警察官を目指した彼が笑った理由

警察官は真面目な人は向いてないのか。警察官はコミュ障だとなれないのか。警察官は体力がないと向いていないのか。

警察官採用試験対策を始めて早3年になるが、これまで色々な相談が寄せられた。

ひとつ言えるのは『警察官だから〇〇である』という固定した答えはないということだ。

 

僕が採用試験を受験したのは就職氷河期時代で、警察官志望者の中には若い新卒から年を重ねたフリーターが混在していた。

公務員予備校のトイレは公務員浪人の泣き言とため息が充満し、授業の合間に用を足すだけで陰鬱とした気分になった。この中の誰が合格するのか分からないけれど、この光景を見る限りでは自分も含めて誰も警察官になれないんじゃないかと思うほど異様な光景だった。

 

仕事を求めてとにかく公務員を目指す人も多く、予備校生の中には痩せて背が低く神経質そうな青白い顔をして、いつも一人で勉強している年配の男性がおり、僕は内心で失礼ながら「ああ、この人はきっと警察官には向いてないだろうな」と感じていた。

そして僕は警察官になり、警察本部に書類を届けたとき一人の男性とすれ違った。なんと公務員予備校時代に僕が見た神経質そうな受験生だった。

 

僕と目が合うと相手も立ち止まり、「あ、予備校でお会いしましたよね」と声をかけてくれた。僕はなんて声をかけて良いのか分からず「お互い合格できて良かったですね」と言った瞬間、彼は「苦労しましたね。お互いに」とニッと笑った。

 

警察官から公務員浪人に戻った瞬間はあれが最初で最後だったけれど、当時のアンモニア臭が充満した掃除もされていない予備校のトイレや授業が終わり辟易としながら歩いて帰った暗い夜道、教科書の重みで変形した手作りのおにぎりを食べるときの虚しさ、全てがフラッシュバックして気恥ずかしい気持ちになった。

警察本部の磨かれた大きな窓から差し込む午後2時の夏の光はクールビズの彼に強烈に反射して、細くて小さな体と青白い顔を余計に強調した。

 

それから彼に会うことは一度もなく、お互い名前も知らないままだけれど彼に出会った瞬間は今でも鮮明に焼き付いている。

彼が言った「苦労しましたね。」の言葉の重さは計り知れないが、身体が小さくても弱々しく見えてもどれだけ倍率が高くとも初心を貫く熱い気持ちを持ち続ければ弱点は凌駕できるんだと感じた瞬間だった。

 

続けて【警察官になるにはどうすればいいの?勉強方法から面接対策まで全公開】の記事へ

この記事にはコメント欄を設置していないので、ご質問やご相談がある方は→こちらの記事へコメントいただければ出来るだけ早く回答いたします。

ABOUTこの記事をかいた人

桜井 陸

・就職氷河期時代、3年間の公務員浪人を経て警察官採用試験に合格。 採用後は同期内最速で刑事課に引き抜かれ、代表的な出世コースに乗る。 ・交番勤務時代は老若男女問わず地域住民が交番に訪れ、幹部から「行列のできる交番」と揶揄される。 ・警察官になり昇任試験に合格し、自分のやりたかった仕事も完遂して燃え尽き症候群に陥り退職。 (ちなみにプロフィール写真は巡査部長に昇進したあと、退職前に記念撮影したものです。) ・警察官退職後は某大手企業の人事課に転職、採用担当として活躍。DODAやリクナビ、エン転職など各媒体を駆使して採用率を大幅に向上させる。 ・『警察官になる前に学んだ知識』と『警察官として働いた間に蓄えた経験』『実際に人事課で勤務した経験』をミックスさせた警察官採用試験対策は1年で数十名の合格者を輩出。 ・顔出しなしの講義YouTube動画で異例のチャンネル登録者1万3,000人突破。 ・現在も民間企業の人事部で採用担当として活躍中。40代、既婚、大阪市居住。 当サイトの情報をコピーペースト等して二次利用することは固く禁じておりますが、リンクはフリーですので参考になる記事がございましたらご自由にリンクを貼ってください。