警察官は車を買うのも許可がいる?旅行や私生活も制限や制約が多い?

警察官のプライベートと車の許可

ブログ管理人の元警察官・桜井陸です。

今回は現役警察官のYさんから車を買う時の制限や旅行、私生活の制約について教えていただいたのでご紹介します。Yさんからは以前も警察官になるのに年齢が上だと不利になる?という記事で情報をいただきました。

今回は警察官は車を買うのにも上司の許可が必要なのか、旅行や私生活でもプライベートの制限が多いのか、そもそもパワハラは多いのかというよくある質問について現役警察官の実体験を基に情報をいただきました。

警察官はパワハラが多いのか?

Yさん

①パワハラばかりか?

noです。

パワハラが日常茶飯事で当たり前、なんてことはありえません。
そんな職場なら大問題です。

最近は警察でも、ハラスメントについてはかなり厳しくなってきています。
現在は各都道府県警察でハラスメント防止条項が設けられています。公表されていますし、検索すればたくさん出てきます。
ということは、仮にパワハラを受けても、相談すれば組織が対応してくれるということです。一人で抱えて悩む必要はないということです。

ただし、パワハラではなく、厳しい指導をしてくれる方はいます。
でもそれは桜井さんもYouTube でもお話しされていますが、ありがたいことなのです。

私は警察学校を卒業し、交番に配属された当初、非常に厳しい先輩とペアになり仕事をしていました。
何をやっても怒鳴られる。そんな勤務でした。
怒られることに疲れ、泊まり明けに家に帰る途中、スーパーのベンチに座ってグッタリしていたことも、今ではいい思い出です。

それから数年後、自分は警察学校を出たばかりの新人の指導を任されることになりました。ふと気づくと、その先輩から教わったことや、言われたことを新人に話している自分がいました(怒鳴ったりはしていません笑優しく話しました)。

あの時受けた指導は、一人で勤務をしている10年経った現在も生きています。

ちなみに、私が初めて警察署に配属されたとき、警察組織に抱いた全般的な印象は、面白くて、面倒見がよい、温かいというイメージです。先輩方(特に刑事の方)は、新人をいじってくれます。いい意味で。新人は緊張して、書類の誤字やお茶出し等の雑用で、思わず吹き出してしまうようなミスをしますよね。それをおもしろがっていじってくるんです。

とにかく、新人のうちは素直、真面目、そして元気がよい。これがあれば可愛がられます。パワハラなんて受けません。
そんなことは心配しなくて大丈夫です。
積極的に仕事をして、仕事を覚えましょう。

関連記事警察学校のいじめやパワハラについて

警察官は旅行や私生活でもプライベートに制限や制約は多いのか?

Yさん

② 旅行や私生活などプライベートの制約

旅行や帰省、買い物などで、自分の勤務地外に出る場合、上司に届け出る必要があります。届け出るといっても、基本口頭等での報告で、難しいことは求められません。

また、旅行の届け出を取り消されることはありません(祭や大規模イベントなどがある忙しい時期は旅行や休暇を避けるよう指示されますが、それ以外の日に旅行すればいいだけのことです)。

そもそもなぜ、旅行や帰省などで届け出るのか。警察官は交替で勤務をしています。その日勤務の人もいれば休みの人もいます。
もし、当日の勤務員で対応しきれないような案件が発生した場合、休暇中の署員も含めた、全署員に招集をかけて対応しなければなりません。その際の参考にするためです。ちなみに、その日の勤務員で対応できる案件を対応させるために、招集されることはありえません。

私生活について、求められるのは、社会人であれば、当たり前の常識と節度、そして、制服を着ていなくても警察官であることを忘れないことです(勤務日と同様に仕事をしろという意味ではありません)。この場合の正義感とは、例えば交通事故を目撃したら、積極的に110番119番をして、負傷者の救護をするなどのことです。

広島県での土砂災害で、非番の警察官の方が、避難誘導を行い、自ら土砂に巻き込まれ亡くなられました。まさにこの方の行動が警察官としての正義感です。

普段の私生活では、違法行為はいうまでもなく、酔って寝込んだり、喧嘩をする、大声でさけぶなどの非常識な迷惑行為でなければ、私生活になにをしても問題ないと思います。

関連記事新人警察官の休みと勤務時間、残業について公開します

警察官は車を買うにも許可がいるのか?

Yさん

③車を買うときの制限など

前提として、首都圏ならともかく、地方では車がなければやっていけません。ゆえに車は普通に買えます。
買える車種についても、違法改造車は論外として、制限はありません。

昔は羽が付いた車をのっていたら、上司からこんなのは警察官が乗るには相応しくないなどど説教されたという話しを聞きましたが、今はそんなことはありません(そもそも昔は警察官だけでなく一般の会社員の方も同じようなことを言われていたようです)。

ただ、なりたての頃に、即高級外車を買ったりすれば、怒られはしなくても、上司などから経済的に心配をされるかもしれません。

関連記事警察はいわゆるブラック企業なのか?

警察官になってプライベートの制限を恐れる必要はない

Yさんの話を聞くと分かるように『警察官として当たり前の行動』をすれば警察官になって何も恐れることはないことが分かります。派手な違法改造車に乗ったり、いきなり仕事を休んで海外旅行に行ったりするのは不可能ですが、それ以外はプライベートで厳しい制約を受けることはほとんどありません。

警察官だけでなく公務員は所在の明確化といって、震災時など緊急時に参集できるようにしておかなければいけないのです。これは市役所の職員でも県庁の職員でも同じです。

ちなみにプライベートが必要以上に成約を受ける場合は本人の行動にもよります。何か問題行動を起こしそうな人は目を付けられやすく、最近でも携帯電話を見られて大麻の所持が発覚した警察官がニュースになりましたが、上司として見ていると怪しい部下は組織でも浮いて見えるので目を付けられやすいです。

ギャンブルが異常に好きだったり、風俗にハマっていたり、金遣いが以上に荒いと「こいつは大丈夫かな?」と心配されて私生活について干渉されることは公務員になると必ずあります。それは何故かというと不祥事を起こせば組織全体に被害が及ぶからです。

これらを理解しておけば警察官になることへの不安は大きく減ると思います。警察官になって失うものよりも得る物の方が基本的には多いので、あまりネットに流れるデマは信用しない方が良いと強く思います。

4 件のコメント

  • 陸さん こんばんわ KELLYです。陸さんだけにお伝えしたかったので、こちらのアドレスにご連絡することではないことはわかっておりますが今回だけお許しくださいm(_ _)m
    陸さん、再就職おめでとうございます!
    動画をみて。わたし、ますますあせっちゃいました!今まで隠しておいて、
    なんてひどい人なのっ!と。
    で、私もやっと仕事決まりました!陸さんの教えとおり面談きっちり決めて、半年ブランクでしたが、就職することができました!陸さんからのアドバイス、励ましていただいたおかげです。ありがとうございました。
    と同時にガン再発の兆しもあるみたいで…
    でも仕事できる事の方が嬉しいので、全く他人事のようなんです!先日の手術の後、誰もがうける抗がん剤治療を断った時から覚悟はしていましたが、ちょっと早かったかなぁと。ですが今はまた、働くことができる事が嬉しいのです‼️
    からだの負担が大きい抗がん剤治療をしても完全に治るとは限らなく、私は自分の体を信じてそう判断しました。
    今は来月からの仕事に向け気持ちを作っています。
    陸さん、励ましのお言葉、本当にありがとうございました。コメント返信読み返すたび、陸さんの声を感じています。
    入院時に、お花見できなかったこと、夜桜もいいですよとのコメントは本当に元気がでました。ありがとうございました、これからも陸さん動画楽しみにしております。私もガンとちゃんと向き合って、毎日大切にしていきます。
    あと、ずーっとお伝えしたかったことなんですが、
    陸さん、字がお上手になりましたよね!
    素晴らしいです!私、書道習っていたので、まあまあわかるのですが。毎回、ホワイトボードに丁寧に書いている感じが伝わります!まだまだ伸び代ありますよー
    はなまるもらえるように…笑
    次回からはTwitterにコメントしますね。

    陸さん、本当にありがとうございました。
    また動画で素敵な声の語りを楽しみに…

    2020.7.17 ケリー

    • 就職おめでとうございます!
      ケリーさんはご病気が快復してからゆっくり探せばと思っていたのですが、もう決まったのですね。
      この時期に採用されるのはケリーさんが優秀であること、お人柄が良いことの証です。

      ガンについては私も素人なので上手く言及できないのですが、付き合って生活していくというのはコンプレックスを受け入れて生きることと同じように自分の一部として受け入れるということなのですね。
      とても前向きですし、その凛とした強さは私も見習わなくてはと背筋が伸びる想いです。

      そして字のこと、ありがとうございます。
      仰るとおり最近は綺麗に書くことを意識して何度も書き直しています。
      見ていただく方のことを考えて、字のサイズを揃えてなるべく見やすくしていたのですがお褒めいただいたのは初めてなのでとても嬉しいです。
      花丸貰えるように精進しますね。これからも宜しくお願い致します。
      お身体にはくれぐれもご自愛ください。

  • 質問です、警察官を目指していますが心配事があります。昔かなりいじめられていまして、いじめてきた相手から様々理由から警察官を目指していることがばれ、相手から「なんでてめえみてえな奴が公務員になろうとしてるんだ」
    と言われて「警察にあいつ左翼とか吹き込もうぜ」と言われました。
    まさか警察が本気にするとは思いませんが、私のことを調べられたりしますか?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    桜井 陸

    ・就職氷河期時代、3年間の公務員浪人を経て警察官採用試験に合格。 採用後は同期内最速で刑事課に引き抜かれ、代表的な出世コースに乗る。 ・交番勤務時代は老若男女問わず地域住民が交番に訪れ、幹部から「行列のできる交番」と揶揄される。 ・警察官になり昇任試験に合格し、自分のやりたかった仕事も完遂して燃え尽き症候群に陥り退職。 (ちなみにプロフィール写真は巡査部長に昇進したあと、退職前に記念撮影したものです。) ・警察官退職後は某大手企業の人事課に転職、採用担当として活躍。DODAやリクナビ、エン転職など各媒体を駆使して採用率を大幅に向上させる。 ・『警察官になる前に学んだ知識』と『警察官として働いた間に蓄えた経験』『実際に人事課で勤務した経験』をミックスさせた警察官採用試験対策は1年で数十名の合格者を輩出。 ・顔出しなしの講義YouTube動画で異例のチャンネル登録者1万3,000人突破。 ・現在も民間企業の人事部で採用担当として活躍中。40代、既婚、大阪市居住。 当サイトの情報をコピーペースト等して二次利用することは固く禁じておりますが、リンクはフリーですので参考になる記事がございましたらご自由にリンクを貼ってください。