警察採用試験の二次試験(面接)で不合格になるたった1つの理由とは?

警察官、二次試験、面接、合格、原因、志望動機

管理人の元警察官・桜井陸です

以前から何度もご相談されている女性(佐藤さんと呼びます)からなかなか警察官採用試験に合格できなくて悩んでいますとメールをいただきました。

熱意、やる気は依然誰よりも感じます。

 

メールの文体から「なぜ私が採用されないの?」という声にならない悲痛な叫びすら感じます。

警察試験は2次試験にいくまで色々と試験や検査がありますし、落ちると自分を否定されたようで精神的ダメージが大きいので悔しい気持ちは僕も痛いくらい分かるんです。

採用試験に受からないことは適性がないことではない

佐藤さんの相談内容を見る限り彼女は警察官に向いています。

なぜそういうことがはっきり言えるのかというと、僕は現場でやる気のない新人警察官を多く見てきて「こいつがよく警察官として採用されたなあ」と思うことが度々あったからです。

 

僕が上司という立場から注意しても「はぁ。すいません」と空返事をして改善しない人もいました。

小学生でもできるようなルーティンワークすらも覚えようとせず、言わないと動かない若手もいます。

こういうところが公務員の良いところと悪いところだなあと常々感じていました。

 

逆に佐藤さんは警察官になったらしてみたいこと、行きたい部署がはっきりしていて明日からでも交番で働けそうな勢いです。

それでは何が原因で不合格になるのか。

そこを順番に説明します。

採用試験は熱意が点数化される場所

佐藤さんから相談されたときにメール文全体から警察に対するやる気、熱意を感じました。

偽りない想いはメールという電子文書からも熱く伝わります。

じゃあ採用試験に受からないのはおかしいんじゃないかというのは間違いです。

 

やる気と熱意はメールで伝えられても本番の面接で面接官に伝えることができないと合格することはできないんです。

嫌な話ですが面接では熱意を点数化されます。

自分がどれだけ警察官になりたいという思いがあっても点数として評価されなければ合格しないのです。

 

カラオケと同じですね。

大ファンの歌手がいて誰よりその歌手について詳しくても、実際にカラオケで歌って採点するとファンじゃない人の方が自分より点数が高いことはザラです。

だれにも負けない熱意があることと熱意を伝えるテクニックは別なんです。

佐藤さんが二次試験で提出した面接カード(自己PRや志望動機などを記載する紙)を見ると一目で「これでは厳しいな」と思いました。

自分の良いところを何一つ記載できていないのです。

メールであれほど僕に訴えていた熱意が1パーセントも盛り込まれていません。

本当にもったいないんですよ。

合格するべく人が合格できないこの現実。

一緒に働いてみたいと思わせれば合格する

メールを読んでいて僕まで悔しくなりました。

佐藤さんが僕の部下だったら少年補導や職務質問の仕方、現行犯逮捕した時にどんな書類が必要なのかを教えても喜んで覚えてくれそうです。

今まで出会った部下の中には僕が一生懸命仕事を教えてもメモすらとらない新人もいました。

 

驚く話ですがメモをとるよう指示すると「言われたことはメモを取る」とメモに書いた新人もいます(大卒の成人です)

佐藤さんは以前この記事で僕が書いていたとおり「一緒に働いてみたい人材」だと感じました。

負のループから抜け出すには

佐藤さんの面接カードの何が悪かったのか詳細を書くことはできませんが、簡単に説明するとマイナスになることしか書かれていないのです。

それを面接前に提出するのですからもちろん面接もマイナスからスタートになりますよね。

履歴書などのエントリーシートは他人に見せることがほとんどないので間違いに気づかないまま試験を受け続けることになります。

 

そしてなかなか採用試験に合格できないので「身内に原因があるのでは」と心配になったり、「自分はフリーターだから減点されているのでは」と落ちる要因を他に探すようになります。

これを負のループと呼びます。

でも原因さえはっきりすればこの負のループから抜け出すのは簡単なのです。

不器用な人の特徴

ちなみに警察官採用試験で2回以上不合格になる人は不器用な人が多いです。

警察学校で試験に何回も落ちて採用された同期を何人も見て気付きました。

ちなみに僕も不器用なので採用されるまでに3年間もかかりました。

 

不器用とは仕事ができないというわけではなく、同じことを指示されてもみんなと違ったことをしてしまう傾向があるタイプです。

先生や親から「なんでそんなことをしたの?」と聞かれても自分はこれが正解だと思ってやったことだから原因が分からないんです。

 

器用な人は間違うとすぐに原因を探して二度としないようになりますし、間違う前に指示されたことの意図を見抜く能力に長けています。

不器用な人は指示されても「なぜその指示をされたのか」「自分がなにを求められているのか」ということが分からないので自己流でやってしまい、結果的に間違ってしまうことが多いです。

更に親友や同僚から間違いを指摘されても負けず嫌いだと「自分はこれが正しいと思ってるんだからこれでいいじゃん!」と聞く耳を持たないことも多々あります(これは若い頃の僕にも当てはまります)

 

面接は1発勝負なので器用な人にとって最も向いている競争試験です。

そして不器用な人はコツコツ型が多いので筆記試験に向いています。

一次試験に合格できても二次試験に合格できないというのは上で説明した「不器用型」に多くの人が当てはまります。

不器用な人が現場向きの理由

仕事でも器用型は最初から活躍して注目を集めますが、不器用型は最初こそ評価は低くても尻上がりに活躍することが多いです。

上司や先輩から「あいつ変わったよな」と言われる人はいきなり変わったんじゃなくて、自分でも不器用なことを知っているからコツコツ努力するし負けず嫌いな性格を生かして成り上がる能力があるからなんです。

 

そんな不器用型が面接で好成果を残すにはどうすればいいのかというと人それぞれなので一概には言えませんが、今回の佐藤さんのように原因が分かれば早いです。

志望動機や自己PRは警察試験だけでなく就職活動では根幹の部分です。

そこを上手く表現することができれば合格ラインにグッと近づきます。

原因と結果を知れば面接なんて怖くない

僕は警察官採用試験を受ける前に、LECという予備校で面接練習を受けて面接カードを見てもらいました。

すると講師に「うーん、公務員は〇〇だから△△と書いた方が合ってるんじゃないかな」と自信なく言われて、これは信じたらいけないと思い交番で直接相談したり元面接官をしていた方に相談しました。

 

それだけが勝因ではありませんが、履歴書や面接カードは現場を知っている人や面接が得意な人に見てもらった方が良いです。

自分だけで悩むより、面接に適した人に相談すると「合格するためのエッセンス」が履歴書(面接カード)に凝縮されます。

恥ずかしいかもしれませんが見せるは一時の恥です。

 

何事にも原因と結果はあります。

有名な言葉で「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」という言葉がありますが、不合格の原因を知ると自分でも「あ!これだったら受かるわけないや」とあっさり気付きます。

幸せ探しと同じで答えは意外と身近に落ちているので、不器用型の人は焦ることなく自己流は捨てて色々な人に相談して自分に合った答えを見つけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。