警察官は海外旅行も自由ですがバックパッカーはできません

警察官、海外旅行、規則、厳しい

ブログ管理人の元警察官・桜井陸です。

今日はパスポートの更新に行く予定にしています。

警察官時代は自由に海外旅行もできなかったので、退職したら久々に海外に行きたかったんです。

警察官も海外旅行は自由です

よく一般の人に「警察官になると海外旅行にも行けないんでしょ?」と聞かれます。

いえいえ、そんなことないです。警察官でも毎年海外旅行できます。(予算と貯金にもよりますが)

それでも気ままにリュックサックひとつ担いで行くあてもない旅なんてできませんからね。

リュックひとつを持って旅行する人をバックパッカーと呼ぶんですが、僕はバックパック旅行が大好きなんです。

ちなみに今回はここに行く予定です。

海外旅行、警察官、パンガン島、タイ

日本人がほとんどいない島です。

チケットは往復で3万円程で買えましたし、向こうでも特に予定がないので10万円以内で済みそうです。

予定がない海外旅行って一番好きなんです。

朝起きて、行商のリヤカーからフルーツを買って食べながら今日の予定を決めるって最高でしょう?

警察官、海外旅行

日本ではあまり見ることがないフルーツです。

ちなみにヤシの実はそれほど美味しいものではありません。

(味はポカリスエットを薄くしてとろみをつけた感じと表現すれば一番近いかも?)

 

スイカはあっても大好物のミカンはどこにも売っていないので気候が違うんでしょうね。

中でもパイナップルは一番おすすめです。

 

この悠々自適な生活をずっと続けるつもりもありませんが、警察官時代に思い描いていた夢をようやく実現できることに感謝しています。

文句も言わず送り出してくれる妻にも勿論感謝です。

 

大学生時代もバックパック旅行はしていましたが、今回みたいな気持ちで行くのは初めてです。

夕方には暮れる夕日を見ながらビーチサイドのバーでお酒を飲んだり、現地の人と色んな話をして生きていることを実感してこようと思います。

日本語を全く話さない日が続くと非日常性を感じます。

自分が日本という国に属していることや社会性を忘れて生活するって一番のストレス発散だと思うんです。

警察官でも社会主義の国へ旅行できる

警察官だからといって海外旅行を禁止されていたり、生きていることを実感できないほどキツイ仕事ではないということだけは勘違いしないでください。

夫婦で毎年海外に行っている上司はいましたし、某社会主義の国へ旅行した同期もいます。

何でもがんじがらめの組織ではないということです。

 

僕は警察官として働いているときからの夢がいつかまた南の島にバックパック旅行することでした。

さすがに警察官が無計画で海外旅行はできませんからね。

どんな発見があるのか楽しみです。

続けて【仕事のやりがいってなんだろうと考えていると交番から見ていた景色を思い出した】の記事へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

桜井 陸

・就職氷河期時代、3年間の公務員浪人を経て警察官採用試験に合格。 採用後は同期内最速で刑事課に引き抜かれ、代表的な出世コースに乗る。 ・交番勤務時代は老若男女問わず地域住民が交番に訪れ、幹部から「行列のできる交番」と揶揄される。 ・警察官になり昇任試験に合格し、自分のやりたかった仕事も完遂して燃え尽き症候群に陥り退職。 (ちなみにプロフィール写真は巡査部長に昇進したあと、退職前に記念撮影したものです。) ・警察官退職後は某大手企業の人事課に転職、採用担当として活躍。DODAやリクナビ、エン転職など各媒体を駆使して採用率を大幅に向上させる。 ・『警察官になる前に学んだ知識』と『警察官として働いた間に蓄えた経験』『実際に人事課で勤務した経験』をミックスさせた警察官採用試験対策は1年で数十名の合格者を輩出。 ・顔出しなしの講義YouTube動画で異例のチャンネル登録者1万5,000人突破。 ・現在も民間企業の人事部で採用担当として活躍中。40代、既婚、大阪市居住。 当サイトの情報をコピーペースト等して二次利用することは固く禁じておりますが、リンクはフリーですので参考になる記事がございましたらご自由にリンクを貼ってください。