志望動機を添削して説得力と熱意を盛り込んでみました

志望動機、警察官、添削、面接、自己PR

管理人の元警察官・桜井陸です

あるサイトを見ているとこのような公開質問がありました。

「〇〇大学をAO受験しようと考えています。どなたか志望理由を添削してください。」

 

この方は警察官を目指す志を持ちつつ大学に進学し、法律知識を学んで卒業後は警察官として活躍したい考えているようです。

そしてこのような志望理由が記載していました。

(公開サイトでしたが内容は一部変えています)

「私が貴学を志望する理由は警察官になりたいからです。

中学から続けている剣道を何か仕事に活かせないかと考えたからです。

貴学の法律学科では地方公務員の取得も授業で支援してくれますし、模擬裁判など実践授業でも応用力を身につけられます。

私はそのような環境で学修し法律知識を蓄え、将来の夢である警察官になって多くの人を助けたいと考えています。

また法律だけでなく、漢検や英検の勉強もして資格を取りたいと考えています。」

志望動機と熱意は比例する?

とてもやる気があっていいなと思ったんですが、もし面接官の立場なら志望動機がちょっと弱いかなと感じるはずです。

みなさんはどこを直せばもっと良い志望動機になると思いますか?

 

僕がまず感じたのは大学に行かなくても高卒で警察官になれるのにわざわざ進学する理由付けになっていないという部分です。

そして英検や漢検も警察官になって取得することは十分可能です。

そこで質問者の状況や志望理由を踏まえて、僕ならこういう風に書けば熱意と志望理由も伝わると思う内容を例文にしてみました。

「私は今まで続けてきた剣道を活かせて、また人のために働ける職業として警察官に憧れるようになりました。

そして警察官という仕事の業務内容を調べるうちに法律を更に学んで困った人を助けたいという気持ちが強くなり、現場に則した法律を学べる大学を探していたところ貴校の法律学科を知りました。

高校を卒業してすぐ警察官になることも考えましたが、貴校に入学し独自のカリキュラムの中で得られる法的な知識を糧に4年間自己研鑽し、警察組織と市民の両輪を支えられる警察官になりたいと考え志望させていただいた次第です。

入学後も模擬裁判や実際の公判見学で実務能力を高め、また英検やTOEIC、漢検等の資格を取得して警察官に採用された後も即戦力となれるよう邁進する所存です。」

 

これが正解ではありませんが警察官としての志をもちつつ進学する理由付けになっていますよね。

公判見学というのは裁判を実際に見るということですが事実勉強になります。

熱意や自己PRというのは何を書けば良くて何を書くのが悪いのかという正解がありません。

ただ伝え方によってはどれだけ良いことでも悪印象を与えることは大いにあるのです。

志望動機は反復練習しても身に付かない

筆記試験の勉強法は反復練習で身に付きます。

でも志望動機や自己PRというのは軸がブレている限り何度書いても自分では訂正することができません。

そして正解がないので模索する内に余計に訳が分からなくなり、どんどん意味不明な志望動機になるというジレンマに陥りやすいです。

 

ファッションと同じですね。

正解はないけどお洒落に見えるにはルールがある。

服でも合わるとおかしい色や流行り、組み合わせが無数にあって同じショップで買ってもお洒落に見える人とダサく見える人っていますよね?

 

論作文や履歴書に正解はありませんが合格する一定ラインに乗るためのルールはあります。

そして熱意をアピールする方法として、自分で調べた専門用語(今回では公判見学という用語)文中に入れると真実性や説得力が増すので参考にしてみてください。

自分で意味を調べると付け焼刃の知識ではないので、面接で専門用語の意味を聞かれても答えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。