警視庁一次試験の論作文(小論文)の模範答案を作成しました

警視庁、論作文、採用試験、テーマ

リクストリーム管理人の元警察官・桜井陸です。

今回は警視庁が採用試験で実際に出題した論作文のテーマに沿って答案を作成します。

前回は地方公務員(神奈川県職員)でしたが書き方に大きな違いはありませんので参考にしてください。

 

ただ警察官という職業上、志望動機等の盛り込み方が一般公務員とは若干異なります

今回も僕は時間を計り、実際に原稿用紙に記載して作成しました。(当然ですが試験では漢字変換ができませんし文字を書く時間、消す時間も試験時間に含まれるため受験生と同条件で答案を作成しました。)

 

小論文の答案内に記載している赤字部分は後で説明します。

【時間】80分   【字数】1000字程度
東京都民が警視庁に対し期待していることについて述べ、警視庁警察官志望者として、その期待にどのように応えるのか具体的に述べよ。

私が志望する警視庁は日本の首都東京を守る警察であり、日本の砦である。

この東京に住む東京都民が警視庁に対し何を期待しているのか。

それは大きく分けて2つあると思う。

1つ目は治安維持、2つ目は地域住民との連携強化である。

まず一つ目の治安維持であるが近年は国際テロが多く発生して各国の治安を脅かす存在になっている。

日本でも2020年に東京オリンピックが開かれることから経済の発展が期待できるとともに治安悪化も懸念されており、その中でもイスラム国やアルカイダ等の国際テロリストはもはや軽視できない存在である。

国会議事堂や原発関連施設といったハードターゲットを狙った犯罪や各国首脳も集まるオリンピック会場という大多数無防備な民間人が集まるソフトターゲットが狙われる可能性も高い。

そういった未曽有の犯罪に対応できる柔軟で強い警察を目指すためにも国内だけでなく国際情勢の変化にも順応することが求められる。

そのためには語学や各国の文化を勉強し、法律以外にも多種方面に精通したスペシャリストとしての警察官が求められているのは間違いない。

また近年は高齢者を狙った特殊詐欺が台頭しており特殊詐欺の認知件数は平成29年8月末で2,117件と前年よりも936件上昇するなど異常な事態となっている。

振り込め詐欺被害が急増した原因として、私は高齢者の犯罪に対する認識不足、そして地域社会と高齢者のつながり不足が問題だと思う。

そのためにも警察は高齢者に対する積極的な広報活動と訪問活動の強化、独居老人世帯の把握が必要であり、地域社会に対しても高齢者への理解と応援を求める姿勢が必要である。

2つ目に挙げた地域住民との連携強化はそういった部分も含んでおり、地域社会で高齢者を見守る体制作り強化して更には非行少年の減少を目的とした地域浄化活動を地域住民と連携して行えばますます住みよい東京になるのは確実であり、そういった姿勢を都民は望んでいるはずである。

また、社会的弱者である子供や高齢者を地域で見守る社会になれば必然的に犯罪抑止につながり、急増している高齢者の事故防止にもつながるのは間違いない。

1300万人を超える東京都民を守る警視庁の警察官として、またこれからの国際化を担う大切な役割を期待されている警察官として、私はその重責性を理解し自分がこれまで培ってきた〇〇を活かして更なる東京の躍進を支える一員として働く所存である。

警察の論文について

40分で完成したので10分見直しました。

文字数は約990文字です。

行政職の小論文と違い、警察はテーマが「治安維持と防犯」と大筋で決まっているので書きやすいです。

 

さて、今回僕が作成した警視庁小論分について文字数は1000文字ということですので試験では最低でも950文字は記載しましょう。

1000文字程度ということなので1050文字程度ならオーバーしても構いません。

字数が足りないとやる気がない、問題提起されても回答する能力がないとみなされます。

論文を作成する上で必要なこと

公務員の小論文テーマを作成するにあたっては新聞やニュースをよく読む必要があります。

時勢、新しい法律の制定、国際行事や国際問題、政治ニュースなど日々変化しています。

それをメモしておくだけでライバルにはかなり差がつくのです。

起承転結について

今回なら「都民が警視庁に期待すること」という設問で

東京の治安→東京の現状→近年の犯罪傾向と対策→志望動機に絡めた結びの言葉

という起承転結がぼんやりと作れます。

 

そこでこれからの東京といえば東京オリンピックですからそこに近年の犯罪傾向など自分の覚えたワードを盛り込めば論文は完成できます。

赤字部分の解説

さて、赤字で抜粋した部分を解説しましょう。

  1. 日本でも2020年に東京オリンピックが開かれる
  2. 国会議事堂や原発関連施設といったハードターゲット
  3. 大多数無防備な民間人が集まるソフトターゲット
  4. 未曽有
  5. 特殊詐欺の認知件数は平成29年8月末で2,117件と前年よりも936件上昇
  6. 高齢者に対する積極的な広報活動と訪問活動の強化、独居老人世帯の把握が必要であり、地域社会に対しても高齢者への理解と応援を求める姿勢が必要
  7. 地域社会で高齢者を見守る体制作りを強化して更には非行少年の減少を目的とした地域浄化活動
  8. 1300万人を超える東京都民
  9. 自分がこれまで培ってきた〇〇

 

1のオリンピックに関しては警察官を受験する人は開催年だけは記憶しておきましょう。

警視庁だけでなく北海道警や沖縄県警、大阪府警の警察官でも東京オリンピックが開催されれば応援に行きます。(実際、私にも声がかかっていました。)

 

ですので最低限の知識は持っておくのが必要です。

僕も念のために試験に出そうな時事ワードは集めておきますね。

 

2、3のソフトターゲット、ハードターゲットという言葉は知っていましたか?

これは受験者でも知らない人がかなり多いでしょう。

なので知っておくだけでポイントアップです。

 

4の未曽有(みぞう)という言葉は警察の論文でどのテーマが出ても色々と使えるので覚えておいて損はない漢字です。

 

5は記憶しておくべき内容です。

どの自治体を受験しても使えるワードなので便利ですし勉強している証明になりますよね。

 

6と7は警察官昇任試験でも使われる言葉警察のお偉いさんが大好きなフレーズです。

これは警察官しか使わない独特の言い回しなので覚えておいて論文に書けばポイントが上がります。

 

8は警視庁を受験するなら必須で覚える部分ですね。

 

9は自己アピールです。

例えば柔道や剣道をしていたならそれを書けばいいですし、語学でも構いません。

培ったものがないならどうすれば良いんですかという方には、試験前に自己アピールを探しておくことを強くお勧めします。

運動や勉強以外にもボランティアをしたりバイト先で店を任されて責任感が強いとか書ける要素はありませんか?

それでも見つからないという方は私に相談してきてください。

警察官と論作文

論作文は定められた字数を守り、時間内に文章を構成する能力を見られる試験です。

とくに警察官は文を書くことが仕事なので文章構成能力を重要視されます。

それ以外にも警察試験は独特な視点で採点しているのですがそれはまた次回に書きましょう。

参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。