警視庁二次試験・面接の質問内容や体力試験について(平成30年1月実施)

警視庁、二次試験、面接、質問内容、体力試験

ブログ管理人の元警察官・桜井陸です。

今回は先日の平成30年1月27日に実施された警視庁の二次試験について読者様から面接の質問内容、体力試験の情報をいただいたのでお知らせします。

以下がいただいた情報です。

 

面接時間は、私の場合は、40分くらいかかりました。

会場は柔道場で就活説明会のブースのような形でした。

他の受験生は30分かからない程度だったらしいです。

私が長かったのは少し喋りすぎだったせいだと思います。少し反省してます。

(なので、大きな声を出すことが大切だと思います。)

 

質問内容

1、会場にどうやって来たか、

2、警察官を志望する理由

3、なんで、〇〇県警じゃなくて警視庁なの?

4、どんな仕事がしたい?いろんな警備に携わりたいって書いてあるけど、一番は地味な地域警察と、派手な警備どっちに興味ある?

5、学生時代の部活動のこと。

6、寮生活とか大変だった?

7、部活動の役職どうだった?

8、学生時代に一番頑張ったことはなんですか?

10、親は警察官のことなんか言ってる?

11、本とかどんなの読む?

10、友人は多い?1番の親友は?名前は?

11、恩師はいる?名前は?

12、新聞読んで来た?一面は?

(読んでいたので、〇〇事件について言いました)

13、〇〇事件についてどう思った?

14、自分の長所は?

15、自分の悪い癖はどこだと思う?

16、今回警視庁落ちたら〇〇県警どうするの?

18、趣味とかストレス発散法とかある?

19、昨年は就職活動どうしてた?警察官は考えなかったの?

20、時事問題2つほど

(すごい難しい内容の時事でした。分からないと堂々と言えるかどうかを見ているのかな?と思いましたので、分からないと言いました。

説明を受けてそれについてどう思うかを聞かれました。)

21、警視庁に要望とかある?

22 今までの警視庁の試験落ちた理由はなんだと思う?

 

・警視庁への要望の質問ですが、アドリブで思ったことを言ったので、その私の回答を書きます。

「要望というか、願いがあります。私の地元は〇〇県です。以下省略(私の志望職種が地域課のお巡りさんなのでそこからブレないように回答しました。)」

と言いました。

 

この回答をする時に面接官が慌ててメモを取るのが見えました。

おそらく、私が答えられると思ってなかったのか、「ありません。」と答える受験生が多いのではないでしょうか。

要望の質問をされる前に、「要望が無ければ無いって言ってください。」と面接官に言われるので、「ありません。」と言ってしまう人が多いのかな?と思いました。

「ありません」と答えても問題はないと思いますが、答えられるなら答えたほうが印象はいいと思います。

 

あともうひとつ気づいたのが、周りはガヤガヤしてて、かなりうるさいです。

面接官の声が小さく正確に聞き取れないことが多々あります。

ちゃんと、もう一度お願いしますと聞き返すことも必要だと思います。

聞く姿勢も少し前傾してちゃんと聞こうとすることも必要なのかな?と思います。

私は「すいませんもう一度お願いします」と聞き返しましたが、面接官は嫌な顔せずちゃんと大きな声で言ってもらえました。

 

体力試験ではとにかくピリッとした雰囲気で、会場に入ったらとにかく急かされます。

短パンを忘れた受験生がいて、その人はパンツでやらされていました。

やはり印象は、よくないですよね。

 

ちゃんと行進できるか一人一人見られるテストもありました。

緊張で、手と足が一緒に出て歩く人がけっこういました。

緊張は仕方ないですが、そういうところは気をつけたほうがいいと思います。

 

内容は関節が動くかの検査、健康状態の聴取、スポーツ歴の質問をされます。

その後に、準備運動、腕立て伏せ30回

(きつそうな感じだと止められます。ちゃんと胸までつけないとカウントされません。私は高校大学で運動していましたが、ゆっくりやるので体重が重いとこれがかなりきついです。柔道部の受験生なども侮らないほうがいいです。)

 

腹筋30秒(これもちゃんとやらないとカウントされません)

反復横飛び20秒

バービーテスト30秒(これも言われた通りの運動をしなければカウントされません)

 

会場のプレッシャーと急の運動で、体調を崩す人が何人かいたので、日頃の運動が、大切かな?と思います。

体力試験は県警は20回でしたが警視庁は30回でした。

私は出来ましたが、半分くらいの人は最後までできてませんでした。

 

 

あとは、とにかく書類作りが大変で、短文テスト(あなたの夢、最近気になること、最近身の回りで起きたこと、世の中について思うこと)などたくさん書きます。

その場で書こうとするとけっこう慌てるので、ある程度用意したほうがいいと思います。

短文テストはメモなどは見れません。

 

あと家族の住所、家族の職場の住所などを書きますので事前に調べてメモしたほうが絶対にいいと思います。

自分の経歴も書きます。大会歴、表彰なども書くので私は願書をコピーして出した大会歴、表彰歴がわかるように用意して見ながら書きました。

私は短文テストもあることがわかっていたので、何を書くのかは自分で記憶して書きました。

(短文テストはメモなどを見ながらかけないので事前に書くことを記憶したほうがいいです。)

 

めちゃくちゃなことを書かないよう、私は自分の志望動機と一貫性のあることを書きたかったので書くことを記憶していきました。

家族の住所などは電話で家族に聞けますが、私は全部事前にメモして書きました。

そうすれば面接などの用意に時間を使えて、心の準備をして臨むことができるからです。

あとはクレペリン検査もありました。

 

 

以上がいただいた情報です。

この方は他府県警も併願している中での受験となりました。

時事についてはかなり難しいようですね。

短文テストなどの書類作成があるので受験前にまとめておきましょう。

 

それと忘れ物だけは注意ですね。

印象も悪いですし自分のモチベーションも下がるからかなり不利です。

とても有益な情報を本当にありがとうございます。

吉報をお待ちしています。

同日に警視庁を受験した方からいただいた情報です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。