公務員浪人で苦労する人ほど勉強しても結果が出ない理由・前編

公務員浪人、警察官、採用試験、勉強方法、不安

ブログ管理人の元警察官・桜井陸です。

公務員試験受験生のみなさんに伝えたいことがあります。

試験に合格する考え方です。

僕が公務員浪人を始めて合格するまでに気付いたことですが、合格したときこの思考になっていたんです。

苦しい試練は明るいゴールを用意しない

公務員浪人をしている方にお聞きしたいのですが、どうやって勉強していますか?

「この生活がずっと続くのかなあ」とか「苦しいけど乗り越えなきゃいけないんだ」と考えていませんか?

厳しくて苦しい試練を乗り越えたら明るいゴールが待っていると。

 

実はそれ間違いなんですよ。

苦しくて辛い試練になんてわざわざ立ち向かう必要ないんです。

これは僕が試験に合格したときに悟ったことです。

 

そしてその後、有名な講演家が話しているのを聞くと正に同じことを言っていました。

「苦しい、辛い、悲しい」という負の感情にコントロールされながらチャレンジすると結果も「苦しい、辛い、悲しい」というものになるそうです。

引き寄せと呼ぶそうですね。

努力と苦行は違うんです

公務員浪人をしている人って素直で真面目に見られがちですが実は頑固で不器用な人が多いんです。

昔からの考え方を変えようとしない人で変化を恐れるタイプですね。

こういう人は小学校の時に教師や親から言われた「努力すれば夢はかなう」という言葉を愚直に信じて行動してしまうんです。

 

努力すれば夢はかなうというのは間違いではありません。

でも努力というのは苦しむということではないんですよ。

努力は苦行ではないんです。

 

僕は公務員浪人の2年目まで苦しい思いをしながら勉強すれば夢はかなうと思っていました。

合格するために必死だったのは間違いないですし、あの苦労を無駄だったとは言いません。

でもあの苦行ともいえる努力よりも楽しんで努力した方が上手くいったんです。

 

勉強をしながら「試験に落ちたらどうしよう。落ちたらまた警察署や交番で願書をもらって一次試験からやり直しだ」とかネガティブなことを考えていませんか?

僕は考えていました。

公務員浪人はゴールがないマラソンですから不安で苦しいです。

 

未来も見えないので怖くてたまりません。

頭の中はマイナス思考だけです。

それでも警察官になりたいからシャーペンを握りすぎて中指が痛くなるくらいまで必死で勉強するわけです。

 

そして自信のあった二次試験に落ちて一人で泣いた日、僕は努力と苦行を勘違いしていることに気が付きました。

自分だけが苦労していた気になってたけどそうじゃないんだと。

苦行とは苦しい修行を達成することで更に高い場所へ到達することです。

努力とは苦行のようにわざわざ苦しい思いをすることではなくて、自分が思い描く理想の目的地に向かってゴールするための正しい頑張り方だと気付いたのです。

試練を災いだと勘違いすると結果も災いになる

公務員浪人は自分が設けた壁であり試練であり、夢です。

災難や病気、災いは向こうからやってきますがみなさんが受験する試験は自らがチャレンジする夢です。

でもなかなか合格しないとせっかく自分が見つけた夢を災いのように考えてしまうようになるんです。

 

そこまで真剣に挑戦できる夢があるってとても幸せなことなのに、試験に合格できない自分が段々と可哀想に感じてきます。

努力する自分が悲劇のヒロインみたいに感じます。

誰にもこの苦しみは分からないんだと自分の世界に閉じこもってしまうわけです。

 

そうじゃないんです。

正しい勉強方法は苦しむ必要なんてなかったんですよ。

上手くいく考え方について次回詳しく説明しますね。

読者の皆様へ
12月7日から18日まで日本を離れます。
いただいたメールには帰国次第すべて返信しますので少しの間お待ちください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。