僕がブログを立ち上げた理由とブログのコンセプト


はじめまして。

「リクストリーム」管理人の元警察官・桜井陸です。既婚で30代の男です。

僕は今年の6月(平成29年6月)に年収700万円ほどあった役職付きの警察官という身分をあっさりと捨てることを選びました。

病気をしたり、悪いことをしたわけではありません。

それではなぜ退職したのか。

 

色々なことをお話しする前にまずはここで

1 ブログを立ち上げた理由

2 ブログのコンセプト

を書いていこうと思います。

桜井陸って誰?という方はこちらから

1 ブログを立ち上げた理由

定年を待つだけの人生でいいのだろうかという葛藤

僕は、警察官として約15年間働いてきました。

警察では制服の警察官、刑事課、そして時には交通課で働きトラブルもなく順風満帆な毎日でした。

それがある日、深夜2時ころに一人でバイクに乗り繁華街をパトロールしていた時のことです。

 

信号待ちしているときにふと、「あれ?俺はこのままでいいのかな?」と自分の未来に強く不安を感じたのです。

公務員という身分、そして役職もついていて給料も申し分なく、部下や上司からも好かれていました。

これでどこに不安要素があるのか。

 

それは、自分が30代中盤という若さですでに「定年待ち」をしていることに気が付いたからなのでした

定年まであと30年近くを惰性で生きて満足するのか。

それを何度も自問自答して悩みました。

 

警察官の仕事は昔から僕の夢で憧れであり誇りを持って働ける仕事でした。

とてもやりがいがあって楽しかったです。

それでも定年まであと30年以上この仕事を続けていつか定年を迎えた日、果たして僕は何を考えるんだろう。

 

定年を迎えた日、自分に何が残っているんだろう。

その時にはきっと後悔しか残っていないだろうという結論になりました。

取調室では犯罪者を叱るよりも励ました

僕は今まで多くの人たちを検挙しました。

逮捕だけではなく少年補導、書類送検も数多いです。

そして取調室で僕は被疑者(捕まえた人のこと)に必ずこう話しかけました。

 

「人生は今からだから不安にならなくていいよ。」と。

取調べの警察官に励まされた被疑者はみんな怒られるのを覚悟していたので驚きます。

それでも僕は怒ることよりも更生させたいという気持ちが一番強かったのです。

不良少年とコンビニ前で相撲したこともあります

少年補導をしても不良少年はみんな僕を点数稼ぎの警察官と思って喧嘩を吹っかけてきます。

それでも最後はみんなと打ち解けて、コンビニ前で不良少年と制服姿で相撲をしたこともあります。

 

なぜこんなに仲良くなれたのかというと、深夜にコンビニ前で10人ほどでたむろする少年たち全員の名前や親の仕事まで覚えていたからです。

仕事という観点ではなくもっと仲良くなってもっと良い人生を歩んで欲しいという気持ち伝わると僕を見る目も変わったのです。

未来の警察官を育てたい

警察は検挙こそが仕事です。

検挙ではなく人を育てたい。

人に自分の培ってきた知識を教えて幸せにしたい。

僕がそう考え始めたとき、もはや警察の仕事と僕の意識はかけ離れていました。

 

今の僕にできること。

それは警察官として生きてきた15年間の知識と3年間の公務員浪人で得た知識を伝えることです。

警察官になりたくてもなかなか試験に合格できない人に合格できるコツを伝えたい。

未来の警察官を育てる仕事がしたい。

それが今の一番強い気持ちです。

2 ブログのコンセプト

このブログは主な内容が警察官になりたい人への情報提供とアドバイスです

僕は警察官採用試験を3年間も受験してやっと合格した強者ですから受験者の悩みや辛さがよく分かります。

そして今では一次試験対策や面接対策、志望動機の書き方や自己PRのコツも全て分かります。

なぜなら僕は3年間の公務員浪人を乗り越えた現職の警察官だったから。

なのでここで受験生の悩みを解決するとともに、参考書には書いていない警察官の生の情報を書いて少しでもモチベーションアップにつなげれることができればと思います。

僕はカウンセラーの仕事もしています

サイト内でも書いていますが、僕は警察官という仕事で多くの悩める人に会いました。

自殺未遂する人は日常茶飯事でしたし、身内に重大な危害を加えようとする人、祖父母の年金で生活する若者、恋愛で悩み自分を見失っている人、ギャンブルの泥沼から抜け出せない人、進路に悩む就活生、貧困生活をしているのに詐欺に遭って途方に暮れた人…とても書ききれません。

 

人それぞれ色んな悩みがあり、誰にも同じ解決法はないことに気が付きました。

そして僕は多くの人から悩みを聞いて解決してきたというのが自慢であり財産です。

ただ、警察官という仕事は悩みを解決する仕事ではなく次から次へと事件や事故が入りその人だけに適切なフォローができません。

 

現場でも「桜井さん、楽になってきたのでもう少しだけ話を聞いてもらえますか。」と何度言われたでしょう。

それでも話している途中で無線が入ると現場に行かざるを得ない状況になります。

 

僕は警察官です。

相談を聞いている途中でも街のどこかでは事件が発生していて一人に時間を割いてカウンセリングだけをするわけにはいかなかったのが実情です。

 

僕はいま、警察官を退職してカウンセラーの仕事もしています。

その仕事は全国でも初めてなのですが、

  • 24時間電話で悩みを受け付ける
  • 解決できなかったら相談料はいらない

というものです。

 

僕は目の前で自殺未遂をする人や就活に悩む中年男性、失恋に悩む若者などあらゆる世代や性別の悩みを解決してきました。

そして警察官を退職した今、カウンセラーの先生も知らない現場の経験を活かすことができたのです。

 

なのでこのブログで出会った受験生の方のメンタル的な悩みも解決します。

受験生の方からの精神的なカウンセリングは全て無料ですのでお気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。