警察官採用試験の身体要件にある色覚について

警察官、採用試験、身体要件、色覚、色弱、色盲

管理人の元警察官・桜井陸です。

ブログ読者の方から

「色覚検査で異常が見つかった場合、警察試験に合格するのは難しいですか。」

と質問を受けました。

警察官採用試験の身体要件に色覚と明記されている理由

色覚って意識したことがないんですが、自分が見ている色って本当にみんなと同じ色に見えているのかなと不思議に思ったことはありませんか?

その共通性を試験で試すのが色覚検査なのですが、男性のうち5パーセントは色弱だそうです。

色弱というのは差別的な嫌な言い方で、ただ見えている色が他人とは少し違うように見えるという個性なんですよね。

 

そして警察の身体要件には

色覚:警察官としての職務に支障がないこと

と明記されています。

 

つまり「色が判別できなければ採用基準に達していないとみなします」と公言しているんです。

警察官採用試験は一つでも基準を満たしていないと不採用になります。

古臭い体制だなと少しイラッとしました。

でもよく考えると自分が仕事をしていた時、逃走車両の色や犯人の服装の色について無線で手配していたことを思い出しました。

確かに警察官の仕事では「色」ってとても大切だったんです。

色で制限されるという不平等

色は生きていく上で重要なものじゃないのに、警察官になりたいと真剣に思う人が制限されるって不平等だなと胸が痛くなりました。

そして警察官を辞めた自分が情けなくなりました。

 

中学生のとき、同級生から

「俺は色弱なんだ」

と言われて、僕は初めて聞いたので驚いて

「え!じゃあ色が見えないの?白黒に見えてるの?」

と聞いたことがあります。

 

すると同級生は

「だからこの話をするの嫌なんだ!みんなお前みたいに差別的に考えるし大げさに言うから。赤と茶色が少し見分けにくい程度なのに。」

と憤慨したあと、とても悲しそうな顔をしたのを今回のメールを拝見して思い出しました。

 

色覚検査について色々と調べているとこちらのサイトで以下の記事を見つけました。

警察官、色弱、色盲、適正検査、不合格

石原式という検査方法でなくて、中にはD-15という色覚検査だけを行っている自治体もあるということでしょうか?

今まで色覚検査ということに注目したことがなかったので改めて検査内容を見て警察職務について色々と考えさせられました。

僕も身体に秘密を隠して採用されました

こんなことを言うとあまり良くないので詳細は控えておきますが、僕もとある身体条件に不安を抱えながらも警察に採用されました。

なので相談された方の気持ちが痛いほどよく理解できたのです。

試験の成績以外で評価されるってこんなに悔しいことはないですからね。

そして警察職務に適合しているのかグレーな部分を隠しながら仕事するというのはしんどいことが多かったです。

 

適性検査で不適格や異常があると診断されてもそれは人間として不適格だということでは決してないんです。

ただひとつの職業に適合しなかっただけで選択肢から外れただけです。

 

「誰でも頑張れば合格できるよ」と励ますことが出来ない自分の無力さを痛感しました。

それでも僕は警察官採用試験を受験される方みなさんが少しでも納得のいく結果が出るように祈っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。