警察官採用試験の適性検査と自己分析について

警察官採用試験、適性検査、二次試験対策、面接対策

ブログ管理人の元警察官・桜井陸です。

今回の記事は適性検査について記載しているのですが、このチェックリストにひとつでも当てはまる方は記事下に設置している無料検査を受験してみてください。

 

警察に限らず大企業は適性検査を重視している

警察官採用試験だけに限らず、大きな企業は入社試験でほぼ確実に適性検査を実施します。

僕は今回の転職活動で上場企業の選考試験を受けるときに何度か適性検査を受験しました。

そして企業からハッキリと言われたのはこの適性検査で合否の判断をするということでした。

適性検査はアンケートではない

たった30分程度の性格診断で何が分かるのかと思うのですが、この試験で受験者の性格がつかめるそうです。

僕は適性検査を実施する企業を受験した場合、警察を含めて不合格になったことはほぼないのですがこれは僕が優秀というわけではなく企業の求めている適正と本人の適正がマッチしていたということです。

適性検査、適性試験、警察官、性格検査

適正検査はただのアンケートではない

つまり企業研究をしっかりしていたというだけに過ぎません。

面接や筆記試験が上手くいったはずなのに不合格だった人というのはもしかしたらこの適性試験でマイナスになっている可能性もあります。

先日の警察官による発砲事件を受けてこれから警察は適性をより重視するでしょうから、警察官採用試験では一次試験よりも二次試験、つまり面接と適正検査が重要になることは間違いないです。

ロールシャッハやクレペリン検査の対策はする必要ないと思いますが性格の適性検査はやってみる価値は大きいです

警察官採用試験、適性検査、二次試験

これから益々二次試験が重要視される

適性検査で落ちるタイプとは

適性検査は「はい」「いいえ」「どちらでもない」をチェックしていく問診票のような検査です。

アンケートのようにも思えるのですが、これはれっきとした試験です。

特に注意したいのが自分を偽ってマークを続けると「回答を操作している」ということがすぐにバレるということです。

性格診断、適性検査、警察官採用試験

例えば控えめな性格の人が「自分は積極的な性格だ」にマークするとします。

そうすると質問で次々に

  • 「集団の中ではリーダーに選出されることが多い」
  • 「休日は家でゆっくりしておきたい」
  • 「行動派だと言われる」
  • 「どちらかというと友人は少ない方だ」
  • 「人前に出るよりも補佐的な役割の方が能力を発揮できるタイプである」

と言葉を変えて性格を特定してくるので、性格を偽るとどこかで綻び(ほころび)が生まれます。

それが「回答操作している」という診断であり「嘘をついている」という診断結果になるのです。

 

適性検査、適性試験、警察官、性格検査

自分を偽ると回答結果に悪影響を与える

大人しくても穏やかでも警察官になることに何ら支障はありません。

でも嘘つきな警察官は決して採用されないのです。

一次試験対策を万全にしてせっかく通過しても適性検査で不合格になるのは腑に落ちませんよね?

 

そこでお薦めしたいのが最大手就職会社が実施しているグッドポイント診断です。

僕は転職活動をしていたときにこの診断結果をスクリーンショットして保存し、面接で自己PRの参考にしていたのですがこれは受験しておいて正解でした。

テストはこのように制限時間が設定されて本番とほとんど同じ問題が出題されます。

警察官採用試験、適性検査

本番の臨場感が無料で味わえる

 

このテストで自分の強みや性格が30分以内に診断できます。

全8568通りという膨大な組み合わせの中から診断されるので確度がかなり高いです。

ちなみに僕はこんな結果でした。

僕の性格をまとめると長所が

  • 独創性
  • 高揚性
  • 挑戦心
  • 悠然
  • 受容力

 

という診断結果になりました。

警察の仕事では受容力や悠然、挑戦心というのは大切ですからこの診断結果は納得です。

本番の試験感覚がつかめる

この検査はまず何よりも無料なのが良いですし、本番さながら制限時間があるので試験の感覚がつかめます。

そしてこの適性検査は本音で回答してもだれにもバレないので自分の性格がどのように診断されるのかを知る最良のツールになります。

適性検査、適性試験、警察官、性格検査

試験に慣れることが試験対策になる

適正試験の項目で「誰にも負けたくない」とか「人に本音を話すと足元をすくわれると思う」という回答に〇をつければどうなるのか、自分はどういった性格をしているのかを客観的に見ると新たな自分が見つかるはずです。

この無料適性検査は本番の試験とほとんど同じ問題が出題されるので、適性検査がどんなものか感覚をつかんでおくだけでも他の受験生と差が付きます。

警察官採用試験、二次試験対策

そしてこの無料診断の優れたところは自分の隠れた長所が分かるのです。

面接で何を自己アピールすれば良いのか分からない方、長所の説明方法が思い浮かばない方も30分で良いアドバイスがもらえます。

 

 

この診断はサイトに登録して実施するのですが、必要なことは

①メールアドレス登録

②名前と生年月日を入力

たったこれだけです。

住所や希望職種などは省いても登録できます。

登録も簡単

この無料適性診断は業界最大手の就職斡旋会社が運営しているので安心ですし、無料会員登録も5分程度で完了します。

メールアドレスと名前、生年月日を入力すれば簡単に登録完了です。

会員費用も不要で、適性検査だけ受験して退会しても全く問題ないので大いに活用してみてください。

 

この検査は自分の隠れた長所や気付かなかった性格を8568通りという膨大な区分の中から分類して診断してくれます。

診断結果はスクリーンショットするかメモをしておいて二次試験に活かしてください。

この記事の一番下に設置してあるリンクをクリックすると

この画面から簡単に登録可能です

↑この画面が表示されますので説明に沿って登録すれば5分以内に無料診断が受験できます。

僕はフリーメールで登録しましたが迷惑メールなども届きませんでしたし、検査だけ受けて簡単に解約できるのでかなりおすすめです。

登録に5分もかける時間がないという方以外は無料二次試験対策として是非受験してみてください。

適性検査ってどういうものなのか、自分はどういう性格なのかがはっきりと分かります。

適正検査、警察試験

自分の長所を短時間で客観的に見つけられる

無料適性検査はこちらをクリックしてください。

(登録は5分以内で終わるので、適正検査を受けたことがない方や自分の長所が見つからず悩んでいる方はこの機会に無料検査を受験してみてください。今まで気づかなかった何かが見つかるかもしれません。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。