警察官採用試験の二次試験で有利な特技や資格は?

二次試験、警察官、採用試験、有利、特技、資格、言語

管理人の元警察官・桜井陸です。

今回は警察官になるのに持っていれば有利になる資格や特技を説明します。

剣道や柔道の有段者はもちろん優遇されるし優位なんですが他にも色々とあるんです。

ペンは剣より強い

武道よりも優遇されるものはずばり言語です。

まずは英語ですね。

TOEICや英検を取得すれば優位です。

加点になるし警察官になっても重宝してもらえます。

ロシア語やスペイン語、中国語などは需要が高い

そしてスペイン語やロシア語、中国語、韓国語はこれから需要がますます拡大するので話せる方は強みになりますし、大学生で警察官になりたい方は勉強すれば今からでも十分に身に付きます。

韓国語は母音の構成も日本語と似ているので覚えやすいです。

警察官の仕事をしていても上の5語(英語、スペイン語、ロシア語、中国語、韓国語)を話す外国人と多く出会いました。

中国語を話せる警察官はほとんどが北京語でしたが、僕は閩語(福建語)ができると強いと感じました。

マイナー言語こそが武器

マイナーな言語でもモンゴル語やウルドゥー語、タガログ語、インドネシア語などが話すことができればかなり強いです。

モンゴル人なんて日本にいるのかと思われがちですが、モンゴル人の犯罪は何回もありました。

タガログ語はフィリピンの言葉なのですがフィリピン人は日本でも多いので接触する機会は非常に沢山あります。

 

そしてインドネシア語が話せると警察官になって恐ろしく重宝されるのは間違いないです。

理由は伏せますが、もしあなたがインドネシア語を話せるのなら警察官になるのにとてつもなく優位だと思ってください。

面接でもその部分を自己PRで話してもらえば加点以外に考慮してもらえるはずです。

インドネシア語が日常会話レベルで話せれば商社に就職する方が多いかもしれませんが、ビジネスクラスで話せる自信がなくても軽い日常会話が話せるなら胸を張れます。

国際化を見据えた警察官

2020年には東京オリンピックが開かれます。

そこでは多国籍の人種が訪れるわけですが通訳ばかりを雇うわけにもいかず、これからの国際化を支えるためにも外国語が話せる警察官を重視して採用することは間違いありません。

英語で質問されたときに道案内ができるのは当然で、日本の独特の習慣を外国語で伝える会話能力も求められます。

特に警視庁を目指す人で外国語が話せるならかなり強みになると思ってください。

警察官をしていると外国人に会うことが増えます。

通報現場に行くと聞いたこともない言語を話す背の高い外国人に出くわすこともあります。

日本語が話せるのにわざと母国語で話す外国人もザラです。

そんなときに相手の話す言語が分かる警察官は大いに重用されます。

外国人も自国語を話す日本人の警察官を見て目を真ん丸にすることはありますし、被害者や落とし物をして困っている外国人はこちらが母国語を話してあげるとホッとした顔になります。

 

外国語を勉強することは今後の警察人生のみならず自分の生き方の幅が広がるので興味ある方は色々な言語を調べて勉強してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。