警察官採用試験の面接で落ちるのは警察官に向いていないから?

警察、面接、志望動機、試験

リクストリーム管理人の元警察官・桜井陸です。

今日は警察官採用試験受験生のみなさんからよくお寄せいただくお悩みについてお話しします。

いま僕のブログを開いてこのページを見ていただいているほとんどの方は警察官になりたいという気持ちがある方です。

 

そして何とかして試験に合格して警察官になりたいのに試験に受からない。

そういった悩みを持った方ばかりです。

 

僕はその気持ちがとてもよく分かるんです。

僕だって警察官に採用されるまで3年もかかりましたからね。

そこで今回は「なぜ面接で落とされるのか」というテーマでお話しします。

試験に落ちた時に下手な励ましはいらない

警察の試験は年に3回あります。(自治体によって差はあります)

計算すると4か月に1回ですね。

4か月に1回試験があるんだから落ちても次また頑張ればいいじゃないか、という気楽な励ましが逆効果なのはよく分かります。

面接に落ちた時の自己喪失感

面接に落ちると自分という人間を否定されたような気になるんですよね。

面接で自分自身を表現して全てさらけ出してるのにあっさりと落とされたとき、自分自身への怒りや悲しみ、劣等感や敗北感、屈辱に襲われます。

 

警察官採用試験という特殊な試験に合格しないのはもしかすると親族に問題があるのではないかという猜疑心。

自分という性格を形成した親への怒りと不信感。

 

また一次試験の受験カードを1から書き始めたときの絶望感。

早く警察官になって困っている人を助けたいのになぜか試験に受からない。

 

そしてネットで警察試験の情報を検索していると「警察官にそこまで興味なかったけどとりあえず受けたら一発で合格。でもすぐに辞めてしまった」という書き込みを見た時はもう何とも言えない気持ちが溢れてきます。

 

なんで自分じゃないんだろう。

自分ならやる気もある。

こんなにも頑張ってきたんのにどこが違うんだろう。

 

「頑張れ」って言われたら「もうこれ以上頑張れないよっ」て言い返したくなること、ありませんか?

限界まで頑張ってるんですから当然ですよね。

 

でね、二次試験に落ちた人に言いたいのは「あなたのままで大丈夫ですよ」ということです。

無理に自分を変えたりする必要はありません。

誰かを恨んだりする必要もありません。

面接を必要以上に大きく捉える必要はない

焦る気持ち、イライラする気持ち、不安になる気持ち、よく分かります。

それでも面接で落ちたというのは自分を否定されたのではなくて「面接で落ちた」というだけのことなんです。

 

僕は受験生時代に多くの受験者と仲良くなったんですが、その内の一人が最終試験で落ちた時に自分の成績を情報開示請求(自治体に文書の公開を求めること)したんです。

そうするとあと5点で合格していたということが分かりました。

つまり体力試験か面接で他の人よりもあとほんの少し差をつけていれば今頃は警察官の制服を着て街中を走り回っていたんですよ。

競争試験は無情なもの

宇多田ヒカルの歌に「誰かの願いが叶うころ誰かが泣いている」という歌詞がありますが、試験はそういう無情なものです。

全員が合格する試験ではない以上、競争試験というものは誰かが合格すれば誰かが不合格になるんですよね。

 

たった5点で落ちてしまう。

点数で計るってほんとに無情だと思います。

自分のやる気や熱意を数値化できないんですから。

 

自分より明らかにやる気のない人が合格する不条理。

これも現実です。

それでね、僕は不合格通知がきた時に合格した人と自分の何が違うのかを考えて研究しました。

 

そうすると合格者に較べて劣っている部分が見えてきました。

それは自分自身を表現する力です。

熱意がどれだけあってもうまく表現できないと伝わりません。

面接に合格できる時は自分を上手く表現できた時

面接に合格するというのは「自分を表現する能力」が高いということです。

自分を表現する能力が高いというのは「自分の長所や熱意を見せるのが上手い」ということです。

そこまで警察に興味がない人が合格できたのは面接でうまく自分を表現できたというだけなのです。

 

それならいつも試験に落ちる自分は長所や熱意を見せるのが下手だから面接には合格しないのかと悲観的になる必要は全くありません。

自分を表現する能力というのはコツが分かればぐんぐん伸びていきます。

面接で落ちたことがある人にお聞きします。

面接を受け終わったときに「面接官ともっともっと話したい」と思ったことがありましたか?

面接官から「はい、これで終わります。」と言われた時「やっと終わった」とホッとしませんでしたか?

 

もしやっと終わったとホッとしたなら間違いですよ。

面接は自分を売り込む場です。

相手にもっともっと自分という人間を知って欲しいと思うのが普通なんです。

志望動機を覚えただけでは合格できない

頭に叩き込んだ台本を読むだけの面接なんてただの下手くそな志望動機発表会です。

「もっと話したい、もっと聞いて欲しい。」という気持ちになったとき、知らず知らずのうちに姿勢が前傾姿勢になっているかもしれません。

面接官とも話が弾んで面接官も一緒に笑っているかもしれません。

 

そうなった時、面接官はあなたに好意を感じます。

人間は好意を感じた相手のことをもっと知りたくなるので、面接官は好意をもった受験者にどんどん質問します。

 

こちらも面接官の好意が分かるから緊張もほぐれて上手に話せます。

こうなれば熱意がグイグイ伝わるんです。

これが手ごたえのある面接、合格する面接です。

面接で必要なこと

そして具体的に面接で何が大切なのか。

それは面接官という人から見て「こいつと一緒に働いてみたいな」と思われる人物になるのが合格への一番の近道なんです。

 

合格した数年後には面接官があなたの上司になっている可能性があります。

こういうケースって意外とあるんです。

面接官も普段は警察署で働く警察官ですから。

 

あなたが合格した数年後、当時の面接官が仮に上司になった場合にあなたを見て「うーん。こいつとは働きたくないなあ」とはきっと思わないはずです。

なぜなら面接で合格させた人というのは「自分が将来一緒に働いても大丈夫と最低限思える人物」を選んでいるだけなんですから。

これって考えたら当たり前の話ですよね。

面接は平均点で良い

面接に特別な採点方法なんてありません。

警察官になりたいという自分を制限時間内に表現できれば合格するんです。

平均点で良いんです。

とんでもないミスさえしなければ受かるんです。

これは警視庁でも大阪府警でもどこで受験しても同じです。

 

公務員は全体の奉仕者です。

その公務員を選ぶ試験なんですからとんでもなく有能である必要なんてありません。

あなたはあなたのままでも十分に合格できるんです。

 

面接では「大失敗」さえなければ平均点を取れます。

面接官に「絶対にこいつと働きたい」と思わせる必要なんてないんです。

「こいつと一緒に働いてみてもいいかな」と思ってくれれば平均点で合格できるんです。

 

100点を取る必要はなくて60点で合格できると聞けば安心できたでしょう?

落ちる人は大体が知らず知らずの内にとんでもないミスをやらかしているか、上で説明したように「あと5点」という僅差の壁にいる人です。

緊張するのが普通。あとは面接慣れだけ。

もしとんでもないミスをしているとすれば自分では気づけないので知人に面接の練習をしてもらえれば良いでしょう。

面接の上手い人に自分を客観的に評価してもらえれば面接の力はグイグイ伸びます。

 

僕は元商社の年配女性に面接練習をしてもらったのですが、最初は日本語もまともに話せませんでした。

それでも数回面接練習をすると志望動機や自己PRが世間話をするように自然と説明できるようになり合格できました。

 

面接で落ちるのは自分の存在を否定されているのではなくて、面接という時間制限の中で上手く自己表現できていないだけの場合がほとんどです。

熱意があればそれだけ緊張しますし、しどろもどろになるのも分かります。

だからこそ熱意がない人の方がスラスラと緊張もなく話せて合格するという矛盾した現象が起きるのです。

 

面接で落ちて悩むというのはそれだけ熱意がある証拠なのですからうまく伝われば間違いなく合格します。

大丈夫です。

熱意がない人は面接に落ちたら「やっぱり自分は警察に向いてないってことだな」って1回で諦めますから。

 

2回以上も試験を受けることはあなたが警察官になりたい証で警察官に向いているという証なんです。

市民はそれだけ熱意がある警察官を求めています。

とりあえず公務員になった警察官よりも泥臭く努力した警察官に治安を任せたいのは当たり前のことですよね。

 

あとは慣れと自信だけです。

それを僕はこのブログでお伝えしたいと考えています。

こちらの記事「警察官採用試験の二次試験は圧迫面接?質問内容は?」で面接内容も説明していますので参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。