警察学校の訓練は厳しい?教官は怖い?

警察学校、教官、訓練、厳しい

リクストリームの管理人の元警察官・桜井陸です。

今回は皆さんが気になる警察学校についてお話しします。

世間では警察学校を地獄の訓練所みたいな感じで言われていますよね。

 

実際に卒業した人の体験談も少ないので気になるところ。

そこで実際の卒業生である僕が詳しくお話しします。

警察学校を説明する前に

まず勘違いしている人がたまにいるのですが、警察学校とは警察官採用試験に合格した人が入校する学校です。

警察学校に入校してから警察官採用試験を受けるのではありません。

ここで高卒区分の人は10ケ月、大卒区分の人は6ケ月の訓練を受けて卒業すれば警察官として警察署に配属されます。

つまりは警察官養成学校ですね。

入校した初日から厳しい

警察学校に入校した初日は本当に緊張します。

学校の門をくぐった瞬間から大声を出すことを求められます。

 

制服を支給されて書類を作成し、自分の受け持ち教官が紹介されます。

いわゆる担任ですね。

この教官は生涯お付き合いする関係になるので大切です。

僕は未だに年賀状をやりとりしています。

 

ただ、警察学校に入校したときは教官も厳しいです。

初日から甘い顔すると規律が乱れますから当然ですよね。

本当は優しい人でも心を鬼にして学生に厳しくしています。

朝を不安に待って眠る

教官と挨拶が終われば初日は学校の説明や自己紹介などをして終わりました。

寮に案内されて古いベッドで横になった時、明日からどうなるのかなあと不安になりながら目をつむったのを覚えています。

 

朝が来ればいよいよ本番開始です。

訓練が始まります。

この最初の訓練が厳しかったです。

 

詳しい内容は伏せますが周りの人たちはドン引きしていました。

僕は苦労して警察官になったので逆に「お!これが警察学校の訓練か!」と辛い気持ち半分、楽しい気持ち半分でした。

でも厳しいのは間違いないです。

みんな声もガラガラになる

声は朝から大声をだすのでガラガラになりますし、しばらくは学校から出られません。

24時間、徹底的に警察官の心得を叩き込まれるのです。

訓練疲れでもう本当に眠くて眠くて仕方ないのに寮に帰っても宿題や課題が多く、苦しかったです。

 

それでも周りに仲間がいたので支えになりました。

逆に団体生活が苦手な人は警察学校で入校当初かなり苦労します。

同じ部屋で過ごしてミスがあれば連帯責任なので同期に嫌われたらメンタル的にキツイです。

連帯責任と人間関係

教官も連帯責任をとらせようと重箱の隅をほじるようにミスを探してくるので日々がミッションです。

だから連帯責任になってもみんなから「仕方ない、仕方ない」とフォローされる関係を作れないといけませんし、単独プレーは絶対にできません。

 

警察学校の食事に関しては意外と美味しいです。

特に入校中初期は厳しい訓練でお腹も減るので余ったおかずを取り合っていました。

座学は本当に眠たい

訓練のほかにも座学といって教室で授業を受けます。

法律の知識を身に着けるんですね。

これがとてつもなく眠たくて起きるのに精一杯でした。

 

座学が終われば訓練、訓練が終われば座学。

この繰り返しの毎日です。

入校してからこの生活を数週間繰り返して「入校式」と呼ばれるセレモニーが行われます。

この入校式には親や部外の人も参加できるので警察官となった自分を見せる初めての晴れ舞台となるのです。

親も感動する入校式

入校式では学生と親が講堂に集まり、一人ひとり名前を呼ばれて返事します。

訓練でガラガラに変わった声で返事したとき感動して泣く親も多いです。

数週間でそれだけ声も迫力も変わるのですから警察の訓練は改めてすごいなあと思います。

その入校式も終わり、しばらくすると自宅に帰ることができます。

久々に学校の外に出られるんです。

金曜の夜、約1ケ月ぶりに繁華街を見たときはあまりの美しさに私を含めて同期は声を失いました。

ネオンってこんなに綺麗だったんだなあと感動したのはあれが最初で最後です。

警察学校が楽しくなる

こうして最初の厳しい訓練を乗り越えれば警察学校も段々と楽しくなってきます。

周りには仲間がいますし、寮に帰ればみんなで集まってワイワイできます。

売店でおやつを買ったり雑誌を買ったりと自由なのです。

金曜の夜に学校を出て自宅に帰り、日曜の夜に学校に戻るというサイクルになるので日曜は朝から不愉快になりますが、学校に戻れば意外とまた楽しいんです。

警察学校は体力が最重要視される

問題なのは体力だけですね。

勉強は実際のところそこまで重要視されません。

 

なんせ体力です。

ちなみに警察学校で必要な体力とは「持久力」のことです。

これはどこにも書いていないのではっきりと書きます。

握力や背筋、パンチ力や投擲力(物を遠くに投げ飛ばす力)などそこまで求められていないのです。

逃げる犯人を捕まえる体力は持久力なんですから。

入校した最初はみんなファブリーズ臭かった

ちなみに入校した最初のころは洗濯もろくに出来ませんでした。

だから同じカッターシャツや体操服にファブリーズして着回します。

同じクラスの同期の女子が「もうこれは女の匂いじゃないよ」と苦笑いしていましたが、最初はそれだけ切羽つまった生活を送ることになります。

こんな風に書くと警察学校は厳しくて怖そうだと思う方もいるかもしれませんが、卒業してみると楽しかったです。

入校中も給料はもらえますしボーナスも出ます。

なんせ憧れていた警察官なんです。

 

訓練で辛い時もトイレで鏡を見たとき、制服姿の自分を見て元気を取り戻したこともあります。

もしいまこのブログを読んでいて警察官になかなか合格しないで悩んでいる方は、警察学校に入校すればその経験がかなり有利になりますよ。

辛かった受験生時代に較べたら警察学校は本当に楽です。

訓練は辛くても、憧れの警察官になったんですから苦しいことに対して驚くほど耐性がついています。

 

今回は警察学校についてざっくりと説明しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。