3年間の公務員浪人から警察官採用試験に合格できた理由

ブログ管理人の元警察官・桜井陸です。このたび3年間の公務員浪人を経験された方が最終合格されたので受験者の方向けに合格の秘訣を直筆のお手紙でアドバイスいただきました。

面接ではどのように対策したのか、話し方をどのように改善したのか、独自で編み出したテクニックを余すことなくご説明いただいたので紹介いたします。

これまでの合格体験記一覧はこちら

公務員浪人から警察官に合格できた理由

私がこれまでも説明しているように面接では自分を商品に置き換えてアピールすることが大切です。熱意を持ってセールスされても欲しくない商品は決して買おうとは思いませんし、押し売りはウンザリします。相手に興味を持ってもらうアピールができてこそセールスは成立するのです。

【参考記事】警察官になるにはどうすればいいの?合格者直伝の勉強方法

今回の合格者様は熱意=商品価値を端的かつ的確に説明することだと見抜いて話し方の改善に取り組みました。このように型にはまった方法ではなく色々な手法で説明力は大幅に改善するので、面接に悩む方は自分の改善点を見つけることが合格への近道となります。

最後になりましたが合格おめでとうございます。3年の浪人経験を生かし、市民に愛される警察官としてご活躍されるよう応援しております。

続けて【警察試験の入退室の間に面接官が重視することと不合格になる仕組み】の記事へ

2 件のコメント

  • 警察官採用試験のための勉強ですが、
    大学中退からしばらく月日が経っています。
    勉強自体が得意であったわけでもないのですが、
    予備校で通学するか、通信か、独学か迷っています。
    それぞれにメリットもデメリットもあるかと思いますが、どう勉強しようか決めるのに、参考になることってありますか?

    • 予備校、通信、独学、いずれもメリット等はあります、
      予備校については講師の質が最も大きいので体験授業等で確認することをおすすめします。
      通信、独学についてはどちらも『ひとりで勉強できるのか』ということが大きく関係します。
      周囲で静かに勉強できる環境や自分の性格を色々と検証してみて、実際に勉強に取り組めるかを試してみてください。
      勉強は1週間や1ヶ月ではなくもっと長いスパンです。
      通ったから、契約したから合格するものではないので大切なものは何があっても合格するんだという気概と、合格に則したスケジューリングです。

      (次回からご質問いただく記事は最新記事へご記載いただけると有り難いです。)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    ・3年間の公務員浪人を経て警察官採用試験に合格。 採用後は同期内最速で刑事課に採用、代表的な出世コースに乗る。 ・交番勤務時代は老若男女問わず地域住民の相談者が絶え間なく、幹部から「行列のできる交番」と揶揄される。 ・昇任試験に合格し、自分のやりたかった仕事も完遂して燃え尽き症候群に陥り退職。 ・『警察官になる前に学んだ知識』と『警察官として働いた間に蓄えた経験』『実際に人事課で勤務した経験』をミックスさせた警察官採用試験対策は1年で数十名の合格者を輩出。 ・顔出しなしの講義YouTube動画で異例のチャンネル登録者1万人突破。 ・現在は民間企業の人事部で採用担当として活躍中。30代、既婚、大阪市居住。 当サイトの情報をコピーペースト等して二次利用することは固く禁じておりますが、リンクはフリーですので参考になる記事がございましたらご自由にリンクを貼ってください。