採用保留でも警察官採用試験に合格できるのか?

ブログ管理人の元警察官・桜井陸です。

当ブログの合格者様からとても有益な情報をいただいたのでお知らせします。

この方は某県の警察官採用試験の合格発表で「採用保留」という結果を受け取りました。

警察試験の採用保留とは?

合格発表で受け取ったのは採用でもなく不採用でもない「採用保留」。

これはどういう意味なのか。

発表までの2か月間は気が気でなく、どうしようもない時間を過ごされた結果…

採用されました。

警察官採用試験、採用保留、警察試験

 

採用保留とは採用辞退者が出た場合の繰り上げ合格者ということのようですが、警察官採用試験に合格しても併願受験者等が辞退するため空きは必ず出ます。

なので採用保留という通知が来ても落胆することなくまずは落ち着いて結果を待つということが大切なのですね。

採用候補者名簿登載ってどういう意味?

あと合格通知に採用候補者名簿登載と書いている場合も同様に待つしかありません。

ただ名簿登載されるということは上から順に決まっていくので、いずれは自分にも声がかかります。

今まで名簿登載者で声がかからなかった人はいないので安心してください。

採用試験の合格は新しい人生のスタート

待つという行為は神経をすり減らしますし、人生がかかっているので余計に気を遣われたと思います。

なので余計にこの採用は嬉しいですよね。

警察官になることはゴールではありませんが、新しいスタートを始める門出であり今までのライフステージの節目になります。

 

警察学校に入校するまでの間は精一杯遊んで、警察学校を卒業したら親御さんに精一杯親孝行してあげてくださいね。

この度は合格本当におめでとうございます。

続けて【警察学校に入校待ちの方へ】の記事へ

【地域課の警察官になるには?仕事内容とやりがいについて】の記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

・3年間の公務員浪人を経て警察官採用試験に合格。 採用後は同期内最速で刑事課に採用、代表的な出世コースに乗る。 ・交番勤務時代は老若男女問わず地域住民の相談者が絶え間なく幹部から「行列のできる交番」と揶揄される。 ・昇任試験に合格し、自分のやりたかった仕事も完遂して燃え尽き症候群に陥り退職。 ・『警察官になる前に学んだ知識』と『警察官として働いた間に蓄えた経験』をミックスさせた警察官採用試験対策は1年で数十名の合格者を輩出。 現在は民間企業の人事部で採用担当として活躍中。 30代、既婚、大阪市居住。 当サイトの情報をコピーペースト等して二次利用することは固く禁じておりますが、リンクはフリーですので参考になる記事がございましたらご自由にリンクを貼ってください。