何度落ちても諦めず大阪府警に合格!

今回は大阪府警に合格した講座受講生から頂いたお手紙を紹介します。この方は大阪府警以外の自治体を受験するも不合格、それでも負けじと再挑戦し見事合格されました。どのような精神状態で取り組んだのかを参考にしてみてください。

大阪府警、試験

 

大阪府警、試験

 

今回、合格された方は自分の置かれた環境や家族に感謝して最後まで諦めることなく試験に挑みました。

コロナウイルスなどの影響で先行きも見えず不安になる時期ですが、焦らずマイペースに取り組んでください。最後になりましたが合格本当におめでとうございます。

この動画にはコメント欄を設置していないのでご質問やご相談がありましたら→こちらの記事へコメントください。出来るだけ早く回答いたします。

ABOUTこの記事をかいた人

桜井 陸

・就職氷河期時代、3年間の公務員浪人を経て警察官採用試験に合格。 採用後は同期内最速で刑事課に引き抜かれ、代表的な出世コースに乗る。 ・交番勤務時代は老若男女問わず地域住民が交番に訪れ、幹部から「行列のできる交番」と揶揄される。 ・警察官になり昇任試験に合格し、自分のやりたかった仕事も完遂して燃え尽き症候群に陥り退職。 (ちなみにプロフィール写真は巡査部長に昇進したあと、退職前に記念撮影したものです。) ・警察官退職後は某大手企業の人事課に転職、採用担当として活躍。DODAやリクナビ、エン転職など各媒体を駆使して採用率を大幅に向上させる。 ・『警察官になる前に学んだ知識』と『警察官として働いた間に蓄えた経験』『実際に人事課で勤務した経験』をミックスさせた警察官採用試験対策は1年で数十名の合格者を輩出。 ・顔出しなしの講義YouTube動画で異例のチャンネル登録者1万5,000人突破。 ・現在も民間企業の人事部で採用担当として活躍中。40代、既婚、大阪市居住。 当サイトの情報をコピーペースト等して二次利用することは固く禁じておりますが、リンクはフリーですので参考になる記事がございましたらご自由にリンクを貼ってください。