警察官採用試験の適性検査と自己分析について

警察官採用試験、適性検査、二次試験対策、面接対策

ブログ管理人の元警察官・桜井陸です。

警察官採用試験だけに限らず、大きな企業は入社試験でほぼ確実に適性検査を実施します。

僕は今回の転職活動で上場企業の選考試験を受けるときに何度か適性検査を受験しました。

警察に限らず大企業は適性検査を重視している

そして企業からハッキリと言われたのはこの適性検査で合否の判断をするということでした。

たった30分程度の性格診断で何が分かるのかと思うのですが、この試験で受験者の大まかな性格がつかめるそうです。

僕は適性検査を実施する企業を受験した場合、警察を含めて不合格になったことはほぼないのですがこれは僕が優秀というわけではなく企業の求めている適正と本人の適正がマッチしていたということです。

 

つまり企業研究をしっかりしていたというだけに過ぎません。

面接や筆記試験が上手くいったはずなのに不合格だった人というのはもしかしたらこの適性試験でマイナスになっている可能性もあります。

 

警察官採用試験、適性検査、二次試験

これから益々二次試験が重要視される

先日の警察官による発砲事件を受けてこれから警察は適性をより重視するでしょうから、警察官採用試験では一次試験よりも二次試験、つまり面接と適正検査が重要になることは間違いないです。

ロールシャッハやクレペリン検査の対策はする必要ないと思いますが性格の適性診断はやってみる価値はあると思います。

 

僕は転職活動をしていたときにリクナビネクストで診断したものをスクリーンショットして保存し、面接で自己PRの参考にしていたのですがこれは試しておいて良かったです。

このテストで自分の強みや性格が30分以内に診断できます。

ちなみに僕はこんな結果でした。

僕の性格をまとめると長所が

  • 独創性
  • 高揚性
  • 挑戦心
  • 悠然
  • 受容力

 

という診断結果になりました。

警察の仕事では受容力や悠然というのは大切ですからこの診断結果は納得です。

本番の試験感覚がつかめる

この検査はまず何よりも無料なのが良いですし、本番さながら制限時間があるので試験の感覚がつかめます。

そして実際の試験では少し自分を盛ったり、作為的な回答をすると思うのですがこの適性検査は本音で回答してもだれにもバレないので自分の性格がどのように診断されるのかを知る最良のツールになります。

適正試験の項目で「誰にも負けたくない」とか「人に本音を話すと足元をすくわれると思う」という回答に〇をつければどうなるのか、自分はどういった性格をしているのかを客観的に見ると新たな自分が見つかるはずです。

 

この性格診断はリクナビネクストに登録して

転職、適性検査、リクナビネクスト、警察官採用試験
トップページ下部のここで診断可能になります。

登録も簡単ですので不安を解消するためにも、本番前の気軽な自己分析で合格率を上げましょう。

リクナビネクストには下のバナーからでもリンク可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。