消防士への転職と給与、やりがいについて

消防士、転職、給料

ブログ管理人の元警察官・桜井陸です。

今回も警察官から消防士に転職された方の体験談をご紹介いたします。

前回の記事はこちら

消防士、転職、会社員、公務員

消防士への転職について

まず,消防の組織ですが基本市町村が所管です。

隣接市町村に事務委託することもありますが,各市町村が自分の地区を守るのが原則です。

法令上は,県や国と対等な関係です。(自治体消防の原則)

動画でも説明しています。

〇〇市消防本部というような名称です

その他の運営方法として隣接市町村が別組織(事務組合や広域連合)をつくり運営しているところもあります。

例:〇〇地区広域消防本部というような名称の消防が,これに当たります。

ですので,警察は基本都道府県ですが,消防は市町村が責任をもって自分の地区を守るというのがスタンスです。

消防と警察の違い

県と市町村では,規模が違うので,どうしても警察の方が大きな組織になります。

近年,国では,消防の広域化を推進しています。

先に話した職員の専任の問題や予算の問題(消防車や消防装備は結構お高いです。)が解消されるという利点があります。

 

ただ,中々難しいです。警察だと大阪府警と京都府警,兵庫県警が合併するようなもので,課題も多くすぐには進みません

組織的には,消防と警察はこんな違いがありますが,それを踏まえて警察から消防に転職の方にアドバイスです。

1 組織の仕組みを考えよう

警察は都道府県,消防は市町村ですので,どうしても規模が違います。

消防の場合異動があっても,同じ市町村内ですので引っ越しの必要がないのでそれが良いです。警察の異動は合う人と別れなければなりませんが,良い人とも会える可能性があります。

組織が小さいので,人事が硬直する可能性があります。給与は市町村の給与条例で決まります。

消防士、警察官、転職

大都市は別として給与は警察より下がると思ったほうが良いと思います。

また,地方消防だと,動画のとおり専務制がないところが多いです。

ただ,私のように警察から消防に転職した方(機動隊レスキュー経験あり)に聞くと,現場の練度は消防が一番とのことでした

 

機動隊レスキューとして現場に行ったら「なんで警察のレスキューがいるんだ」というような雰囲気だったそうです

機動隊は、集団警備が主ですのでやはり練度が問題です。

ポイント:「組織の体制の違いを理解できますか?」

 

2 なぜ転職したいのか

せっかく受かった警察からなぜ消防にうつりたいのですか?もう一度考えてください。

制服が変わります。警察官ではなくなるのですよ。

移れば仲良くなった同期とも別れますよ。もう捜査はできません犯人も逮捕できませんよ。
私の卒配後の交番勤務の時の事です。

交番の近くの蕎麦屋では交番の警察官ということで,かき揚げ天ぷらをおまけしてくれます。休みで行っても顔を覚えてくれておまけしてくれます。

 

別の所属に移動になった後でも,顔を覚えていてくれてお負けしてくれました。

それは警察官だからです。

警察官を辞めるとこのようなささやかなことも味わえなくなります。

警察官を退職することに後悔はないか?

消防に移りたいを考えるとき,もう一度なぜ警察官になったか思い返して心を整理してみてください。

警察官としてのささやかな幸せは味わえません。それでも平気ですか?

それでも警察官から消防に入りたいのならば、それが真意なのですから・・。

ポイント:「警察官を辞めたことに耐えられますか?やり残したことはありませんか?」

 

転職を考えている方は,この2点をまずは考えてみてください。

消防に入っても苦しいことはあります。

また転職すると,年下の人に使われることになります。雑務もこなさなければなりません。

そのような現実が消防でも待ち構えています。耐えられますか?

 

厳しいことをお話ししましがもう一度考えてください。

これらのことが整理がつけば,進めます。

それでも消防を目指すのであればそれは天命として大きく進んで下さい!!

こんな具合です。

今日は少し難しいことを話しましたが、よろしくお願いします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

・3年間の公務員浪人を経て警察官採用試験に合格。 採用後は同期内最速で刑事課に採用、代表的な出世コースに乗る。 ・交番勤務時代は老若男女問わず地域住民の相談者が絶え間なく幹部から「行列のできる交番」と揶揄される。 ・昇任試験に合格し、自分のやりたかった仕事も完遂して燃え尽き症候群に陥り退職。 ・『警察官になる前に学んだ知識』と『警察官として働いた間に蓄えた経験』をミックスさせた警察官採用試験対策は1年で数十名の合格者を輩出。 現在は民間企業の人事部で採用担当として活躍中。 30代、既婚、大阪市居住。 当サイトの情報をコピーペースト等して二次利用することは固く禁じておりますが、リンクはフリーですので参考になる記事がございましたらご自由にリンクを貼ってください。