警視庁一次試験(数的処理・判断推理)の過去問を解説します

警視庁、試験、警察、数的

リクストリームの管理人、元警察官の桜井陸です。

警視庁の二次試験が10月7日、8日に行われたようですね。

体力試験など色々とお疲れさまでした。

今回は警視庁の一次試験の過去問題を使って簡単で早く解ける方法をここで説明しようと思います。

もし一次試験で落ちてしまった方やこれから受験される方がいれば参考にしてください。

これは判断推理と言ってクイズみたいな試験です。

これが解けなければ一次試験に合格することは難しいのでぜひトライしてみてください。

警察官受験者以外の方も頭の体操でトライしてみてください。

判断推理

これから問題を1問だけ出します。

この問題を3分以内に回答してください。

それではいきます。

 

【問】

A~Gの7人は赤と白のボールどちらでも好きな色のボールを1個だけ取ったところ、赤のボールを取った人は3人、白のボールを取った人は4人となった。

ここで以下のことが分かっているとき、確実に言えることとして最も妥当なのは次の(1)~(5)のうちどれか。

・A、B、C、Dの4人の中で赤のボールを持っている人は2人いる。

・A、C、E、Gの4人の中で赤のボールを持っている人は2人いる。

・B、C、D、Fの4人の中で赤のボールを持っている人は1人いる。

 

(1) AとBは2人とも赤のボールを持っている。

(2) BとDの2人のうち、どちらかが赤のボールを持っている。

(3) CとDの2人のうち、どちらかが赤のボールを持っている。

(4) EとFは2人とも白のボールを持っている。

(5) AとGの2人のうち、どちらかが白のボールを持っている。        (一部改訂)

 

回答と解説

どうでしょうか?

解けましたか?

本番ではこの問題を3分で解く必要があります。

ちなみに正答は(2)になります。

これから解説しますので解けた方は参考で見ていてください。

詳しい解説

問題が解けなかった方、3分以上時間がかかった方はどうやって解きましたか?

ちょっとしたコツを覚えれば3分で解けるようになるので下記の図を使って説明します。

ちょっと字は汚いですが僕が実際に解いてみました。

 

警視庁、一次試験、採用

 

それでは解説しますね。

まず紙に登場人物のA~Gとボールの種類、数を全て書き出します。

次に設問に書いてあるとおり

ABCD 赤2

ACEG 赤2

BCDF 赤1

と書きます。

こうすれば条件が分かりやすいですよね。

次にフリーハンドで汚くてもいいので早く図を書きます。

 

さて、設問の条件を見ると

ABCD 赤2

BCDF 赤1

となっていますよね?

これはBCDのいずれかが赤という意味なので逆に考えるとFは絶対に白という意味です。

なので先ほどの図にFは白と書きます。

そしてBが赤の場合、Cが赤の場合、Dが赤の場合と順番に書いていきます。

 

そして問題を順番に当てはめていくと

(1) AとBは2人とも赤のボールを持っている。

Bが白を持っている場合があります。

(2) BとDの2人のうち、どちらかが赤のボールを持っている。

は問題のとおりどちらかが赤と白を持っている場合が図の通り分かります。

(3) CとDの2人のうち、どちらかが赤のボールを持っている。

CとDの両方が白を持っている場合があります。

(4) EとFは2人とも白のボールを持っている。

Eのボールが不明です。

(5) AとGの2人のうち、どちらかが白のボールを持っている。

Gのボールが不明です。

よってこれは(2)が正解となります。

 

コツは「ABCDとBCDFがポイント」だと気付くことと、「図を書くという閃き」です。

そして最も大切なことは(2)が答えだと分かった時点でそれ以上問題を解くことを止めて次の問題に移ることです。

警視庁の試験は120分で50問出題されます。

つまり単純に計算して1問2分40秒で解く必要があるということです。

試験時は時計を見ながら問題を解く必要があるのですが、あまりにも時間をかけると非常にもったいないので、もし分からない場合は諦めて次の問題に移りましょう。

最後に時間が余れば再度トライすれば良いのです。

一次試験の解説をしているサイトがないのでまた色々な問題をご紹介しますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。