大阪府警に語学(特技)を生かして採用されました

ブロブ管理人の元警察官・桜井陸です。

当ブログから大阪府警に合格者がでました。(その後、警視庁にも併願合格されたので警視庁に採用)

今回の方は高卒区分で合格されていますが年齢はかなり上ですし職歴も短期で退職しているので一見すると不利に思えます。

それでも合格されたのはやる気や熱意ではなく自分のどこがアピールポイントになるかの見極めと、不利なことはあえて話さないという究極の面接対策でした。

大阪府警はどのような人材を求めているのか

大阪府警はどのような人材を求めているのか。

これまでの合格者の傾向を見ていると強いのはスポーツ経験者です。

元プロアスリートや高校野球で活躍した人も採用されているのでこれは間違いないと思います。

面接の雰囲気について書いた記事←クリックで記事に飛びます

大阪府警、体育会系、運動部、武道

語学は警察官採用試験でアピールになる

では他にも何が強いのかと言えば語学です。

これは警察全般に言えることですが語学が出来る人は警察官採用試験でとても強いアピールになります。

今回大阪府警に合格された方は中国語が堪能だったのでそれをアピールされました。

ただ合格できたのは中国語ができるというアピールではなく、『中国語も話せる』というアピールです。

外国語は面接でアピールできるが…

警察組織では外国人の絡む事案が起こった場合は外部に通訳を要請することもあります。

つまり外国語が必要になれば外部委託すれば良いだけの話で、汚い話をすると税金ですから幾ら予算を使おうが警察は困ることはありません。

そして予算の話をするならば『外国語だけが出来る警察官』を雇うよりも外部委託する方が遥かに安上がりなのです。

【関連記事】警察官採用試験で有利な資格や特技は?

警察が求める人材とは?

では警察が求めている人材とは何か。

それは外国語が話せて現場執行力のある警察官です。

外部委託をしても警察の仕事を完璧に理解できている通訳者はいません。

面接、英語、外国語、アピール

そこで現場を知り尽くして外国語を話せる警察官がいればどうでしょう?

警察が欲しい情報をピンポイントに取れて、取調べでも被疑者・被害者の権利を損なうことなく捜査できますよね。

僕は外国人を取調べる際、通訳ができる警察官に協力してもらったことが何度もありましたが本当に見事でした。

捜査経験が豊富な通訳員だと調書の必要なポイントをこちらが指示する前に聞いてくれるんですね。

特技をアピールしても二次試験で不合格になる理由

面接でいかに熱意と特技をアピールしても合格できないのは間違ったアピールをしているからです。

今回合格された方も中国語が話せることだけを強くアピールしていたならきっと不合格になっていたでしょう。

警察が求めているのは「外国語も」話せる現場に強い警察官です。

語学を絡めたアピールが大切

外国語を話せるまでに努力をしたことはありませんか?

外国語を話せて外国人の友達が出来た人はいませんか?

外国語を話せてボランティアに参加したことはありませんか?

外国語を覚えて仕事で活かした経験はありませんか?

それらは全てがアピールです。

 

ただ単に外国語を話せる人を警察は求めていません。

この部分を上手にアピールすればきっと結果も変わるはずです。

次回はこの大阪府警合格者様に頂いたアドバイスをご紹介しますね。

次の記事「大阪府警合格者からのアドバイス」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

・3年間の公務員浪人を経て警察官採用試験に合格。 採用後は同期内最速で刑事課に採用、代表的な出世コースに乗る。 ・交番勤務時代は老若男女問わず地域住民の相談者が絶え間なく、幹部から「行列のできる交番」と揶揄される。 ・昇任試験に合格し、自分のやりたかった仕事も完遂して燃え尽き症候群に陥り退職。 ・『警察官になる前に学んだ知識』と『警察官として働いた間に蓄えた経験』『実際に人事課で勤務した経験』をミックスさせた警察官採用試験対策は1年で数十名の合格者を輩出。 ・顔出しなしの講義YouTube動画で異例のチャンネル登録者1万人突破。 ・現在は民間企業の人事部で採用担当として活躍中。30代、既婚、大阪市居住。 当サイトの情報をコピーペースト等して二次利用することは固く禁じておりますが、リンクはフリーですので参考になる記事がございましたらご自由にリンクを貼ってください。