予備校に行かずに独学で警察官採用試験に合格するには②

警察官、採用試験、独学、専門学校、予備校、合格、勉強方法

ブログ管理人の元警察官・桜井陸です。

前回は予備校に通わずに警察官採用試験に合格する方法を大まかにお話ししました。

今回はもう少し詳しくお話しします。

数的推理と判断推理は最重要

警察官採用試験の一次試験で最も大切なものは数的推理と判断推理です。

これを苦手科目にすると合格は無理です。

警察官採用試験の一次試験はマークシートでどの自治体でも大体が問題数は全50問です。

 

この50問で6割の30問正解できれば合格するので逆に言えば20問は間違っても良いわけです。

そして数的推理・判断推理は10問近く出題されますのでこれを落とすと他の苦手科目を数か月で強化しなければならなくなります。

また他の教科(数学、物理、化学、生物)は出題されても1問や2問程度で年度によっては出題されない可能性もあります。

そのわずか1問のために数か月を費やすことは非常に効率が悪いのです。

 

数的推理はコツが分かればスラスラ解くことができるようになります。

慣れと反復で武器になるのです。

警察官採用試験を受験する予定で独学で合格を目指している方はこの数的推理・判断推理を得意分野にすることが合格の第一条件になります。

社会科学と人文科学も落とせない

次に多く出題されるのが社会科学と人文科学です。

社会科学とは分かりやすくいうと法律や憲法、人文科学は世界史や日本史です。

これは暗記分野ですからひたすら勉強するしかありません。

 

でも出題される内容が基本的に決まっています。

社会科学でしたら選挙制度、基本的人権の適用範囲、制約、裁判所や天皇制、内閣の仕組みがほぼ必ず出題されます。

アメリカの大統領制と議院内閣制の違いや国際政治についても頻出です。

もし独学で勉強している方で政治用語に抵抗があったり、社会科学に自信がない方にはこの本が分かりやすくてお薦めです。

政治のことよくわからないまま社会人になった人へは僕が刑事時代に選挙の仕組みを勉強する必要があったので本屋さんで衝動買いした本なのですが、池上彰さんが独自の語り口で絵を多く使って説明しているのでとても分かりやすく、政治を勉強するにはもってこいの入門書です。

勉強する時にテキストを読んで政治用語アレルギーを起こした方には是非読んでいただきたいです。

 

また民法や刑法も出題が多いです。

経済の問題は金融政策についてよく出題されます。

円高・円安の違い、GDPとGNPの違い、FTAの仕組み、M&Aやカルテル・トラスト・コングロマリット等の意味と違い、ケインズやアダムスミスの思想について勉強する必要があります。

 

円高と円安について間違えやすい内容が

1ドル=100円だったものが翌年には1ドル=90円になった。これは円安である。

というもので、これは間違いです。答えは円高になります。

この円高・円安について内容を変えたものがよく出題されるので特に勉強する必要があります。

 

 

人文科学は日本史、世界史、地理、思想が出題科目です。

日本史は鎌倉時代、室町時代、安土桃山時代、江戸時代が頻出で特に江戸時代は最重要です。

参勤交代や鎖国など歴史的に有名な制度、農民と幕府の関係性、朝廷や天皇の役割は必ず勉強してください。

 

世界史は中国史がほぼ必ず出題されます。

あとは中世ヨーロッパ史も頻出です。

 

地理はヨーロッパの農業を核に勉強してください。

各国の河川や特産物、輸出入品目も頻出です。

 

思想についてはマニアックな思想家はほとんど出ません。

ホッブズ、ロック、ルソー、マルクスは著書や考え方まで絶対に覚えておく必要があります。

(ホッブズ、ロック、ルソーの簡単な覚え方として僕は頭文字をとってホロルと覚えていました。今でも忘れていません。)

マルクスは警察官になってもある意味で重要な思想家です。

 

日本では宗教家を確実に覚えてください。

7大宗祖と言われる最澄、空海、日蓮、法然、親鸞、道元、栄西と各宗派名、業績と寺の場所の組み合わせは頻出問題です。

 

生物に関しては人体の仕組みが多いです。

酵素や臓器の名称と組み合わせはよく出題されます。

文章理解は反復で力がつく

文章理解は英語と現代文でとにかく早く文章を読んで正解する必要があります。

なにせ制限時間も決まっているので5分以内に長文と選択肢を交互に読みながら正解しているものがあれば全文を読まずにマークします。

文章理解は問題数も多いですし慣れたら得点源になります。

 

コツとしては多く問題数を解くことです。

そのためにも文章理解の長文だけが載った参考書を買ってください。

そして文章理解を勉強する曜日を決めて、時間を計りながら実際に解くのです。

参考書に載っている問題数は限りがあり、それを解き終わるとまた新たな参考書を買う必要が出てきます。

(文章理解の問題は一度解くと答えや文章内容を覚えてしまいます。記憶問題ではないので答えを覚えると意味がありません。)

経済的にも勿体ないので週に1日で良いですから文章理解を勉強する日を作り、速読する練習と早く答えを見つける練習をしてください。

 

数学、物理、化学に関しては出題も少なく僕はバリバリの文系だったので捨て科目にしました。

得意科目を増やせば捨て科目を設定できます。

そして出題数の少ない捨て科目に費やす時間を他の得意科目に回せるのでそれだけ正当率も上がるのです。

読者の皆様へ
12月7日から18日まで日本を離れます。
いただいたメールには帰国次第すべて返信しますので少しの間お待ちください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。