京都府警察官採用試験・二次試験の面接内容と雰囲気、質問事項

京都府警、二次試験、面接、警察官、採用試験、質問内容

ブログ管理人の元警察官・桜井陸です。

読者の方から京都府警の二次試験情報をいただいたので報告します。

面接内容や雰囲気が分かるのでとても参考になります。

面接内容は下記の通りです。

1 面接官の人数

面接官は3名 (性2名、女性1名)

2 面接の雰囲気

固い雰囲気ではないが、答えた内容にどんどん突っ込んでくる聞き方

3 質問内容

・なぜ地元ではなく京都府警を受験するのか?

・京都の魅力はなにか?

・警察官に必要なものはなにか?

・高校の部活について(深く質問される)

・中学の部活について

・京都は広いがどこに配属されても大丈夫か

・今までの運動経験

・家族とは仲が良いか

・警察官になることに友人はどう思っているか?

・趣味について

・他にどこを受験しているか

・警察官は剣術などあるが不安ではないか、やっていけるか

・自分のセールスポイント、長所

・警察官になれば60歳くらいまで続けると思うがやっていけるか

4 面接時間

受験者一人が概ね20分~30分程度

 

これを見て思ったのは志望動機の重要性です。

あとは交友関係と警察学校で挫けず続けられるか、採用後も辞めずに続けられるかという部分を京都府警は知りたがっていると感じました。

受験者が答えたことに面接官がどんどん突っ込むと考える隙もないので本音が聞きだせます。

 

また、コミュニケーション能力と運動経験についても採用試験で重要視していますね。

若い警察官は機動隊に行く可能性も高く、それが苦痛で辞める若い巡査もいるので意志を確認したかったんでしょう。

 

情報提供本当にありがとうございます。

そして面接お疲れさまでした。合格を心待ちにしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。