警察試験が不合格だった方へ

ブログ管理人の元警察官・桜井陸です。

最近は警察官採用試験を受験された方から多くの合格報告をいただく一方で残念な結果だった方からご相談もいただきます。

その中で「自分は熱意を伝えたはずなのに不合格になったのは警察官の適正がないということでしょうか?」という内容も多いので、今回は警察試験に合格した方から一番多かった声を説明します。

公務員試験に有利なタイプ

まず公務員試験は器用な人が有利です。

僕の同期でも不器用な人は公務員浪人していました。

失礼な話ですが、僕も含めて警察官採用試験に不合格だった方は不器用な人が多いと思うのです。

不器用だけれど頑固で自分の考え方を変えない、でも本当は臆病で変化を強く恐れる部分はありませんか?

警察の面接試験に自信がない場合は

そして警察官採用試験に受かるか自信がない方、二次試験の面接が不安な方は僕が作ったYouTube動画を何度も視聴してみてください。

合格した人は繰り返し見て必要なところをチョイスして刷り込むように覚えています。

僕はこのYouTube動画を公務員浪人した当時の自分自身に向けて作っています。

あの頃、どうしても警察警察官採用試験に合格できなかった自分が欲しかった情報を凝縮して配信しているんです。

つまり最短で合格するための方法だけを流しています。

 

そして名言や自己啓発がなぜ効果が薄いのかというと、聞いたとき自己啓発を受けたときは気分が高揚して覚えた気分になっても時間が経つにつれて忘れてしまうんです。

YouTubeでも参考になった動画を1週間もしたら内容をほとんど忘れてしまうでしょう?

 

人間は忘れていく生き物です。

だからこそ動画でも本でも繰り返し繰り返し何度も見て、記憶に残す必要があるのです。

4 件のコメント

  • 初めまして 大学四回生です。
    いつも動画見て参考にしています。
    地元の愛媛県警の任命権者試験(個別面接と集団討論)で不採用になりました。
    二次試験の順位は87人中46位で採用予定数に入っていました。
    他の人は、面接官が穏やかだったらしいのですが、私の時には面接シートのあら探しや私を否定するような発言をされました。そこから、面接の受け答えもいつもどうりにはいかず、納得できるような返答ができませんでした。なぜ、私にだけ当たりが強いのかわかりません。
    どうしても警察官になりたいので併願はしています。
    まだ、大阪府警と徳島県警の二次試験の合否を待っていますが不安です。

    • 可能性的には二次試験で面接官と相性が良かったのが任命権者の面接で覆された可能性もあります。
      警察学校でも集団生活は大丈夫か等の質問はありませんでしたか?
      二次面接の回答内容や印象は記録されていますので、特に二次面接がうまくいったという心の隙もあったでしょうから
      弱点を突っ込まれて回答に窮したのだと思われます。
      何を質問されるかを予想して答えを予め用意しておくことは大切なので参考にしてください。
      大阪と徳島県警の吉報をお待ちしています。

  • 神奈川県警察の受験生です。
    私は基準に達しない項目があったのですが、実は全て基準に達していたのにも関わらず、不合格となった方が続出してると聞きました。
    これはやはり年齢でしょうか?

    • 年齢等は関係ありません。
      大切なことはネットの情報に踊らされないことです。いつも動画やブログで説明しているように、焦った挙げ句にヤフー知恵袋の書き込みすら信用して夢を諦める人もいます。
      諦める口実を探すことなく、ネットの情報に一喜一憂することなく落ち着いて試験対策に臨んで下さい。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    ・3年間の公務員浪人を経て警察官採用試験に合格。 採用後は同期内最速で刑事課に採用、代表的な出世コースに乗る。 ・交番勤務時代は老若男女問わず地域住民の相談者が絶え間なく幹部から「行列のできる交番」と揶揄される。 ・昇任試験に合格し、自分のやりたかった仕事も完遂して燃え尽き症候群に陥り退職。 ・『警察官になる前に学んだ知識』と『警察官として働いた間に蓄えた経験』をミックスさせた警察官採用試験対策は1年で数十名の合格者を輩出。 現在は民間企業の人事部で採用担当として活躍中。 30代、既婚、大阪市居住。 当サイトの情報をコピーペースト等して二次利用することは固く禁じておりますが、リンクはフリーですので参考になる記事がございましたらご自由にリンクを貼ってください。