白バイ隊員は戦闘機パイロットみたいで格好良い

白バイ、隊員、なりたい、警察、採用試験

管理人の元警察官・桜井陸です。

受験者の中には白バイ隊員になりたいという方も多いのではないでしょうか。

警察官として働いていた約15年間、周りには多くの白バイ隊員がいましたので彼ら、彼女たちと話したことで記憶に残っている話を書きます。

白バイ隊員ってどうやればなれるの?

白バイ隊員というのは交通課に所属している人たちです。

交通課に入るためには普段から交通課に顔を出したり、交通切符も人より沢山切ってアピールする必要があります。

 

ちなみに僕の周囲でも白バイに乗りたいと昔から言っていた後輩や同期が見事白バイ隊員になりました。

これはどちらも女性です。

なので性別は関係なくやる気と熱意があれば白バイ隊員になれるということです。

白バイはカッコいい

特別な訓練を終えて白バイ隊員になると特別なブルーのユニフォームに真っ白のマフラー、ブーツを履いて勤務します。

警察署内でも制服代わりにそのユニフォームを着るので誰が見ても白バイ隊員と分かってカッコいいです。

 

白バイはホンダのCBという機体が主です。

何回かバイクにまたがらせてもらいましたが計器やスイッチが多くて未来の乗り物みたいでした。

 

白バイ隊員の人とも何回かお酒を飲んだことがあるのですが、制服警察官とは違って独特な雰囲気があります。

狙った獲物は逃がさないという侍みたいな感じでした。

 

当時、永遠のゼロという零戦の映画が流行っていて白バイ隊員の人はまさにゼロ戦のパイロットみたいに感じました。

重たいバイクを軽々と手足のように自在に扱い、違反者を見つけると後ろからグングン追い詰めて逃がさないという仕事は戦闘機パイロットと同じで警察の中でも一番攻撃的でカッコいいです。

 

実際に白バイ隊員の男性とお酒を飲んでいたときに僕が

「白バイ隊員の人はパイロットみたいでカッコいいですよね。」

と言うと白バイ隊員の方は照れて謙遜していましたが、職人的な仕事と洗練された見た目、交通課の花形ポジションという立場から人気があるのも納得です。

 

また別の話で、白バイの訓練を終えた後輩に久しぶりに会った時、彼女は真っ黒に日焼けしていました。

そして「訓練は大変だったけど楽しかったですよ!」と笑って話す彼女からは自信が満ちあふれていたので夢を叶えた人間はこんなに変わるんだなと強く感じた瞬間でした。

 

このブログ読者の中でも白バイ隊員になりたいという方がいればきっとその夢はかなうので警察官になっても持ち続けてください。

警察は夢が叶いやすい職場です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。