埼玉県警察官採用試験の二次試験(面接)について

埼玉県警、二次試験、面接

ブログ管理人の元警察官・桜井陸です。

講座受講生様から埼玉県警の二次試験について試験情報を頂いたので参考にしてください。

(埼玉県警は個人面接と集団討論があるそうで、今回は集団討論について詳しい情報を頂きました。)

 

集団討論は

1、高齢者運転者の事故が増加傾向にあるが、75歳以上の高齢者に対し、安全運転補助機能付の車に限る限定免許証の交付が検討されている。

これについてどう思うか。

2、高齢運転者の事故を減少させる取り組みとして、どのようなものが挙げられるか。

 

というテーマを 最初の5分間は各自で考えをまとめ、1人1分ずつ意見を述べた後、 45分で自由討論しなさい。 という内容でした。

テーマが記載された紙は回収されたので、上記内容に誤差はあるかもしれません。

 

以上が集団討論の内容となります。

勿論この討論に答えはありません。

見られているのは積極性やコミュニケーション力、社会問題や時事についてどこまで勉強しているか等です。

 

ちなみに警察官になると頻繁に取り上げられるテーマが「高齢者・自転車利用者の交通事故問題をいかに減少させるか」というもので、これは警察だけでなく新聞でもよく記事になっているので勉強しておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

・3年間の公務員浪人を経て警察官採用試験に合格。 採用後は同期内最速で刑事課に採用、代表的な出世コースに乗る。 ・交番勤務時代は老若男女問わず地域住民の相談者が絶え間なく幹部から「行列のできる交番」と揶揄される。 ・昇任試験に合格し、自分のやりたかった仕事も完遂して燃え尽き症候群に陥り退職。 ・『警察官になる前に学んだ知識』と『警察官として働いた間に蓄えた経験』をミックスさせた警察官採用試験対策は1年で数十名の合格者を輩出。 現在は民間企業の人事部で採用担当として活躍中。 30代、既婚、大阪市居住。