警察官志望者の方からよく受ける講座へのご質問について

警察官採用試験、警察浪人、公務員試験

ブログ管理人の元警察官・桜井陸です。

よくいただくご質問『添削講座って何ですか?」にお答えします。

私はこのブログで論作文や志望動機、自己PRの添削等を個別に希望される方には「警察学校入校講座」という講座で個人的に受験指導しています。

添削だけの講座ではありません

講座を開設してから現在までの間に多くの方が受講されてきたのですが、中には添削を希望される方だけでなく悩み相談のみをご希望される方もおられます。

【受講生の合格体験記】はこちら

確かに警察の試験は特殊ですから受験するにあたって悩むことも多いでしょうし、その疑問や不安を解消してくれる人もなかなか見つからないので余計に心細くなるはずだと思います。

警察学校、警察採用試験、公務員試験

どんなご相談も喜んでお伺いします

最近はメールで「講座に入会すれば受験の相談以外も乗ってもらえますか?」と聞かれることも多いのですが、受講生の方の不安を解消して合格により早く導くことが目的の講座ですからいつでも何度でもご相談に乗ります。

警察官時代は多くの市民から相談を受けて解決してきたのでお任せください。

 

またブログ卒業生が警察学校入校中、そして現場に出た際に誰にも相談できない悩みを抱えた時は連絡いただければ完全保秘で個人的に相談に乗ります。

苦労して警察官になったのですから辞職する前や最悪な選択肢を選ぶ前に私なりの最適なアドバイスをお送りします。
(特にプライベートで同期や上司等に話せない悩みが出ると思われます)

実際に今でも多くの現役の警察官から仕事の悩みを受けており、上司との人間関係や仕事の悩みなど様々なことをお聞きしています。

面接カード、添削

私は警察官として約15年間勤務し、普通の警察官が勤務できない部署に入ることもできました。

これは上層部が求めているものを日々研究して地道にPRした結果です。

警察官になることがゴールではなく警察官になってからも何がしたいのかを常に考え、現場でも実践し続けて理想のポジションに落ち着くことができました。

現在は転職して人事課の採用担当として働いており、このような経歴を持つ元警察官は恐らくいないと思います。

面接対策の問題点

面接対策をしている面接官役の人の多くは実際に面接官をしたことがないので、お互いが手探りの面接になることは多くあります。

面接練習をしていて何が正しいのか分からなくなり、面接官役の方と相談しながら模擬面接をしたことがある人も多いはずです。

(原因を下の動画で詳しく説明しています)

予備校では警察官採用試験を受験したことがない人が講師をして、模擬面接官役の人は実際に面接官をしたことがない。

この矛盾が公務員試験対策の現状です。

不安になって検索すると情報が入り乱れて余計に不安に陥る。このパターンが非常に多いのです。

警察官採用試験、身辺調査

元警察官といっても様々ですから、高校を卒業してストレートで警察官になり2年で早期退職しても元警察官ですし、大学を卒業して民間会社から転職して警察官になり部下を持ち15年勤務して辞めても同じ元警察官です。

警察官時代に何を学んでこれまでの人生で何を培い、それをどのように生かせるのかを試行錯誤して僕はこのブログやYouTubeを開設しました。

元警察官としてこれまで多くの受講生を合格に導いた実績は僕のこれまで学んだことが間違いではなかったことの証明であると自負しています。

よくいただくご質問について

質問者
せっかく合格者が多いのになぜ合格者数を公開しないんですか?
全ての合格者を発表しない理由については不合格者にも配意したサイト運営にしているからです。

私自身も予備校に通いつつ3年も公務員浪人を経験してきて、予備校が発表する合格者数を知ると孤独感と焦りを感じました。

特に合格実績などはやろうと思えばいくらでも捏造できるわけですから、むしろこれまでユーチューブに寄せられた合格コメントを見ていただければ数も想像できるかと思います。 

質問者
予備校と桜井さんの講座の違いは何ですか?
予備校の講師が決して知り得ないことを交えてレッスンすることで警察が求める人材に近づける点が大きな差です。
質問者
講座はいつまで受講できるんですか?受講期限はありますか?
合格するまでメール相談可能なので期限はありません。添削についても期限は決まっていないのでご自身のペースで勉強が可能です。
質問者
ユーチューブの声が好きです。
ありがとうございます。

 

これまで講座で見てきた方の中には自衛隊員の方や元消防士、元警察官から保母さん、ボクサー、女子アスリート選手、整体師さんなど一般の会社員だけでなく様々な方がいらっしゃいます。

このように警察官採用試験を受験する方は十人十色の人生を歩み、平坦な道を歩んできた方ばかりではないので指導方法や改善点も個別対応することを求められます。

 

警察がどのような人材を求めているか、NGな人材なのか。

それを個別に打ち合わせして面接までにマイナス面を少しでも減らして受験に臨むための講座が私が開講している「警察学校入校講座」です。

色々な角度から試験対策のご提案が可能ですので公務員予備校では満足できない方、何が必要なのか分からない方、合格までのアドバイザーが必要な方には最適な講座となります。

【講座の案内はこちらをクリック】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

・3年間の公務員浪人を経て警察官採用試験に合格。 採用後は同期内最速で刑事課に採用、代表的な出世コースに乗る。 ・交番勤務時代は老若男女問わず地域住民の相談者が絶え間なく幹部から「行列のできる交番」と揶揄される。 ・昇任試験に合格し、自分のやりたかった仕事も完遂して燃え尽き症候群に陥り退職。 ・『警察官になる前に学んだ知識』と『警察官として働いた間に蓄えた経験』をミックスさせた警察官採用試験対策は1年で数十名の合格者を輩出。 現在は民間企業の人事部で採用担当として活躍中。 30代、既婚、大阪市居住。 当サイトの情報をコピーペースト等して二次利用することは固く禁じておりますが、リンクはフリーですので参考になる記事がございましたらご自由にリンクを貼ってください。