警察官になれるのか不安になった時は

警察官になりたい、不安

ブログ管理人の元警察官・桜井陸です。

この記事を読んでいる方の中で警察官採用試験を何度受けても不合格になる人も多いでしょう。

僕もそうでした。

 

僕は10回受けて9回不合格。

何が辛いって記念受験じゃないから毎回が全力なんです。

だから落ちたらまた願書を貰って受験票を書いて一次試験の勉強して。

警察官採用試で不合格になること

すごろくでいうとフリダシからスタートなんです。

しかも年をとるから余計に不安になります。

 

このままでいいの?

同級生は働いてるけど合格できなかったらどうすんの?って。

 

早く警察官になりたい。

誰よりも自分が向いているのに。

強い気持ちは変わりません。

 

でも面接で不合格になると自信がなくなるんです。

自分が警察官に向いていないと完全否定されている気持ちになるんです。

警察官になれるのか不安になったときは

僕は警察官になれるのか不安になった時は鏡を見て自分の顔を見て何回も言ってました。

「俺は警察官なんだ。警察官だ。警察官なんだ。」って。

 

『警察官になりたい』んじゃない。

『警察官なんだ』って思いこんでいました。

警察官になりたい、なんて言うと夢が夢で終わりそうで怖かったんです。

警察官の制服姿で働く姿を想像する

あとはいつも想像していました。

警察官として働く姿。

それもかなり具体的に。

 

僕は何故か交番の台所で拳銃のホルスターを右手で触るシーンをいつも思い描いていました。

そして「な、警察官になっただろ?」と一人でニコッとするワンシーンをずっと思い描いていたんです。

警察官に慣れるのか不安

この具体的にイメージするって大切で引き寄せる効果があるんです。

僕は幽霊や心霊現象は否定しますが見えない力は信じています。

何故なら僕のイメージと全く同じ台所がある交番で勤務になったんです。

 

僕はその交番で一人のとき、こっそりとやりました。

「警察官になっただろ?」と言って、ホルスターをポンと叩いたんです。

大きな拳銃がプルンと揺れて太ももに当たり、「夢を叶えたなあ」と実感しました。

【地域課の警察官になるには?仕事内容とやりがいについて】の記事はこちら

 

イメージと全く同じシーンにいる自分って不思議でした。

でも勉強だけじゃなくて、こういうイメージトレーニングも大事だと思うんです。

白バイ隊員になりたい、刑事になりたい

警察官になったら何がしたいか。

刑事になりたい、白バイ隊員になりたい、色々とあると思います。

 

でも面接では絶対に言えないような小さな小さな夢。

これがあると夢が現実化しやすいと僕は思うのです。

警察官になりたいって夢はあっても仕事内容が分からないでしょう?

白バイ隊員にりたいって言ってもバイクの重み、交通切符の書き方、追尾方法、何も分からないから本当に夢の話なんです。

そして夢、夢ってボンヤリしたままだと人の夢って書いて「儚い」(はかない)と漢字のとおりに夢から醒めて終わってしまうんです。

警察官、なりたい

具体的に想像してみる

僕はそれが怖くてとにかく具体的に考えました。

だから刑事が夢ならばポールスミスのスーツを着て仕事帰りは行きつけのバーのあの席でマティーニを注文しようとか、とにかく思考を具現化させてください。

【関連記事】刑事になる方法と難易度の秘密

身辺調査などデマに踊らされない

小さい頃から夢を持てって言われて、ようやく警察官になる夢を見つけた。

でも警察官は仕事が不透明で、ネットでもデマばかり。

もしかしたら自分が落ちるのは身辺調査?年齢?職歴?過去の通院歴?

色々と不安になります。

 

更にもし警察官になっても警察学校はパワハラが酷いと噂も聞くし、自分が通用するのか心配になるんです。

でも実際は警察って皆さんが想像する以上に優しい組織です。

そして警察官の仕事は分からなくて当たり前です。

ただ面接用に警察の仕事をできるだけ研究するのは就職試験を受ける社会人としての常識なんです。

 

まだ見ぬ警察官の世界は想像したら不安で一杯になります。

でも夢を早く叶えるトレーニングとして、自分の大切な夢を具現化する練習を始めてみませんか?

続けて【警察官採用試験の難易度と合格率(倍率)を公開します】の記事へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

・3年間の公務員浪人を経て警察官採用試験に合格。 採用後は同期内最速で刑事課に採用、代表的な出世コースに乗る。 ・交番勤務時代は老若男女問わず地域住民の相談者が絶え間なく、幹部から「行列のできる交番」と揶揄される。 ・昇任試験に合格し、自分のやりたかった仕事も完遂して燃え尽き症候群に陥り退職。 ・『警察官になる前に学んだ知識』と『警察官として働いた間に蓄えた経験』『実際に人事課で勤務した経験』をミックスさせた警察官採用試験対策は1年で数十名の合格者を輩出。 ・顔出しなしの講義YouTube動画で異例のチャンネル登録者1万人突破。 ・現在は民間企業の人事部で採用担当として活躍中。30代、既婚、大阪市居住。 当サイトの情報をコピーペースト等して二次利用することは固く禁じておりますが、リンクはフリーですので参考になる記事がございましたらご自由にリンクを貼ってください。