僕が巡査長から巡査部長という階級に昇任した理由

階級、警察、巡査長、昇任

リクストリーム管理人の元警察官・桜井陸です。

今日は僕がなぜ巡査という階級から巡査部長になったのかをお話しします。

 

警察の階級というのは当然ほとんどの方が詳しくご存知ないと思うので説明すると

巡査→巡査長→巡査部長→警部補→警部→警視→警視正→ここから上はキャリア職

となります。

巡査長という階級は公のものではない

巡査長というのは公には巡査と同じ扱いです。

どういうことかというと、巡査と巡査部長の間には大きな高い壁があり業務の効率化を図るためにも「巡査長」という役名が与えられるのです。

巡査長は警察官になって数年すればほとんどの人が自動的になれるのです。

 

失礼な例えですが

バイト→バイトリーダー→正社員

で当てはめると、バイトが巡査、バイトリーダーが巡査長、正社員が巡査部長以上に当たります。

 

階級が上がっても仕事ができる、できないという能力は変わりません。

給料もそれほど変化がないというのが現実です。

それでは昇任する意味がないのではと思う方もいるのではないでしょうか。

生涯巡査のままの人もいる

実際に退職まで巡査長のままという人は結構います。

巡査長と巡査部長の間にはかなり高い壁があり、壁を乗り越えるには難関の昇任試験をクリアする必要があり途中で諦めたり昇任意欲がなかったりと人それぞれです。

 

僕は警察官になり、地域課(制服警察官)から刑事課に異動します。

ここはとても楽しいところで絶対に異動したくないという気持ちが強かったです。

警察は昇任すれば必ず異動しなければならないからです。

 

地域課から刑事課に入りスーツを着て働ける環境に変わって、毎日が刺激的でとても楽しかったです。

髪形も自由ですし、仕事が終わればバーでお酒を飲んだりとサラリーマンみたいな生活になりました。

営業みたいに外回りして情報を集めるという刑事ドラマみたいな仕事でした。

巡査では業務水準に限界がある

ただ、どうしても巡査長という役名では仕事に限界があります。

どれだけ頑張ってもある水準を超えると巡査長だからという理由で仕事を任せてもらえなくなるのです。

警察は階級社会ですから考えたらそれも当たり前の話なんですよね。

 

昇任試験に合格できる人はその階級に合った法律知識や経験があるということです。

試験に合格できない人というのはどんな理由をつけても「能力は巡査レベル」とレッテルを貼られるのです

 

そして驚くことに一般人からも階級について指摘を受けて「たかが巡査にくせに」と言われることが増えました。

階級は警察内部のことなのに、一般人と対応することすら階級が壁になり始めたのです。

 

僕はここで昇任することを決めます。

巡査長でいることはもはや自分への甘えだと思ったのです。

昇任試験はかなり勉強しました

試験勉強はかなり頑張りました。

スケジュール表を作り休日は一日に11時間勉強しました。

朝食時間や昼寝時間、風呂時間も全て決めました。

これが昇任試験勉強した時のスケジュール表の一部です。

階級、警察、巡査

少し写りが悪いですが、時間を1時間単位で区切り起床時間から就寝時間まで一日を全て細分化しています。

6時に起きて23時就寝、その間に1コマ1時間の勉強を11コマ入れているわけです。

 

仕事の日は朝5時に起きて2時間勉強して出勤、電車内でも勉強して帰宅したらまた勉強です。

この生活を半年続けました。

大学受験以上に勉強しましたし、同じ時に合格した巡査部長の人は「あれだけ勉強したのは生まれて初めてだ」と言っていました。

 

そしていざ昇任試験を受けると一発で合格します。

これは勉強する上で必要な部分と不必要な部分を見極めて不必要な部分は徹底的に削ぐという効率的な勉強方法を確立したからです。

 

これは警察官採用試験でも同じことが言えますよね。

数的や人文科学などをメインに勉強して、出題頻度が低い科目は勉強しないという効率的な勉強方法です。

昇任したことはプラスになりました

こうして巡査部長になり仕事をしていると、僕はある種の「燃え尽き症候群」となります。

がむしゃらに努力して評価を上げた巡査時代と部下を持ち仕事をした巡査部長時代。

どちらも大切な思い出ですし、僕は昇任していなければまだ警察官を続けていたはずです。

 

警察は階級社会で昇任すれば世界がガラリと変わります。

仕事でも重用されますし部下の指導も任されます。

昇任試験の勉強は本当に大変でしたがいま考えると良い思い出です。

そして昇任試験に付き合ってくれた妻には一番感謝しています。

4 件のコメント

  • いつもブログ楽しく読んでいます。
    勉強時間を1時間おきに区切っていますが、内容も1時間おきに変えているという意味ですか?
    お休みの日は1日11時間勉強と書いてあったので、わたしなんてまだまだたりないです…

    • ブログをご覧になっていただきありがとうございます。
      内容は進捗具合によって変えています。
      飽きるといけないので、スランプ防止のためにも変化をつけると長時間勉強できますよ☆
      勉強は量より質と言われますが、昇任試験にあっては質の良い量をどれだけ産み出せるかが鍵になります。

      • ご多忙の中、コメント返しありがとうございます。
        言葉足らずでしたが、私は警視庁採用試験(行政職)受験者です。桜井さんのブログを読んで、受験勉強の参考にさせていただいています。文書理解は解答選択肢を見ながら、設問を読むというアドバイスは目から鱗でした。さっそく問題集を買って、電車の中や仕事の昼休みに解いています。問題は…数的理解や判断推理なんですよね。畑中敦子の問題集を買って、解くというよりかは解答を見て解き方をへーと思いながら書き写している最中です。最低3回以上は繰り返しやろうと考えています。仕事が終わってから家でやるのは正直眠いし、一回では理解できないんですけど、仕事は違う内容なので時々おもしろいなーと思うことはあります。
        話は変わりますが、あと10歳ぐらい若かったら私も警察官を受験したかったです。桜井さんのブログを読んでいると、すごく警察官になりたくなります笑

        • こちらこそ言葉足らずで申し訳ありません。
          細野さんのことは添削させていただいたので覚えております(笑)
          昇任試験だけでなく、科目数が多い試験の勉強方法について書いたつもりが昇任試験対策みたいになっていましたね(^-^;

          文章理解はセンテンス順に回答が並んでいるのでいきなり全文を読むと時間の無駄になってしまうのです。

          畑中敦子のワニ本は僕も繰り返し解きました。
          頭の体操にもなるので確かに気分転換にもなりそうですね。

          警察官は本当に楽しいですよ☆
          みんなで集まってワイワイしながらトラブルを解決していくので、言い方は良くないかもしれませんがサークル感覚に似たところがありました。
          もちろん仕事は厳しいですが人と話すことが好きなら本当に楽しい仕事です。
          細野さんのようなスキルがある方なら市民だけでなく部下も救いになるでしょうから是非受験していただきたいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。