警察官採用試験で高得点がとれる小論文(論作文)の書き方

ブログ管理人の元警察官・桜井陸です。

今日は警察官採用試験の論作文(小論文)について改めて正しい書き方を説明します。警察官採用試験の一次試験で高卒・大卒区分関係なく必ず記載する論作文ですが何が正しいのか分からず、とにかく文字数だけを埋めるために書いている人は意外と多く、受験生を悩ませる一因になっているのです。

警察官採用試験の論作文を正しく書く方法

この論作文は警察官採用試験のみならず公務員試験においてほぼ必須科目となっているため、文章を書くのが苦手な人は苦痛だと思います。特に『自分の文章が採用試験で採点される』という経験をほとんどの人は経験したことがないため、正解も分からず不安を抱えている方も多いでしょう。

警察官採用試験の作文

僕はサラリーマン時代にコピーライターを経験して書くことの基本と人に訴えかける表現力を学びました。そして警察官になり、今度は階級を上げる昇任試験に合格して『警察幹部が求める文章の書き方』を知りました。

この2つの経験から訴求力の高い文章の書き方と信用性を高める表現力、更には公務員として公文書を書く際に求められる正確かつ端的で分かりやすい文章能力を身に付けることができたのです。

 

そして先日、講座受講生のAさんから嬉しい報告をいただきました。

Aさんは僕の講座で論作文を何度も何度も繰り返し練習しました。そして公務員予備校の模擬テストを受験したところ、このようなテストの結果だったのです。掲載する許可をいただいたので公開いたします。

警察官、試験、小論文 警察官、テスト、論文

特定される部分についてはモザイク処理をしていますが、91点という高得点をマークすることができました。ここで注目する部分は予備校講師からの総評として『結論を冒頭で説明してください』と1つだけマイナス評価されているのみで、後は『必要な論点が全て盛り込まれています。警察官としての業務体験に基づく具体的な論述が展開されています』と高く評価されています。

ここで僕が言いたいのは『僕の教えがすごい』ということではなく、『セオリー通りに文章を作成すれば警察幹部以外からでも高評価をもらえる』ということです。

警察の小論文試験で大切なこと

文章というものは人によって書き方に好き嫌いがあるため、この講師は冒頭に結論を書くように指摘しました。ただそれでも他に大きな注意点はなく91点という高い点数つけて評価したのです。

関連記事警視庁一次試験の論作文(小論文)の模範答案を作成しました

これまで説明したように論作文は書き方があります。それは型として身に付ければ採用試験でも昇任試験でも、警察官以外の一般人が読んでも高く評価してもらうことが可能です。なお、論文や小論文にはセオリーがあり

①起承転結で全体を構成する

②具体的な事例や問題点の列挙

③改善点の明示

④経験談に沿った具体的提案と自己アピール

⑤自治体の取り組みに則した前向きな意見と抱負

この5つを守れば基本的に外すことはありません。ちなみに僕は転職するときにもアラフォーながら大手企業から多くのオファーをいただくことができたのですが、その理由は訴求力を身に付けていたからです。エントリーシートでも職務経歴書でも読んだ人に僕の印象を具体的に訴えかける書き方と会いたくなるような表現を散りばめることを意識したからです。

 

世間では公務員は転職に不利と言われていますが、それは大間違いです。相手が求めていることを正確に把握し、求められていることに対して端的に分かりやすく回答するだけで高評価してもらえるのです。

 

文章力というのは書けば書くほど上達します。書き方の分からない人は文章が上手い人を真似するのも良いでしょう。特に警察官採用試験では受験する自治体について研究する必要があるのですが、論作文で自治体の取り組みや問題点を難なく書くことができれば面接でも回答に困ることは少なくなります。

つまり、論作文は面接での台本作りと考えれば面接対策にもつながるのです。文字数だけを埋める論作文ではなく、起承転結を守り採用側の採点者が読んで納得する構成を心掛けてみてください。

続けて【面接の最後にある逆質問の答え方について】の記事へ

6 件のコメント

  • この度は誠にありがとうございます。

    桜井先生には、講座を通して暖かく的確な御指導を頂いているだけではなく、こちらのブログ記事の方でも、沢山の学びとやる気を頂いております。
    この場をお借りしてお礼を申し上げます。

    本番に向けて、より一層励んでまいりますので今後とも宜しくお願い致します。

    • この記事の体験談の提供だけでなく、コメントまでいただきありがとうございます。
      合格を目指してあともうひと踏ん張り、ゴールまで一緒に駆け抜けましょう。何かご相談等あればいつでもご連絡下さい。

  • 質問です、縁もゆかりもない県警を受ける場合、選んだ理由はどうしたらよいでしょうか?
    組織研究をしたとき、語学研修制度に惹かれたのでそう選びましたとではだめでしょうか?

    • 縁もゆかりもない自治体を受ける理由は貴方にしか分からないので、まずはその理由を掘り下げて下さい。適当に受験先を決めたのではなくその自治体で働きたいと思ったからこそ受験したのであり、その理由こそが志望動機になります。
      いつも説明しているように付け焼き刃はすぐ見抜かれますので、慎重かつ真剣に取り組んで下さい。

  • お忙しい中、失礼します。
    面接時におけるスーツですが、黒の無地と黒の薄いストライプを持っています。
    ストライプは着用しない方が賢明でしょうか?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    桜井 陸

    ・就職氷河期時代、3年間の公務員浪人を経て警察官採用試験に合格。 採用後は同期内最速で刑事課に引き抜かれ、代表的な出世コースに乗る。 ・交番勤務時代は老若男女問わず地域住民が交番に訪れ、幹部から「行列のできる交番」と揶揄される。 ・警察官になり昇任試験に合格し、自分のやりたかった仕事も完遂して燃え尽き症候群に陥り退職。 (ちなみにプロフィール写真は巡査部長に昇進したあと、退職前に記念撮影したものです。) ・警察官退職後は某大手企業の人事課に転職、採用担当として活躍。DODAやリクナビ、エン転職など各媒体を駆使して採用率を大幅に向上させる。 ・『警察官になる前に学んだ知識』と『警察官として働いた間に蓄えた経験』『実際に人事課で勤務した経験』をミックスさせた警察官採用試験対策は1年で数十名の合格者を輩出。 ・顔出しなしの講義YouTube動画で異例のチャンネル登録者1万5,000人突破。 ・現在も民間企業の人事部で採用担当として活躍中。40代、既婚、大阪市居住。 当サイトの情報をコピーペースト等して二次利用することは固く禁じておりますが、リンクはフリーですので参考になる記事がございましたらご自由にリンクを貼ってください。