身辺調査に悩みながらも警察官採用試験に合格!

ブログ管理人の元警察官・桜井陸です。

多くの方から警察官採用試験の合格報告をいただく中で、身辺調査に悩みながらも合格した方から合格報告をいただいたのでご紹介します。

以前、こちらの記事で紹介したようにネットではデマが飛び交い、試験に落ちた理由が自分以外の身内に問題があるのではないかと疑心暗鬼になる場合もありますが、この方のように自分を信じてしっかりと夢を叶えた人もいるのです。

身辺調査、警察試験

 

警察試験、身辺調査、不安

今まで何度も説明したようにヤフー知恵袋などの無責任な情報は決して信用しないようにしてください。そして夢を摘もうとするドリームキラーにも近づかないようにして、自分の夢は自分で守ってください。

今回の合格者さんは苦手な数的処理を徹底的にやりこみ、適性検査対策にも力を入れて見事に採用されたのです。自分を信用していなければ身辺調査のデマに負けて、不合格になった時点できっと諦めていたでしょう。

関連記事身辺調査(身上調査)で不安な警察官志望者はいませんか?

 

最後になりましたが合格おめでとうございます。市民の方から愛されるお巡りさんとしてご活躍されることを心からお祈りしています。警察学校に入校した後でも何か不安なことやご相談があればいつでもご連絡ください。

→勇気が出る合格体験記一覧はこちらをクリック

3 件のコメント

  • 多忙な中と存じますが、いつも有益な情報提供ありがとうございます。
    今回警察試験で最終面接(個別面接)まで進みました。
    その最後に面接官から「何か一言ありますか?」と問われ、「家族が轢き逃げにあった際に犯人を捜査、逮捕していただいた〇〇県警には感謝しています。ありがとうございました。」と伝えました。
    (※内容はボカして簡素化しています。)
    その際に感極まり口調が上ずってしまいました。
    その質問以外は非常に良い雰囲気でしたが、感情のコントロールが最後に行えていなかったのが現在の不安要素です。
    稚拙な質問で申し訳ありませんが、今後もし再受験となった場合に備えて問題ないかご教授いただければ幸いです。
    お時間ありましたら返答よろしくお願い申し上げます。

    • 面接とは全く関係ないので、話す必要がないことは話さない方がベターだと個人的に思います。
      ただその一言で合否に影響するとは思えないので特に気にする必要はないと思います。吉報をお待ちしています。

      • 的確な返答ありがとうございます。
        この度無事に警察官の合格通知をいただきました。
        三十路、転職、過去に免停になる程の違反歴があるなど、沢山の不安要素はありましたが桜井さんの動画やブログを拝見し、本当に沢山のお力をいただきました。ありがとうございます。
        これからがスタートだと思い、住民のため家族のため、そして自分自身のために誠心誠意勤務に励んでいきます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    桜井 陸

    ・就職氷河期時代、3年間の公務員浪人を経て警察官採用試験に合格。 採用後は同期内最速で刑事課に引き抜かれ、代表的な出世コースに乗る。 ・交番勤務時代は老若男女問わず地域住民が交番に訪れ、幹部から「行列のできる交番」と揶揄される。 ・警察官になり昇任試験に合格し、自分のやりたかった仕事も完遂して燃え尽き症候群に陥り退職。 (ちなみにプロフィール写真は巡査部長に昇進したあと、退職前に記念撮影したものです。) ・警察官退職後は某大手企業の人事課に転職、採用担当として活躍。DODAやリクナビ、エン転職など各媒体を駆使して採用率を大幅に向上させる。 ・『警察官になる前に学んだ知識』と『警察官として働いた間に蓄えた経験』『実際に人事課で勤務した経験』をミックスさせた警察官採用試験対策は1年で数十名の合格者を輩出。 ・顔出しなしの講義YouTube動画で異例のチャンネル登録者1万5,000人突破。 ・現在も民間企業の人事部で採用担当として活躍中。40代、既婚、大阪市居住。 当サイトの情報をコピーペースト等して二次利用することは固く禁じておりますが、リンクはフリーですので参考になる記事がございましたらご自由にリンクを貼ってください。