てて愚痴を飲み込みました。

 

そうか、警察官の時は愚痴なんて何にもなかったのか。

そういえば仕事を仕事と思わず趣味の延長線上だと感じて働いていたなと思い出しました。

嫁と一緒に作ったサンドイッチを交番でお昼に食べて、少し昼寝して、起きたらパトロールして…。

交番、お昼ご飯、食事

お昼ご飯にサンドイッチは幸せでした

 

制服を着て歩くだけでも治安は良くなりますから、パトロールする時は色々な人に声をかけていました。

新しく出来たカフェの店長、地図を広げた外国人旅行者、昼からお酒を飲んでほろ酔いのおじいさん、帰宅途中の中学生、刺青の入った本職のおじさん、キラキラした女子大生、昼寝するホワホワの猫…。

これでも「よく仕事を頑張ってるな」と褒められるし、お給料をもらえるんですよ。

実際に治安も良くなるんです。

 

ウォーキングがてら散歩して給料がもらえるって仕事、なかなかないですよね。

もちろん何かあれば対応できる法律知識は誰よりも持っていますし、話の中でこっそりと情報収集するアンテナは常に張っています。

それでもこれは僕にとって最高に楽しい時間でした。

 

何が自分にとって幸せなのかはまだまだ分かりません。

それでも憧れだった制服を着て働いていたとき、街のショーウインドウに映る自分の姿をこっそりと見ては幸せを感じていたのは未だに覚えています。

その幸せを追い求めて心焦がれる思いをしている方に早く同じ体験をしてもらいたいですし、その手助けをすることが今の僕にとって何よりも幸せなことは間違いありません。

 

正直な話をしますね。

今回、講座受講生から「合格しました。」という手紙をもらった時、僕は全身から達成感を感じたと共に少しだけ嫉妬しました。

それは僕が嘘偽りなく警察官という仕事を今でも愛しているからであり、この受講生も制服を着て住民から愛されて幸せが顔からこぼれるほど自信に満ち溢れた表情になるんだろうなと想像したのです。

 

退職した今、改めて思います。

警察官って本当に素敵な仕事だったんだなと。

この記事を書きながら窓から差し込む気持ちよい日差しを見ていると、交番のイスに座って1人静かに窓から街の風景を眺めていたなんとも言えない幸福感に包まれていた時間をふと思い出しました。

仕事、やりがい、達成感、警察官

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。