消防士や救急隊、レスキューを目指す人が知っておきたい採用試験や訓練

消防士、採用試験、訓練、救急隊

ブログ管理人の元警察官・桜井陸です。

このブログ「リクストリーム」の読者さんからいつも様々なご相談や質問を受けるのですが、ご職業や年齢も十人十色でとても興味深く思います。

時には現役警察官から仕事の相談を受けることもありますし、先日はLAPD(ロス市警)の女性警察官からもメールをいただきました。

 

その中でも消防士さんからメールでご相談を受けたときに僕もお仕事にとても興味があったので質問させていただきました。

市販の本や予備校では絶対に聞くことができない消防士のデメリット、やりがいなどを本音で教えていただいたのでここでご紹介させていただきますね。(内容は全て許可をいただいております)

消防士、デメリット、やりがい、訓練

消防士はいつも子供の憧れだ

現役消防士が本音で語る消防の仕事について

・消防士になって良かったなと思うこと

やはり感謝されることは普通の仕事より多いと思 います。「ありがとう」って言ってもらえた時はやっていて良かったなって思います。

あとは、消防というのは24時間基本的に署にいます。仕事というよりはチームで生活する感覚に近いです。

なので、料理等もしますし、身の回りのことは大抵できるようになったので、良かったです。

 

・いざ消防士になってみると受験前の想像と違って残念な点やがっかりした部分

思ってた以上に違うというのは結構あります。

消防は基本的に待機している仕事なので、災害等が無ければ、一日署にいるということも多々あります。

所属や本署、出張所によっても差があるのですが、基本的に交替制(現場に行く人)は暇なことが多いです。

 

なのでその間を利用して、昼は訓練をしたり、自分達のご飯を作ったり、夜は事務をしたりしています。上にも挙げたように、何もなければ一日何もすることがないという職場なので、その埋め合わせの為に、年にいくつか審査会や効果測定みたいのがあります。

消防活動で他の署とタイムを競ったり、署長の前で効果確認をおこなったりします。

よくロープを渡ったり、壁を登ったりするイメージがあると思いますが、救助大会といって運動会みたいのをやっていて、それも審査会の一つです。

なので訓練といっても、現場を想定してというよりは、審査会の為の訓練というほうが近いかもしれません。

これを、現場に行く職員は毎年毎年やることになるので、正直マンネリ化することが多く、モチベーション維持も厳しいです。

他にも色々ありますが、こんな感じです。

 

・仕事のやりがい(本音で)

やりがいというのも所属や係、環境によって違うと思うのですが、もちろん災害や救急の現場に行って助けられた時にやりがいを感じます。

ただ、上司の中にはやる気もなく、一日中テレビや携帯をいじってる人もいます。

そういう人達と仕事をしているとモチベーションが下がる時はあります。

災害は無い方がいいのですが、無ければ無いで審査会の為の訓練をやったり、車両整備をしていたりと、あまりやりがいを感じない時も多いです。

もちろん、レスキューや救急を目指す為に勉強して訓練してそこにやりがいを持ってる人も沢山います。

 

・救急隊員やレスキュー隊員になるのは難しいのか

消防本部によっても違うと思うのですが、うちの本部は全て資格社会なので、救急隊やレスキュー隊になる為には選抜試験を受けなくてはいけません。

特にレスキューは人気な資格なので、本当に努力した人でないとなるのは難しいです。

ただレスキュー隊はとても厳しい世界です。うちの本部でも少なからずパワハラ等のハラスメントがあるのですが、そういった問題の8割くらいはレスキュー隊やレスキュー資格を持ってる人が絡んでいます。

なので、せっかく資格を取得しレスキュー隊員になっても厳しさのあまり、レスキュー隊から降りてします人もいます。

 

・消防士に向いていない人はどのような人か?

消防は本当に体育会系の社会なので、体育会系に慣れてない人は向いてないと思います。

挨拶はもちろん、報連相ができない人は相手にされなくなってしまいます。

あとは忙しくガツガツ働きたいという人も合わないかもしれません。

もちろん救急は忙しいですが、訓練等が無ければ何もしないで終わるということもあるので、ダラダラ働きたいという人には向いてるかもしれません。

・消防を目指す人へ

上に書いたこと以外にも色々あり、これが現実なのですが、やはりやりがいのある仕事だと思っています。

なくてはならない仕事だし、これは消防も警察も同じだと思います。

自分も厳しい世界だけど、やりがいを持って楽しく働いてました。

 

ただ、色々きっかけがあり警察を目指すようになったけど、要は目標を持って一生懸命取り組めるかどうかだと思います。

これから目指す人にも目標を持って消防を目指してもらえたらなと思います。

具体的に試験については、学科試験も大切だけど、一番は論文と面接です。

私自身、学科は失敗してあまり良い点とれなかったけど、論文と面接練習はけっこうやっていたので、落ち着いて取り組めました。

論文と面接次第では逆転も全然可能なので、最後まで諦めないで頑張って下さい!ちなみに同期の殆どが同じこと言ってました!

 

いかがでしょうか?

消防士さんの知らない一面が見れて僕的にはとても楽しく、興味深かったです。

色々な職業がありますがなかなか深い部分を知ることができないので、今後もこういったお仕事のお話しも載せていきたいなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。