警察学校は携帯電話(スマホ)没収で教官のパワハラが横行している?

大阪府警、警察学校、教官、厳しい

ブログ管理人の元警察官・桜井陸です。

最近はよく警察学校についてご質問を受けます。

その中でも「警察学校では携帯電話を没収されてプライバシーもなく教官からパワハラを受けるのでしょうか?」という類の問い合わせが多いです。

警察学校はスマホも没収されてプライバシーもない?

教官からの無慈悲なパワハラについてはネットの情報が氾濫しているため、これから入校する方や警察官を目指す方を非常に悩ませる問題となっているようです。

これはとても気になりますよね。

僕が入校したときはここまでネットが発達していなかったので余り気にならなかったのですが、ヤフー知恵袋等で検索すると警察学校はとんでもないところだと書かれています。

パワハラはないが訓練は厳しい

実際のところ携帯電話(スマホ)は教官に預ける自治体もあるそうですが、ほとんどは週末には返してもらえるそうです。

(ちなみに僕の通った学校は夜に限り使用可でした)

そして教官からパワハラなどありませんでしたが厳しい訓練はありました。

恐らく意識の違いだと思うのですが、警察学校に入るときに「警察学校は高校のように勘違いしている人」が想像以上に厳しい訓練を受けてそれをパワハラだと感じて辞めるパターンもあるそうです。

高卒の若者は初めての経験でショックを受ける

特にこれは高校を卒業してすぐに警察学校へ入校した若い人に多いです。

これまで人生で経験していなかったことが多すぎるんですね。

同級生が大学に進学して遊んでいる中、自分は厳しい訓練を受けているという現実。

携帯電話も没収されてYouTubeも見ることができない。

警察官、クレーマー

外の世界は更に厳しい

何よりも今は親や先生からも怒られたことがない人が多いんです。

そういう若者が多いからこそ、教官は演技でも厳しく指導せざるを得ません。

なぜなら外の世界はもっと厳しいからです。

警察学校ではあえて過酷な環境を作っている

警察学校では怒声も飛びますし、あえて過酷な環境を作っています。

でも僕はそれを見てすぐに「これはわざと厳しくしているな」と気付きましたし、他の中途採用で採用された同期もみんな気付いていました。

そして警察学校を卒業して現場にでたときに警察学校よりも過酷な現実を目の当たりにしたのです。

地域課、採用試験、仕事、志望動機、非番

現場で現実の厳しさを知る

通報を受けて現場に行ったとき、ここまで常識を知らない大人がいるのかと何度もカルチャーショックを受けました。

そんな大人と互角に渡り合おうとしたとき、コンビニ店員がクレーマー対応するようなやりかたでは通用しません。

腕に刺青の入った大男が目を剥いて怒鳴ってきたときでも10代の若い警察官は退いてはいけません。

警察官に負けは許されないのです。

だからこそ警察学校で過酷な環境を作って適応力をつけさせるのです。

 

教官はせっかく警察学校に入った未来の警察官をパワハラで無理やり辞めさせることはありません。

むしろ教え子が現場に出た時にショックで辞めないよう教え込んでいるのです。

いま不安で不安で仕方ない人も多いでしょうが心配しないでくださいね。

2 件のコメント

  • 警察官採用試験に合格して、警察学校に入校するまでにやっておいた方がいい事って何かありますか?走り込みなど体力づくりや法科の勉強などは必要ですか?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    ・3年間の公務員浪人を経て警察官採用試験に合格。 採用後は同期内最速で刑事課に採用、代表的な出世コースに乗る。 ・交番勤務時代は老若男女問わず地域住民の相談者が絶え間なく幹部から「行列のできる交番」と揶揄される。 ・昇任試験に合格し、自分のやりたかった仕事も完遂して燃え尽き症候群に陥り退職。 ・『警察官になる前に学んだ知識』と『警察官として働いた間に蓄えた経験』をミックスさせた警察官採用試験対策は1年で数十名の合格者を輩出。 現在は民間企業の人事部で採用担当として活躍中。 30代、既婚、大阪市居住。