警察官になりたいけど志望動機で悩む理由

警察官、志望動機、二次試験対策、面接対策

ブログ管理人の元警察官・桜井陸です。

最近は読者さんからいただくメールの中で意外と多いものが『警察官になりたいけど志望理由が見つからない』という内容です。

警察官になりたいけど、よく考えてみるとどうして警察官になりたいのか言葉で上手く説明できないという人はいませんか?

警察官になりたい思いと志望動機の質は比例しない

哲学的に聞こえるけれど僕も同じ悩みを持っていたのでよく分かるんです。

志望動機を簡単に言えば「警察官になりたいから警察官になりたい」というのが正直な感想なんだと思います。

感情を言葉に表すって難しいんですよね。

制服が格好いいとか給料が良いとか、社会的地位が高いとか面接では言えない本音もあるでしょう。

二次試験対策、警察官採用試験、面接、志望動機

「受験者の中で警察官になりたいと一番思っているのは私です」と面接官に言いたかった

まず僕は志望動機を考えるとき、紙にとりあえず思いを全て書き出してみました。

そして気に入った言葉を繋ぎ合わせてみるとパズルがピタッとはまるように綺麗な志望動機が完成したのです。

 

例えば「治安が悪化している、地域課で働きたい、市民を守りたい、部活で部長をしていた経験を生かしたい」などが浮かべば

 

『私は自分が生まれ育った〇県の治安が悪化していると知り、自分の力で少しでも住民の体感治安を回復させたいという気持ちで警察官を志望しました。大学時代に〇部の部長で培った体力や折衝能力を生かし住民と密接に関わる地域課で…』

 

など文章を繋いでいけるわけです。

二次試験で面接官に説明するには理由付けが必要

僕が最初に警察官になりたいと感じたのは自宅へ巡回連絡に来た警察官と話した時その職業に強く憧れを感じたからです。

でもどこに憧れたのかと言われると稚拙な回答しかできません。

 

『警察官の仕事は民間みたいに営利追及じゃなくて住民の笑顔が給料になるから』とか『西部劇に出てくる保安官みたいな警察官がカッコいいと思った』とか色々と出てくるんですけど大人が話す言葉ではないですよね。

社会人になる以上フォーマルな言葉に変えなければいけないのです。

志望動機、警察官、地域課、制服警察官

「そもそも保安官が巡回連絡するのか」という疑問は持っていませんでした

 

保安官みたいな仕事ができる警察官に憧れていたのは本音です。

実際、巡回連絡に来てくれた警察官と初めて話したときに彼の「ここは僕の受け持ち区なんで何かあれば言ってくださいね」とニコッと笑って立ち去るという振る舞いが僕の志望動機の原点ですから。

 

ここをフォーマルな志望動機に変えるのはどうすればいいのか考えました。

保安官って志望動機に書いていいのかな、とかね。(もちろん書いていませんよ)

そして僕がどこに感銘を受けたのかと言えば「受け持ち」という考え方でした。

 

その一言で

  • 「こんなに広い街の治安を一人で受け持つって警察官はなんてカッコいい仕事なんだ」
  • 「仕事をしたら感謝されるって警察官はなんてやりがいがある仕事なんだ」
  • 「仕事の見返りは住民からの感謝の言葉って警察官はなんて素敵な仕事なんだ」

と感動したわけです。

ここまで自分の気持ちが分析できればあとは警察の仕事やニュースを見て警察官に憧れる気持ちをフォーマルな言葉に変換していけば簡単なのです。

公務員浪人はどうしてもマイナス思考になる

あとね、僕が警察官になりたいという気持ちの中に「周りを見返してやりたい」という思いもありました。

公務員浪人って世間の目が気になるし、自分が見下されたり馬鹿にされているんじゃないかという被害妄想みたいな考え方も生まれてしまうんです。

実際周りの誰かにこっそり夢を話すと全否定されたり笑われたりね。

 

こういう生活が続くと「自分が見つけた夢をどうにかして叶える」という目標がいつのまにか「〇〇に勝つために警察官になる」と少し間違った方向に向かう場合もあるんです。

試験になかなか受からなかったり不安になると気持ちが内にこもるので仕方ないんですが、警察官になることはゴールではなくスタートです。

そこから新しい人生が始まることを忘れずに試験勉強に取り組みたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。