警察官志望者が身辺調査なんて気にする必要ない理由

警察官 三親等 犯歴

ブログ管理人の元警察官・桜井陸です。

今回は身辺調査に悩みながらも合格された方(Iさん:仮称)からアドバイスをいただいたのでお伝えします。ヤフー知恵袋を見ていると様々なデマが流れていて、どれが本当なのか嘘なのか分からず警察官志望者を悩ませる種になっていると思います。

身辺調査の不安を抱えながらも実際に受験して合格した人に会ったことがないのでネットのデマを信用するしかないですよね?

ちなみに僕も警察官採用試験を受験するときはこのデマに悩まされて、諦める寸前まで精神的に落ち込んだこともありますし、以前にはデマを指摘してネットで炎上したこともあります。

関連記事ヤフー知恵袋のデマを指摘して炎上した記事

 

今回合格したIさんはヤフー知恵袋でも定番の相談で悩んでいたものの合格されました。それを見ていると身辺調査については個人情報のこともあり詳しく述べられませんが、過去にとらわれることなく警察官になるために今を努力すれば道は開かれるとつくづく実感しました。

そしてIさんにはこちらの質問をしてみました。

①合格したいま、身辺調査について思うこと

②心が折れそうな時どうやってモチベーションを保ったか?

③面接では特に何に注意したのか、今回の勝因は?

④私のブログや動画で特に試験で役立って、受験生に勧めたい内容は?

⑤ヤフー知恵袋などネットに流れる情報と現実は何が違っていたか?

⑥その他、受験生へのアドバイスやエール

身辺調査と警察官採用試験について

Iさん

①合格したいま、身辺調査について思うこと
全く気にしなくて良いと個人的には思います。私は年齢が30前後でコメディカル、家族には不安要素のある人物もいましたが、無事合格しているからです。特に桜井さんの動画(警察志望者へ伝えたい身辺調査の厳しい話)を拝見したことで迷いが消えました。

②心が折れそうな時どうやってモチベーションを保ったか?
素直に家族(妻や両親、兄弟)や職場の仲間に打ち明けていました。違った立場や見方で意見やアドバイスを受けることでスッと胸が軽くなることが多かったです(自分を良く知っている人からの客観的な意見を素直に聞き入れることが大切です。)

③面接では特に何に注意したのか、今回の勝因は?
面接官の質問に対し、飾らずに素直に答えるように注意しました。初対面であっても、ある程度話すと人となりは伝わると思います。その中で変に飾り立てたり、嘘をつくようでは信用されないと思ったからです。

勝因というと誇大かもしれませんが、正義とは?信頼とは?倫理観とは?治安の維持とは?など警察職務の根幹部分について自分なりに掘り下げ、解釈を行ったことで、芯のある答弁が行えたことだと思います。

④私のブログや動画で特に試験で役立って、受験生に勧めたい内容は?
基本的には動画を中心に拝見しています。桜井さんのブログや動画に関してはすべてが役に立ったと考えています。試験対策はもちろんですが、「孤独のグルメを体験できる交番飯とは?」などのように警察官となった自分を想像できる動画もお勧めです(笑)。個人的には「努力と失敗が成功を生むと思うな・刑事課長の名言」が印象に強く残っており、今も繰り返し見直しています。

⑤ヤフー知恵袋などネットに流れる情報と現実は何が違っていたか?
間違いなく言えることは、身辺調査については気にすることないということです。それを理由に夢を、受験をあきらめないでほしいということです。
人は様々な経験や目的により、様々な情報を世の中に発信します。不安を感じることは多いかもしれません。情報の取捨選択を行い、惑わされないようにしてください。

⑥その他、受験生へのアドバイスやエール
今回私が合格できたのは非常に幸運だったからであると感じています。家族や職場の仲間など、一緒に勉強し課題を乗り越えられる人が身近にいたからです。もちろん自己学習などの努力は必須ですが、もっと周りの人間に頼ってください。笑われても、無理だろといわれても、応援してくれる人は必ずいるはずです。
桜井さんも言われていますが、感謝の気持ちを大切にして前向きに落ち着いて課題に取り組んで下さい。ありがとうございました。

警察官 身辺調査

 

ありがとうございます。上に貼っているIさんからいただいた合格通知は重みがあり、多くの受験生を勇気づけるはずです。

以前にこちらの記事で身辺調査について説明しましたが、ドリームキラーはどこにでも存在します。だからこそIさんが言われているように情報の取捨選択が必要になるのです。

今回は合格本当におめでとうございます。地域住民に愛される素敵なお巡りさんとしてご活躍されることを心から祈念しています。

勇気が出る合格体験記一覧はこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

桜井 陸

・就職氷河期時代、3年間の公務員浪人を経て警察官採用試験に合格。 採用後は同期内最速で刑事課に引き抜かれ、代表的な出世コースに乗る。 ・交番勤務時代は老若男女問わず地域住民が交番に訪れ、幹部から「行列のできる交番」と揶揄される。 ・警察官になり昇任試験に合格し、自分のやりたかった仕事も完遂して燃え尽き症候群に陥り退職。 (ちなみにプロフィール写真は巡査部長に昇進したあと、退職前に記念撮影したものです。) ・警察官退職後は某大手企業の人事課に転職、採用担当として活躍。DODAやリクナビ、エン転職など各媒体を駆使して採用率を大幅に向上させる。 ・『警察官になる前に学んだ知識』と『警察官として働いた間に蓄えた経験』『実際に人事課で勤務した経験』をミックスさせた警察官採用試験対策は1年で数十名の合格者を輩出。 ・顔出しなしの講義YouTube動画で異例のチャンネル登録者1万5,000人突破。 ・現在も民間企業の人事部で採用担当として活躍中。40代、既婚、大阪市居住。 当サイトの情報をコピーペースト等して二次利用することは固く禁じておりますが、リンクはフリーですので参考になる記事がございましたらご自由にリンクを貼ってください。