UQ WIMAX(W04)契約時の代理店キャッシュバックという甘い罠

UQ WIMAX、W04、キャッシュバック

リクストリーム管理人の元警察官・桜井陸です。

ここでは僕が契約したUQ WIMAX(W04)についてお話しします。

このページはもちろんステマではないのでメリット、デメリットを使用者の消費者目線から説明しています。

それでは回線速度などの専門的な難しい話はせずに「僕が体験した注意するべき話」と「気を付けるべき罠」を簡単に説明します。

そもそもWIMAXってなに?

「ワイマックスってなに?」

僕はここから始まりました。

テレビでも深キョンが紹介してますよね。

ちなみにこんな物です。機種名はW04といいます。

大きさは手の平サイズで軽いです。

この緑色の機械が一体何になるのか。

とても分かりやすく説明します。知っている方は飛ばして下まで行ってもらって構いません。

WIMAXがあればインターネットケーブルをパソコンに繋がなくても使える。

ワイマックスさえあればパソコンでネットするときもいちいちインターネットケーブルを繋がなくても良いのです。

ちなみに僕の家はヤフーのモデムから有線接続していたのでパソコンをするたびに毎回モデムを出してしまう作業が必要でとても不便でした。

しかもADSLだったので恐ろしくネット接続が遅かったのです。

 

参考までに、今回パソコンをエディオンで買った時に無線LANを選んでいると店員さんに「ADSLに対応している無線LANはうちの店にはありませんよ」と言われました。

それがWIMAXに切り替えたきっかけでした。

知らない間に時代は光通信メインに変化していたんですね。

WIMAXがあればスマホも通信量を気にせず使いたい放題

僕はYouTubeが好きでよく見ているのですが、すぐに通信量を超えるのでスマホの通信量を20GBの契約にしていました。

それでもこのWIMAXという小さな機械があればスマホも通信量を気にすることなく使いたい放題です。

外にも持ち運べるので実家に帰った時や電車の中でも使えるという便利さ。感動です。

WIMAXの使い方は難しいのか?

WIMAXの使い方はとても簡単でした。

この小さな箱の中に全て入っています。(大きさの目安で愛読書のハンターハンターを横に置いています)

機械についているボタンを押して起動すればおしまいです。

あとはスマホにWifi設定(勝手にWIMAXの無線電波を使われないように数桁の暗証番号を入力するだけ)すればつなぎ放題になります。

WIMAXを使ってみた感想とメリット

もっと早く契約すればよかったというのが正直な感想です。

スマホもサクサク動画が見れます。

当たり前かもしれませんが、パソコンもネットを見るときはADSLと比べると比較にならないほど速いです。

前はホームページを開くだけで1分ほどかかっていました。)

 

スマホも20ギガの契約(月々6,000円)から5ギガ(月々5,000円)に契約変更したので1,000円得になりました。

そして、auユーザーなら僕が契約したW04という機械を契約すればスマートバリューmineという割引契約に加入できるので、これも1,000円近く割引になるのです。

Au光に契約して無線LANルーターを使うことも考えましたが、やはり持ち運べるWIMAXの方が便利だったと思います。

 

結婚前は実家で無線LANを使っていたのですが、無線と言いながらもルーターは場所をとりますからマンションやハイツではハンドサイズのWIMAXに軍配が上がります。

なのでメリットをまとめると下記の通りになります。

  1. auユーザーなら料金的に得
  2. 持ち運びに便利。手のひらサイズなので家でも置き場所に困らない
  3. 接続も問題ない

WIMAXのデメリット

WIMAXはバッテリーで動く手のひらサイズの機械ですので、ずっと起動させていると勝手に電源がオフになります。大体、10時間くらい付けているとオフになるイメージです。

仕方がない話ですが、ブログを書いていて投稿しようとしたりメールを送ろうとした瞬間に電源がオフになるとバックアップしていない場合、全てが消えてしまいます。(僕はこれを体験しました)

 

電源はスマホと同じコードで充電できるので、バッテリーが減ってきたら充電すればいいだけの話ですが。

それと地域によっては通信が不安定になります。

試しに実家で使ってみると1時間ほど繋げなくなることもありました。

契約では使い放題といいながらも実は通信制限があります。

 

3日で通信量が10GBを超えると制限がかかり遅くなるのです。

でもさすがにそこまでネットを使うわけでもないので神経質になる必要はないと思いますが最初は少し気になりました。

(契約するとき、受付の女性に聞くと「徹夜でYouTubeを見るくらい使用しないと制限はかからないから平気ですよ」と笑って答えてくれました。)

デメリットをまとめると下記になります。

  1. 電源コードを繋がずつけっぱなしにするといきなり電源オフになる
  2. 地域によっては通信が不安定
  3. 通信量に制限がある

結論

持ち運びの便利さ、割引価格を踏まえて僕はWIMAXを推します。

でもAuユーザーでなかったら恩恵が受けられなかったり、ジェイコムの方が安い場合があるのでそこはよく研究する必要があると思います。

これが本題

そして、ここからが本題です。

WIMAXを契約するとき、街にある代理店で契約しようと考えていませんか?

それは数万円の損になります。

なんとネットの代理店で契約するとキャッシュバックがあるのです

キャッシュバックの仕組み

キャッシュバックの仕組みを簡単に説明しますね。

街の代理店にはもちろん店員がいますよね。店舗も構えていなければ店になりません。

その人件費や家賃がネット代理店ではかからないのです。

その分、契約料金が抑えられるというわけでキャッシュバックという美味しいサービスを提供できるのです。

キャッシュバックの甘い罠

それならすぐにネットで契約しよう。

と決断すると痛い目を見ます。

ネットで「WIMAX 契約」と検索すると恐ろしいほどの代理店が出てきます。

 

そしてどれもキャッシュバックキャンペーンを大々的に打ち出しています。

これが罠なのです。

契約条件をみているとキャッシュバックをもらう条件として「契約して10か月後に代理店へ連絡して振り込み口座を指定する。それを過ぎるとキャッシュバックを貰える権利を失う。」などざらにあります。

 

これはどういうことか。

契約者がキャッシュバックを貰い忘れることを想定してるんです。

半年以上もキャッシュバックのことを覚えているような人って意外と少ない思うんですよ。

優良代理店を見つけるまで

中には優良な業者もいて契約するとすぐにキャッシュバック手続きしてくれるところもあります。

僕はネットでめちゃくちゃ探した結果、優良店を見つけたので契約しました。

 

このページを見ている方がWIMAXを契約しても僕には何のメリットも派生しませんし、僕も消費者目線で記事を書いただけなので参考にしてください。

今回WIMAXを契約したことでネットのことだけでなく契約の罠や回線の違いなど色々なことが分かりました。

やはり勉強は大切ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。