大阪府警の警察学校は日本一厳しい?

大阪府警、警察学校、教官、厳しい

ブログ管理人の元警察官・桜井陸です。

最近はよくメールで「大阪府警の警察学校は日本一厳しいとネットで見るんですが本当ですか?」と質問を受けます。

確かに気になるところですね。

これはどうでしょうか?

 

日本一厳しいのは大阪府警で、日本一優しいのは愛知県警、教官に美人が多いのは秋田県警で、食堂のご飯が美味しいのは福岡県警です。

と書けば少し変だなと思いませんか?

警察学校マニアの人がいて全47都道府県の警察学校に入校したレビューがあるのなら上に書いたようなデータも信じれますが、2校以上を経験した人なんていません。

どう考えてもデマなんですよね。

警察学校は厳しさを教えるところです

大阪のイメージがきついのでそういった見方をされているのか、警察学校で早々に辞めた元学生が噂を流しているのかは分かりませんが警察官を目指す人ならこのデマを見て違和感を感じるはずです。

そもそも警察学校は厳しいところなんですよ。

楽な訓練を受けて適当にスマホをいじって卒業したら町中にとんでもない警察官が溢れかえります。

 

普段は優しい教官も心を鬼にして訓練するのは、現場が何よりも厳しいからです。

警察学校は現場に比べると本当に楽です。

警察学校の中は警察官だけですから、常識のある人しかいません。

どんなに厳しくてもそれはルールの中で守られた厳しさなので自分を成長させる場です。

ところが一歩現場に出ると今までの常識が通用しません。

現場で常識は通用しない

このブログを読んでいる方の多くは警察官志望者ですが、警察官になって現場に出ると今まで出会ったことのない人種に出会います。

常識なんて知らない人ばかりを毎日相手にします。

僕は警察官になって本当にショックだったのは社会でこんな人たちが生活しているという現実を知ったことでした。

そして下手をすれば命を失うかもしれない場面も多く、それを回避するためにも教官は心を鬼にして訓練を続けるのです。

 

おそらくこのブログを読んでいる方の多くはヤクザに出会ったこともないでしょうし、口論などしたことはないでしょう。

でも時にどんなに恐ろしいヤクザ相手でも一対一で対峙したとき、警察官は後ろに下がってはいけません。

強制的に逮捕することだって必要ですし、時には荒れ狂う相手をなだめたり諭すことも大切な仕事です。

警察に負けは許されない

警察官は100戦100勝でなければいけないので、負けは許されません。

負けたときは国家の敗北になるので悪に負けてはいけないのです。

だから武道で体力を身に付けて、座学で法律知識を身に付けます。

 

警察学校が怖い、教官が厳しいのは嫌だと入校する前から怖気づくのは警察官になりたくないと投げだしているのと同じです。

制服が格好いいし、給料も良いし公務員で福利厚生も良いから警察官になりたいという考え方では少し甘いかなと思います。

本当の厳しさは警察学校を卒業してからなのです。

警察官になった後のビジョン

警察官になったあと、どんな夢がありますか?

刑事になって取調べをしてみたい、少年課で子供の更生に携わりたい、白バイ隊に入って街を疾走したい、交番で地域住民に愛されるお巡りさんになりたい。

そういった将来のビジョンがあれば警察学校はとても楽しいところです。

 

自分の夢に向けたカリキュラムが組まれており、勉強して訓練すればお給料までもらえます。

教官に自分の夢を相談すれば実現方法について親身になって考えてくれます。

本気で警察官を目指す人にとって警察学校は天国みたいなところです。

厳しいのは間違いありませんが、誰もが入ることのできない場所で訓練できるという幸せを少しでも皆さんに感じていただきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。